【前売りチケット発売開始中】2017年1月28日 阿佐ヶ谷ダイナー・ヴォイニッチ 2017新春 開催します

お知らせ

今回のイベントには NHK BSプレミアム コズミック☆フロント NEXT の取材が入ります。イベント風景は3月の番組で放送される予定です。
イベント取材前の当日10時頃からJR阿佐ヶ谷駅周辺でもNHKの取材を受けます。場所は未定ですが決まり次第ツイッターでご案内しますので、見学されてもおkです。

阿佐ヶ谷ダイナー・ヴォイニッチ 2017年新春

テーマは「ご注文は人工衛星ですか???☆NEXT」
会場はいつも通り、東京阿佐ヶ谷のトークライブハウス、阿佐ヶ谷LoftA です。前売りチケットは現在発売中です。チケット情報は阿佐ヶ谷LoftAの公式サイトをご覧ください→こちら  
チケット料金:前売 2,100円、当日 2,600円 (500円以上のドリンクか食事の注文をお願いします)

開催日時:2017年1月28日(土)12時開場、13時開演、15時30分頃終演予定

人類最初の人工衛星「スプートニク1号」から2017年はちょうど60年。
記念すべき人工衛星本卦還りの年を新春にお祝いしましょう。


○コンテンツ(予定)
入場タイム:最新の人口衛星の活躍をスライドショーでご紹介
本編:人工衛星とつながる(今回登場する予定の人工衛星と探査機・・・きく8号、マリナー4号、マーズグローバルサーベイヤー、みちびき、NVSTAR、Gilileo、米軍早期警戒衛星、情報収集衛星

○来場者プレゼント
 来場時にお渡しする物販リストに「当たり」がでたら2000円以下の物販品をどれでも1品プレゼント。A4のチラシの下の方3分の1におっきな字で「当たり」と書いてあったら会場のメイドさんにお声かけくださいね。

○物販(予定)
 書籍:人工衛星100(1000円)、「なぜ人はドキドキするのか?」(1700円)
 イメージキャラクタぼっとびお。のコットンキャンパス地トートバッグ 1500円
 ヴォイニッチの科学書全部入り音源ディスク 5000円(2016年判を含みます)
 ヴォイニッチの科学書 2016年版音源ディスク 2000円
 阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ録画DVD 各1000円

○以下はいつも通りのお願い書きです。いつもご協力ありがとうございますっ!!
・サブカルの聖地阿佐ヶ谷から科学を発信するサイエンストークライブです。お一人でもお気軽にお越し下さい。お一人でご来場の方が6割くらい、女性のお客様が3割くらい、そんな感じです。
・会場内は全席自由席です。チケット番号順でのご入場です。桟敷席、最前列、壁際などを希望される方はお早めに前売りチケットをご購入下さいね。
・会場は毎回ほぼ満席です。テーブルは全て相席ですので譲り合ってみんな科学好き同士です、仲良くご利用下さい。
・会場は狭いのでキャスター付きバッグなどの大きな荷物は駅などのコインロッカーに預けてご来場下さいね。
・チケット代と飲食代の両方から運営費が出ます。昼飲みしながらお楽しみください。
・会場は地下です。来場されましたらまず非常口をご確認下さい。 ・お手洗いは会場後方の左右にあります。
・イベントの録音、録画、写真撮影はご自由にどうぞ。ネットに動画や写真を公開する場合は、他の参加者が特定できるようなものは公開しないで下さいね。後ろ姿あるいはボカシ等のご配慮をお願いします。おびおとメイドは顔出しOKです。また、スライドは来場時にPDF版のダウンロードコードを差し上げますので、資料用のスライド撮影はムリにしなくてもだいじょうぶかと思います。



どんなイベントやねん???という方のために、前回2016年11月開催の「科学少女育成計画」のスナップを紹介しますね。

こちらがJR中央総武線阿佐ヶ谷駅前の阿佐ヶ谷パールセンター(商店街)入り口です。阿佐ヶ谷LoftAはこの中にあります。アーケードの中を数分進んだ左側です。イベント開催日は快速電車は停車しませんので気をつけてくださいね。
科学少女育成計画

お店の入り口にはこんな感じでお店の人が描いてくださった立て看立ってます。
周りは普通の商店街ですので早くから集まると他のお店のご迷惑になりますので、開場直前にお越しください。12時の入場開始までに集まっていただければチケット番号順に入場できます。
科学少女育成計画

イベント開催中はこんな感じで、フードもドリンクもメニューは充実していますので、飲み食いしながらお楽しみください。ご飯物もいろいろありますのでお昼ご飯もどうぞ。オススメはビールならコロナ。お酒に強い方にはロングカクテルの「ロングアイランドアイスティー」がオススメです。ご飯物はキーマカレーかな?
科学少女育成計画

私が熱演します・・・
科学少女育成計画

ヴォイニッチの科学書オリジナルグッズの物販コーナーもあります。担当のメイドさんに気軽に声をかけてくださいね、見るだけ大歓迎です。
科学少女育成計画

会も進むとテーブルの上はだいたいこんな感じでエントロピーが高くなりますが問題ナッシングです。
科学少女育成計画

入場前はこんな感じで。最前列、向かって右側の靴を脱いで上がる桟敷席、後方のカウンター席が人気です。大きな荷物は持ち込めませんので。
科学少女育成計画

最前列かぶりつき席と向こう側の桟敷席はこんな感じで。
科学少女育成計画

後方左手が見晴らしの良いカウンター席、後ろはドリンクのカウンターです。テーブルには押しボタンがありますのでイベント中も気軽にオーダーをお願いしますね。
科学少女育成計画

イベントテーマに沿った書籍の紹介なんかもあります。
科学少女育成計画

スポンサーサイト
2017-01-28 : お知らせ : コメント : 0 :

お待たせしました、新刊出ますっ「なぜ人はドキドキするのか?」

2017年1月18日追記
見本誌が届きましたっ 21日発売です。よろしくお願いします。
お待たせしました、新刊出ますっ「なぜ人はドキドキするのか?」

お待たせしました、新刊出ますっ「なぜ人はドキドキするのか?」
新刊出ます~

知りたい!サイエンスシリーズ
なぜ人はドキドキするのか?
2017年1月21日発売
中西貴之 著
四六判/208ページ 定価(本体1,580円+税)
ISBN 978-4-7741-8693-1

今回は神経伝達物質がテーマです。詳しくは技術評論社の公式サイトでご確認ください。

ご予約はお近くのリアル書店や普段使いのネット書店でお願いします。
お陰様で16冊目です(発売直後に発売中止になった STAP細胞本含むw)。今回もこの本に携わってくださった皆様に感謝します。

2017-01-21 : お知らせ : コメント : 0 :

ヴォイニッチ写本の複写本が買えるチャンス

イェール大学出版が2016年11月に出した、元祖「ヴォイニッチ写本」の複写本です。
ヴォイニッチ写本はネットで画像としてダウンロードできますけど、やはり本の形になっている物を本箱に並べておきたいですね。

2017-01-19 : 雑談 : コメント : 0 :

さよならきく8号 今まで萌えをありがとう

さよならきく8号 今まで萌えをありがとう


http://www.c-radio.net/link/voynich.html

10年にわたって最も美しい人工衛星の座に君臨し続けたJAXAがNTTなどと共同開発した技術試験衛星きく8号が2017年1月10日 午後3時25分(日本時間)に運用終了となりました。

きく8号は太陽電池パネルの全長が40メートル、通信用アンテナの全長が37メートルという超巨大衛星で鶴あるいはフェニックスが翼を広げたような優雅な姿で携帯型端末と人工衛星との直接通信の実験機として活躍しました。2011年に発生した東北地方太平洋沖地震の時にはすでにイオンエンジンが一機故障した状態にありましたが、それでも破壊された基地局の代替として被災地のインターネット回線を確保し、災害直後の緊急通信から復旧段階の一般回線確保まで現場を支え続けました。 きく8号は2006年12月18日に打ち上げられました。

試験衛星でしたので当初の運用期間は3年間の予定でしたが、その期間を大きく超えて10年間の運用を継続しました。すでに衛星バスの設計寿命もつきており、衛星の姿勢・軌道制御に使用する燃料が残り少なくなっていることから、適切に軌道離脱させるために必要な機能が正常に残っている今の段階で運用が終了となりました。すでに静止軌道からは離脱しており、電波も止められています。

2017-01-14 : ポッドキャスト : コメント : 0 :

Chapter-636 遺伝子の優勢・劣勢を支配する分子を発見

ヴォイニッチの科学書(有料版)2017年1月14日配信 
Chapter-636 遺伝子の優勢・劣勢を支配する分子を発見

子供は両親からそれぞれ一セットの遺伝子を受け取ります。父親と母親どちらの遺伝子の情報が子どもに現れてくるかが決定される現象がメンデルの「優性の法則」です。髪の毛や肌、目の色などの姿形や性格、遺伝病などとして複雑な優劣関係が表れることが知られています。

子どもで現れる遺伝子を優性遺伝子、見えてこない方を劣性遺伝子と呼びます。 優勢と劣勢が決定されるメカニズムについて、東北大学などの研究グループは、優性側の遺伝子から作られる小さな分子(低分子 RNA)が、劣性の遺伝子の働きを阻害していることを発見しました。

研究グループはナタネの遺伝子解析を行ったところ、優劣な遺伝子の近くには低分子 RNAがまるで優性遺伝子の使い魔のように存在していることがわかり、使い魔低分子RNAが何をしているのかを調べたところ、劣性側の遺伝子の活性化を調節する部分に作用していました。

そこで、優性遺伝子の低分子RNAを劣性遺伝子のナタネに遺伝子操作で組み込んだところ、優勢と劣勢の立場が逆転し、もともとは優勢だった遺伝子の活性化を指令する部分がメチル化という科学変化を受け、優勢遺伝子に起動を指示できなくなってカギのかかったように抑制されることがわかりました。
 

この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。
2017-01-14 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

ニホンザルにとっての甘み

動物が味をどう感じているかを評価するのはとてもむつかしいのですが、京都大学の研究者らがニホンザルが甘みを感じるきっかけになる甘味受容体の機能を調べる実験方法を発明しました。

ニホンザルにとっての甘み

動物は炭水化物を摂取するために甘みを感じ取る能力を使用していると考えられています。私たちが甘いと感じる化学物質はジュースなどにも入っている果糖(フルクトース)や砂糖の主成分のショ糖(スクロース)です。同じ糖の仲間に麦芽糖というのがあって、これは化学的にはブドウ糖が二つくっついた構造をしていますが、人間は麦芽糖をそれほど甘いとは感じません。

ところが、今回発明された実験方法を使ってニホンザルが糖の甘みをどのように感じているのかを調べたところ、人間が甘みを感じないレベルので麦芽糖の甘味を砂糖の甘味と同じくらいに感じていることがわかりました。実際のサルの行動を観察してもニホンザルは麦芽糖もショ糖も同じくらい好きであるらしいことがわかりました。 ご飯をかみ続けると唾液に含まれるアミラーゼによってデンプンが麦芽糖に分解されてほのかな甘味を感じますが、ニホンザルはこれを強い甘味として感じているようです。
2017-01-13 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

タツノオトシゴの遺伝子の数も人間とだいたい同じ

シンガポールの研究チームがタツノオトシゴの遺伝情報(全ゲノム)を解読しました。
遺伝子の数は2万3500個(人間とほぼ同じ)で近隣の動物種との比較の結果、1億年前から現在のようなちょっと変わった姿で生きていく道を選んだようです。
人間の遺伝子については1個ずつその機能まで調べようとしていますが、タツノオトシゴについてはそこまで研究は進んでいませんので、遺伝子の数の比較はおおざっぱな感じ大して違いは無い、程度でお願いします。

タツノオトシゴの遺伝情報が解読されました

ミジンコの遺伝子の数は3万個と見積もられていますので、けっこう多いですね。人間とミジンコ、どちらが優れた生物かを判断することは難しいですが、人間メセンで「物体的文明を築いた生物が優れている」とするならば、遺伝子の数とそれは関係が無いようです。
2017-01-13 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

地球に3頭しかいないキタシロサイをiPS細胞で

2015年11月、地球上で最後の4頭となっていたキタシロサイのうち、メスの一頭が死亡し、残りはいずれも高齢のオス一頭とメス二頭のみとなりました。この三頭はいずれも自然に繁殖できる年齢を過ぎているため絶滅は必然で、すでに取り出してある精子と卵子の人工授精に望みを託すしか無い状態でした。

地球に3頭しかいないキタシロサイをiPS細胞で

キタシロサイを絶滅から救うため九州大学とドイツライプニッツ動物園の共同研究でキタシロサイから iPS細胞を作り出し、iPS細胞由来の卵子を作製して救済する研究が始まりました。精子は凍結保存の精子を使うか、卵子同様に iPS細胞から作り出すかの選択肢があります。

この研究は iPS細胞の新たな応用のきっかけになる研究ですし、場合によってはすでに絶滅した動物をよみがえらせることが出来るかもしれませんが、一方で大人の細胞だけから新たな個体を生み出すという倫理的な問題も含んでおり、どこで歯止めをかけるのか、もし絶滅した動物を現代に復活させることができたとしてそれは安全なのか、あるいは悪意を持って人間を作り出したらどうなるのか、今後解決すべき問題がたくさんあるのかもしれません。
2017-01-13 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

Chapter-635 ゲルマネン

ヴォイニッチの科学書(有料版)2017年1月7日配信
Chapter-635 ゲルマネン

炭素だけでできた、原始1個分の厚さのシートグラフェンが電子材料として非常に優れた特性を示していることから、グラフェンと類似の構造を持ち、グラフェンには無い性質を持つ次の物質を探す研究が盛んです。 元素周期表で縦に並んでいる元素は類似した性質を持っていますので、周期表で炭素と同じ第14族元素に属するシリコンやゲルマニウムなどが有望で、これらの元素で構成された、1原子層の厚みしかない原子シートの合成及び物性探査が行われています。シリコンのシートをシリセン、ゲルマニウムのシートをゲルマネンと呼びます。

ゲルマネンは自然界に存在しない構造のため、実験が難しく、2014年に金とイリジウムの基板上でゲルマネンの合成にやっと成功した段階です。合成ゲルマネンを用いて日本原子力研究開発機構の研究者らは陽電子ビームをゲルマネンに斜めに照射し、反射した陽電子を観測する全反射高速陽電子回折(TRHEPD)法でゲルマネンの原子配列を実験的に明らかにしました。

ゲルマネンは、省エネ・高速・小型の次世代電子デバイスを実現させるための新材料として期待されています。今回実験的に決定した原子配置を理論計算にフィードバックすることにより、グラフェンにはないゲルマネンが発現する物性の予測が進むことも考えられます。

この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。
2017-01-09 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

Chapter-634 ウイルスを検出する画期的技術

ヴォイニッチの科学書(有料版)2016年12月31日配信
Chapter-634 ウイルスを検出する画期的技術

飛行機や車、船などで大量に人や物が世界中を動き回るとそれに病原体がくっついて移動することによって感染症がこれまでに無かった地域へ拡散してしまいます。日本国内においても季節性インフルエンザウイルスやノロウイルスなどの以前からよく知られた病原体に加え、デング熱などのこれまでになかったウイルス感染症の国内上陸が社会問題化しています。また、エボラウイルスのような致死率の高いウイルスが国内に入り込まないように簡単確実な検査方法の発明が待ち望まれています。

産総研(国立研究開発法人産業技術総合研究所)は微生物で浄化処理した後の排水(二次処理水)にごくわずかに含まれているウイルスを、直接、高感度に検出できるバイオセンサー(EFA-NIバイオセンサー)を開発しました。

EFA-NIバイオセンサー技術はウイルスに磁気微粒子と光を散乱する微粒子を付着させて、磁石と反射光によりウイルスを動く光の点として検出を行うことによって極めて微量のウイルスを簡単な操作だけで検出する技術です。この方法を用いれば牛乳瓶一本分(200mL)の都市下水の二次処理水にノロウイルスが800匹いれば検出可能でした。これまでは微量のウイルスを検出するには遺伝子増幅などの実験室での高度な分析が必要でしたので著しい進歩です。


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。
2017-01-09 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR