世界初の蛍光色で光るカエル

アルゼンチン政府の研究チームがアルゼンチン北部のサンタフェ市郊外で採集したアマガエルのなかまが緑または青色の蛍光色に光ることを発見しました。蛍光色に光る両生類の発見は初めてのことです。

このアマガエルの正式名称は「ヒプシボアス・プンクタートゥス」といいますが、ちょっと覚えられません。ブラックライトを照射していない時には白色に見えますが、ブラックライトで下の写真のように(画像処理で強調しています)蛍光色で光ります。自然界では月明かりなどで緑から青の光を放ちます。

蛍光色で光るカエル


スポンサーサイト
2017-04-26 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

トンネルは常に揺らいでいる

高エネルギー加速器研究機構が加速器を設置するトンネルの測量を目的に、超スーパーウルトラ高精度なレーザー計測装置を開発し、トンネルの床面の変動を8ヶ月間にわたって測量し続けることに成功しました。その結果、トンネルの床面は常に不規則に変動していることがわかりました。

下のグラフは横軸の左端が計測開始、右端が8ヶ月後です。縦軸は変動で単位はミリメートルです。上段はトンネルのある 1.7メートル区間の測量結果で、下段はある 106メートルの測量結果です。ここから1日の変動量は1ミリメートルの1000分の5(1マイクロメートル)であることがわかります。また、上段と下段の変動パターンが一致していないことからトンネルは同じ方向に同じペースで変動するのではなく、うねうねと不規則に動いていることがわかります。

トンネルは常に揺らいでいる



2017-04-22 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

見たら食べたくなる神経回路

見ると食べたくなる・・・というのは神経回路レベルで構築されているため、我慢が無駄な努力に終わるのは当たり前のことであることが国立遺伝学研究所の研究で確認されました。

見たら食べたくなる神経回路

食事をするという行為は生命維持のために本能で行うものですが、栄養状態に問題がない場合でも料理を見ると食べたくなります。

見たら食べたくなる神経回路

この行為が「この料理は美味しいはず」という経験から来るのか、あるいは食べものを見かけたらとりあえず食べとけ、と生まれたときから備わっているものなのかはわかっていませんでした。

見たら食べたくなる神経回路

生まれてから一度も餌を食べたことのない稚魚を使った実験で、食べもののおいしさを知らないはずの稚魚でも食べものを見せるだけで脳の中の「食べたい中枢」が反応することがわかりました。

見たら食べたくなる神経回路

つまり、食べものを見たときに、その視覚情報を食欲へ変換する神経回路が生まれながらに脳内に存在している、ということです。

見たら食べたくなる神経回路


2017-04-22 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

菌も人体にシンクロする

早稲田大学と東京大学を中心とする共同研究グループは、ヒトの唾液に住む細菌群にサーカディアンリズム、つまり24時間周期の生活リズムがあることを世界で初めて発見しました。

人間の体は24時間の周期で睡眠のような大がかりなものから、免疫系の活性のような本人は全然感じていないことまでリズムを持って活動しています。これは脳に時計細胞があるからなのですが、これまでこのようなリズムは自分自身の臓器や細胞の問題としか思っていませんでした。ところが、私達の体に共生している細菌にも人間と同じ24時間のリズムがあったという発見です。

下のグラフは菌の活動のリズムを横軸に時間経過、縦軸に菌の増殖をとってしめしたものです。戦の色の違いは菌の種類の違いです。線の色ごとに24時間の周期があることがわかります。

菌も人体にシンクロする

また、同じ菌を試験管内で放置した場合は24時間周期がなくなったことから、菌のサーカディアンリズムはヒトの体内時計にシンクロしているようです。


2017-04-22 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

高性能リチウム空気電池の開発

リチウム電池に比べて、同じ電池の大きさで15倍の電気を蓄えられるリチウム空気電池の電極材料が開発されました。リチウム空気電池では負極にリチウム金属、正極に内部に微細な空間のある多孔質な炭素材料が使用されます。

物質・材料研究機構は空気極材料として不織布(ふしょくふ)状のカーボンナノチューブシートを用いたところ、従来のリチウムイオン電池の15倍に相当する蓄電容量を実現することに成功しました。この巨大蓄電容量のメカニズムはまだ解明されていませんが、カーボンナノチューブの大きな比表面積と柔軟な構造が寄与していると考えられます。

下の写真は新たに開発された電極の電子顕微鏡写真です。カーボンナノチューブが束になっているのがわかります。単純に電子の密度を高めるとまた安全性についても十分な配慮が必要になってくるのだと思いますが、それにしてもノートPCの小型軽量化や、重さが同じなら長時間駆動が出来るわけで電池については一段階のブレイクスルーが欲しいところですね。
高性能リチウム空気電池の開発


2017-04-22 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

ヴォイニッチの科学書 Chapter-650 MMXで日本は再び火星を目指す

MMXとは Martian Moons eXploration(訳:火星の月を探検するぞ!)の略で、火星の衛星からサンプルを持ち帰ろうというミッションです。Pentium CPU の Multi Media Extention とはちょっと異なります。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が計画を進めている火星衛星サンプルリターンミッションMMXについてフランス国立宇宙研究センターとの間で計画の共同検討に関する実施取り決めが締結されました。 火星には「フォボス」(下左)と「ダイモス」(下右)という2つの衛星があります。

MMXで日本は再び火星を目指す

地球の月が直径3500kmの球形であるのに対し、火星の衛星はいずれも10~20km程度のデコボコしたジャガイモのような小さな衛星です。その起源については「火星の近くを通りがかった小惑星が火星の重力に捕らえられて衛星になった」「火星に天体が衝突して生じた破片が集まって衛星が作られた」の2通りの説が提唱されています。 MMX計画で衛星の砂を地球に持ち帰って分析することにより火星の衛星の起源を解明すると共に、火星の形成過程の理解につながるデータも得られるものと思われます。

打ち上げは2024年を目標とし、3年間の探査の後、2029年に衛星サンプルを地球に持ち帰る計画です。

MMXで日本は再び火星を目指す
JAXA

この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。


2017-04-22 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

睡眠状態をわかりやすい図に示す技術

大阪大学が睡眠パターンをわかりやすい図で表現する方法を開発しました。眠っている間の音をスマートフォンで録音して解析することにより、個人の睡眠パターンを図にして示すAI技術です。

睡眠時の音を解析することによって快適な睡眠状態にあるのか、夢を見ているのか、呼吸器に関する病気を持っているのか、などいろいろな情報を取り出すことができます。この図は例えるなら1974年にアレシボ電波望遠鏡から送信されたアレシボ・メッセージのようなものです。

睡眠状態をわかりやすい図に示す技術

アレシボ・メッセージはヘルクレス座の球状星団M13の方向に向けて送信された地球の場所や人類の情報、数字や元素などの考え方を模式図にしたものです。宇宙のどこかで誰かに受診されるといいな・・・と思って送信されました。

睡眠状態をわかりやすい図に示す技術


2017-04-22 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

代謝経路の炭素をケイ素に置き換えられる生物の発見

ケイ素(14:Si)は地面の成分ですので地球に非常にたくさんあります。

周期表を見ると炭素(6:C)の真下にケイ素があります。周期表で縦に並んでいる原子は性質が似ているので生物の身体の炭素はケイ素に置き換えられていても良いはずですが、地球の生物はみな、わざわざ量の少ない炭素を使用しています。なぜ地球上の生物が生命現象にケイ素を組み込んでいないのかはわかっていません。

代謝経路の炭素をケイ素に置き換えられる生物の発見


ところが、カリフォルニア工科大学の研究者らがケイ素を身体の構成分子の中に取り込むことができる細菌をアイスランドの温泉で発見しました。どうやら地球上の生物がケイ素を使うことは不可能ではないようで、であれば太陽系外惑星系にはケイ素を基本とした生命体が一般的である天体もあるかもしれません。


2017-04-22 : トップニュース : コメント : 0 :

ジーランディア

下の図は日本の南の方、ニュージーランド周辺の地図です。ピンクの線で囲った部分が1億年前にゴンドワナ大陸から分裂してできた「ジーランディア」という独立した大陸である、という説が登場しました。根拠は人工衛星で観測した地球の重力場地図、海底の岩石を分析した岩石組成などです。

ジーランディア

何を持って大陸とするかの定義ははっきりしていませんので、今回のように科学的なデータを示して「これは大陸だ」と言われれば、それを否定するデータがない限り「ん~、そうかもしれんね」ということになります。


2017-04-22 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

アザラシの時間感覚がスゴイ

これを読んでくださっている皆さんにコンピューターの静止画を5分間と10分間みてもらい
「最初の方に見たときと、あとから見たとき、10分間見たのはどっちでしょうか?」
と質問するとおそらくほとんどの人が2回のうちどちらが長かったかを判断できると思います。

では5分と3分だったらどうでしょうか? これも多くの方は区別できると思います。ところが、静止画を10秒と11秒見せられて

「どっちが11秒でしょうか?」
と問われると、これはかなりの難問なのではないでしょうか。

ドイツ、ロストック大学海洋科学センターの長年にわたるアザラシの研究の結果、アザラシも時間認識が可能らしいことを見いだしました。しかも、実験では3秒と3.42秒を容易に識別したというのですから驚きです。アザラシがこの技能を進化させたのは、魚を追っている際に素早い判断を下すためかもしれないと科学者らは想像しています。

アザラシの時間感覚がスゴイ


2017-04-22 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR