今日は統計学者 エルンスト・エンゲルさんのお誕生日でした

今日はドイツの統計学者エルンスト・エンゲルさん(1821/3/26-1896/12/8)の誕生日でした。生きておられたら 196歳です。家計に占める食費の割合が高い人ほど貧しい・・・というエンゲルの法則、エンゲル係数=食費÷消費支出 を考え出した人です。

総務省統計局の家計調査によると、日本では25パーセント前後。物価や価値観の違いがあるので国同士を比べるのは適切な比較は出来ないのですが、米国で15パーセント、ドイツが18パーセントくらいだそうです。


スポンサーサイト
2017-03-26 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

放送電波で天気予報

情報通信研究機構電磁波研究所の研究グループは、地上デジタル放送の電波の遅れを高精度で検出して、空気中の水蒸気量を測定する技術を開発しました。ゲリラ豪雨など急変する天気の予報精度を高めることができる技術です。  

電波は、大気中の水蒸気量で伝わる速度が変化します。大気中の水蒸気量が1%増えると、5kmを伝わる電波の所要時間が17ピコ秒遅れます。この電波の伝わる速度を計測する事によって水蒸気量を計算する事ができます。 電波の速度の計測には「遅延プロファイル」と呼ぶデータを使用しました。発信元から直接到達する電波と、建物などに反射しながらくる電波では波がわずかにずれます。この波のずれを計測する事によって、電波を送信した時間と受信した時間を計測する必要なく電波の速度を計算する事ができます。  

すでに使用されているGPS衛星のデータの乱れを使った空気中の水蒸気の測定にこの新たな手法を追加する事でより正確な局地的豪雨などの予報ができそうです。


2017-03-23 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

人の受精卵のゲノムを編集

中国・北京放射医学研究所などの研究チームが生物の遺伝子を自由に改変できるクリスパー・キャス9というゲノム編集技術を不妊治療で不要となったヒトの受精卵に対して使い、病気の原因となる遺伝子の修復(=遺伝子の書き換え)に成功したと発表しました。

人の受精卵のゲノムを編集することは、影響が子孫へ受け継がれるため倫理的に多くの問題があります。今回の研究は正常な受精卵の改変としては世界初とみられます。

2017-03-22 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

うつ病を回復させなくても自殺は防げる

厚生労働省「自殺者の推移」データによると(こちらをクリック)、日本の自殺者数は1998年に突然、年間1万人近く増加し、その後2011年まで毎年3万人以上、1日に100人近くが自殺している異常な事態が続いていました。近年は漸減傾向にあると言っても2万人を超える人が自ら命を絶っています。

自殺の直接的原因は過労、失恋、失業、お金がない、様々ですが、多くの場合においてその背後にある神経メカニズムとしてはモノアミンの枯渇などによる意欲低下、そこから発症するうつ病だと思われます。

スウェーデン・ルンド大学の研究者らがうつ病になって自殺企図をしながらも生き抜く力を回復した人たちに対して追跡調査を行いました。入院が必要なほど重度なうつ病を発症しながらも自殺を回避できた患者13例を対象にした調査で、患者本人からいろいろな回想(告白)を得ることが出来ました。それによると・・・・
・自殺を考えたときには自分では死ぬ以外に回避するすべがないと感じる状況に追い込まれた
・他社による心のケアが自殺回避に有効だった
・「この人のために生きよう」といった自分自身の強い意志による決断が重要だった
つまり、コントロール不能になった精神状態を外部の支援を得ながら、自分を取り戻す力を自ら回復した人が自殺を回避できたと言うことです。また、この調査でわかった注目すべきは、自殺の回避とうつ病の治癒は実は関係がない、自殺回避のためにはうつ病完治は必要がなかった、ということです。

研究者らはうつ病治療とは別の問題として、長い時間をかけて家族や医師などのプロが自殺回避を目的としたケアを根気よく続けることによって自殺を防げる可能性を指摘しています。

2017-03-20 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

細菌同士のコミュニケーション

細菌同士がコミュニケーション(情報交換)している事は専門家の間ではすでによく知られています。通信媒体としては人間の脳と同様に化学物質をシグナル物質(コミュニケーション物質)として利用しています。ですが、そのようなコミュニケーション物質が実際に自然環境中でどのように伝達しているのかよくわかっていませんでした。

仮に、水の中に絵の具を垂らすように広がるのであれば適切なコミュニケーションが取れるとは思えませんので何かそこには何か仕掛けがあるはずです。

筑波大学の研究グループは細菌を包む細胞膜が分離するようにしてできた袋状のメンブランベシクル(MV)によってシグナル物質が運搬されるのではないかと予想を立てて実験を行いました。そこで、土壌に生息している細菌を使って検証したところ、この細菌から放出されるメンブランベシクルには非常に高濃度のシグナル物質が含まれており、それを他の細菌が受け取る事ができる事が示されました。

メンブランベシクルの中にシグナル物質を濃縮して封入しておけば、単純拡散の場合とは異なり、遠くまで運ばれても薄まる事はありません。そのため、遠く離れた細菌同士のコミュニケーションも行う事ができます。

細菌同士のコミュニケーション


2017-03-20 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

細胞の老化を防ぐ酵素「SETD8」を発見

「SETD8」は細胞増殖や数多くの遺伝子の働きを調節する酵素です。熊本大学の研究によると老化した細胞においてはSETD8の量が著しく減少しており、また、若い細胞のSETD8の機能を低下させると細胞が速やかに老化することが分かりました。

SETD8が減少することで細胞老化が促進されることから、SETD8の減少を抑制する事によって細胞の老化を防いだり、老化のしくみを解明したりする研究への展開が期待されます。


2017-03-16 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

地球の酸素、月まで到達

大阪大学は宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で、地球から流れ出た酸素が38万キロメートル離れた月まで到達していることを発見しました。2007年に打ち上げたJAXAの月探査機「かぐや」の観測データの解析結果です。

地球の酸素、月まで到達


月周辺の酸素濃度の変化を調べると、太陽と地球と月の位置関係が「太陽→地球→月」の順番に一直線に並んだときだけ月周辺の酸素が増えることがわかりました。このことは太陽風によって地球大気が少しずつ剥ぎ取られ、宇宙空間にに流出している事を示しています。

ちょうど、太陽-地球―と並ぶと日本から見ると月は満月になりますので、満月の夜に地球から月に向かって地球大気の川が出来ているのであれば、かぐや姫も割と楽に月に帰れたかもしれませんね。


2017-03-15 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

夏のエアコン、快適と感じていても睡眠の質が悪化している?

豊橋技術科学大学と旭化成ホームズの共同研究チームは、エアコンの感じない程度の微風であっても寝ている時には身体への刺激となり、気づかないうちに睡眠の質を悪くしてしまっている可能性があることを明らかにしました。

一般的なエアコンは、室温が設定温度になると気流が弱まり、室温が上がると再び気流が吹き出します。この時の気流の吹き出すタイミングと体の動き、心拍数、睡眠深度の中での覚醒段階との関係について比較したところ、平均風速0.14m/s の一般的なエアコンでは体動、心拍数の上昇、覚醒の頻度が有意に多くなり、睡眠に何らかの影響与えている可能性があることが示唆されました。


2017-03-15 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

つる植物はキスで同種を認識

ブドウやマメなどのつる植物では巻きひげで他の植物やフェンスなど安定した物体に巻き付いて成長します。ですが、自分たち同士で巻き付いてこんがらがることはありません。つまり、自分、あるいは自分と同じ仲間の植物とその他のものを識別する能力を持っているということです。  

東京大学の研究によるとヤブガラシはシュウ酸という化学物質を認識するセンサーを持っており、接触した相手の持つシュウ酸の量よって自分と同種かそれ以外かを識別していることがわかりました。

つる植物はキスで同種を認識

研究者らはこの仕組みは化学認識、つまり相手に接触する事によって相手の表面の化学物質を認識し、巻き付ける相手か自分の仲間かを区別しているのであろうと考えており、これは人間で言えばキスに相当します。


2017-03-13 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

食べられる光学素子

再帰性反射材というものがあります。ある光を反射する材料において、光がどちらから入ってきても、入ってきた方向に光を返す材料のことです。身近なところでは自転車の後ろやペダルについている赤やオレンジ色の反射板、車のライトが当たると明るく光って見える道路標識などが再帰性反射材です。そのような反射材を近くから見ると小さなギザギザが中にあってキラキラと光っています。群馬大学の研究者らが食べられる再帰性反射材を寒天で作る事に成功しました。

なんだか、こんな食材がおやつに出てくるだけで楽しくなりますね。スーパーで買えるようになる日が楽しみです。

食べられる光学素子


2017-03-12 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR