さよならきく8号 今まで萌えをありがとう

さよならきく8号 今まで萌えをありがとう


http://www.c-radio.net/link/voynich.html

10年にわたって最も美しい人工衛星の座に君臨し続けたJAXAがNTTなどと共同開発した技術試験衛星きく8号が2017年1月10日 午後3時25分(日本時間)に運用終了となりました。

きく8号は太陽電池パネルの全長が40メートル、通信用アンテナの全長が37メートルという超巨大衛星で鶴あるいはフェニックスが翼を広げたような優雅な姿で携帯型端末と人工衛星との直接通信の実験機として活躍しました。2011年に発生した東北地方太平洋沖地震の時にはすでにイオンエンジンが一機故障した状態にありましたが、それでも破壊された基地局の代替として被災地のインターネット回線を確保し、災害直後の緊急通信から復旧段階の一般回線確保まで現場を支え続けました。 きく8号は2006年12月18日に打ち上げられました。

試験衛星でしたので当初の運用期間は3年間の予定でしたが、その期間を大きく超えて10年間の運用を継続しました。すでに衛星バスの設計寿命もつきており、衛星の姿勢・軌道制御に使用する燃料が残り少なくなっていることから、適切に軌道離脱させるために必要な機能が正常に残っている今の段階で運用が終了となりました。すでに静止軌道からは離脱しており、電波も止められています。

スポンサーサイト
2017-01-14 : ポッドキャスト : コメント : 0 :

さとうささらの二分間サイエンス「ゼンメルヴァイス」

さとうささらの二分間サイエンス
一駅で楽しめる楽しい科学の情報をさとうささらが紹介します。
iTunesに登録
定期購読(無料)はこちらから


女性にとって出産は命懸けだといわれることがありますが、ヨーロッパで病院での出産が行われるようになった19世紀半ばは病院で出産した女性の30パーセント以上が死亡していた時代もありました。

当時の医者たちは自分たちの技術に間違いはない。死亡率が高いのは女性の心の弱さだ、と言っていました。 そんな時代にあってその理由を解明しようと研究を始めたのがハンガリー人の産科医ゼンメルヴァイスでした。

彼は助産婦のいる診療所の死亡率が非常に低いことに注目し、医者たちに妊婦の診察前には手をきれいに消毒するように指導したところ、出産時の女性の死亡率は著しく低下しました。 当時は血がこびりついて悪臭を放つ白衣を着ていることが優秀な医者の証拠と思われていましたので医者が病原菌をまきちらしていたのです。

そんな時代でしたので、医者に原因があると言ったゼンメルヴァイスは追放されてしまいました。 パスツールが感染症の原因は病原菌のせいだということを発見する100年も前の事でした。 ゼンメルヴァイスはその後もかたくなに研究を続けた結果、頭がおかしくなってしまい他の医者たちを罵倒することに終始するようになり、大暴れを繰り返した結果、通報で駆け付けた守衛たちにふるぼっこにされ、傷口から病原菌に感染し死んでしまいました。

あと100年待てばパスツールの発表が行われる、そんな時代でした。


2016-12-05 : ポッドキャスト : コメント : 0 :

さとうささらの二分間サイエンス「新西之島」

さとうささらの二分間サイエンス
一駅で楽しめる楽しい科学の情報をさとうささらが紹介します。
iTunesに登録
定期購読(無料)はこちらから



みなさんは、新西之島を知ってますか? 東京から千キロメートル離れた小笠原諸島で、2013年11月に突然噴火が始まり、流れ出た溶岩で新しい島ができて、もともとあった西之島と、合体するまで成長してしまった海底火山です。

この噴火で西之島は、12倍の面積にでかくなったのですが、噴火が落ち着いて1年以上がたちました。噴火直後は、降り積もった火山灰で、西之島の生物の多くが死に絶えましたが、現在、すでに島には、新しい生態系が誕生しつつあることがわかりました。

植物は、火山灰の下に埋もれていた、イネ科植物のオヒシバが、10センチ以上も降り積もった火山灰を押しのけて芽を出していることが確認されました。 うみどりは、夏に繁殖の時期を迎える、カツオドリが巣を作っていることがわかりました。 溶岩に覆われた地域は、まだ生物が生息する環境にはなっていませんが、やがて、このような苛酷な環境でも生きることができる、コケの仲間が住み着き、しだいに大きな植物が育ち始め、森ができていくものと思われます。

森ができるまでには、これから先、何百年もかかるのかもしれませんが、大陸の影響を受けない絶海の孤島で、これからどのような生態系が造られていくのかを観察し続けることは、現在の豊かな自然が、どのようにしてかたちづくられたのかを知ることにもつながります。
2016-11-27 : ポッドキャスト : コメント : 0 :

ヴォイニッチの科学書(無料版)「水素を持ち運ぶためのプラスチックを開発」

ヴォイニッチの科学書



水素は次世代のエネルギー源として期待されていますが、水素は高圧ボンベなどでの保管・運搬や爆発の危険など課題が多く、そのまま持ち運ぶのは危険なので、アンモニアなどの水素キャリアの研究も活発に行われています。早稲田大学の研究者らは水素を貯めている状態でも手で触ることができる、安全な水素運搬プラスチックを開発しました。  

今回の研究では、ケトンと呼ばれる共通構造を持つプラスチックをシート状に成形できる高分子をキャリアにして水素の保管と放出を繰り返し行うことに成功しました。水素を保持させたポリマーはともに、通常の環境で取り扱うことができますので、電池に代わる新たなエネルギー保管デバイスになるかもしれません。

2016-11-27 : ポッドキャスト : コメント : 0 :

ヴォイニッチの科学書(無料版)「脊椎動物最長齢はサメだった」

ヴォイニッチの科学書



北大西洋に生息する大型のサメであるニシオンデンザメの寿命は400年もあり、脊椎動物のなかで最も長生きらしいことがわかりました。多くの長寿の動物の例にもれず、このサメも遊泳の平均時速はわずか1キロメートルで非常にのんびり生きています。

今回の研究では眼の水晶体にあるクリスタリンというタンパク質の放射性炭素年代測定を行いました。クリスタリンは母親の胎内で合成され、誕生後はほとんど変化することはないため、外界から新たな炭素が供給されることなく、放射性崩壊によって炭素14の濃度は一定のペースで減少していきますので、現時点でどれくらい減少しているのかを測定することによって何年前に誕生したのかを計算することができます。

ちなみに、その他の長寿の生物としてはゾウガメ100年、ホッキョククジラ211年、アイスランドガイ(二枚貝の一種)の507年などがあります。
2016-11-26 : ポッドキャスト : コメント : 0 :

さとうささらの二分間サイエンス「リンカーン実験衛星」

さとうささらの二分間サイエンス



リンカーン実験衛星は1965年から1976年にかけてマサチューセッツ工科大学のリンカーン研究所が米国防衛に必要な通信衛星開発のための実験衛星として9基打ち上げたものです。

1号機と2号機は楕円軌道で地球を周回する計画でした。 1号機は打ち上げに失敗し1967年以降電波が途絶していましたが、2013年にアマチュア観測家が1号機が電波を発信していることを46年ぶりに発見して話題になりました。 3号機から最後の9号機までは静止衛星として開発されました。 3号機と4号機は静止軌道に投入することには失敗しましたが、衛星としての機能に異常はなかったので多くの実験データを収集することができました。 また、7号機はお金が足りなくなってプロジェクトが中止されました。 それ以外の4基は静止軌道への投入に成功しました。

これらの衛星群によって地上電波の乱反射の影響の観測や新しい通信波長の実験、宇宙空間における電子回路の動作の実験、地球磁場が衛星に与える影響などを調べました。

3号機はわずか16キログラムしかない小型衛星でしたが、1976年に打ち上げられた8号機と9号機は450キログラムありました。 当初はプラズマエンジンの実験も行う予定でしたが、開発が間に合わず通常のガスすらスタを搭載しました。 8号機と9号機は1992年まで運用され現在は宇宙空間を漂っています。
2016-11-26 : ポッドキャスト : コメント : 0 :

ヴォイニッチの科学書(無料版)「赤色巨星は危険だ」

ヴォイニッチの科学書



ハッブル宇宙望遠鏡を使った観測で、赤色巨星から大きさは火星の2倍、温度は9400度もある火の玉が放出されているようすが観察されました。放出は最短でも過去400年間およそ8年ごとに起きているようです。

この現象が観測されたのは地球から約1200光年の距離にある赤色巨星うみへび座Vです。未確認ですが、うみへび座Vは連星系で、赤色巨星がすでに星の一生の末期で巨大化しているため、伴星は8年に一回うみへび座Vの内部に突入するようです。その時に赤色巨星の物質を伴星の引力で持ち去ったのち、火の玉として放出するようです。  

観測可能な過去400年間に数十個の火の玉が次々に放出され、最も遠くまで届いている火の玉はうみへび座Vから約600億km離れた位置にあります。火の玉が放出される方向は定まっていないので、このような赤色巨星の近くに行く場合は巻き込まれないように注意が必要です。

赤色巨星は危険だ

赤色巨星は危険だ

赤色巨星は危険だ

赤色巨星は危険だ
2016-11-26 : ポッドキャスト : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR