月面Xの写真を頂きました

月面X

最新科学情報ポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」のリスナーさんから月面Xの写真を頂きました。
どうもありがとうございました。

月面Xはある満ち欠けのタイミングでクレーターの影が「X」型の影を作る現象です。
ちょうど良いタイミングで観測できるのは1年に数回しか無いとのことで、この写真は2014年11月29日に撮影されたものです。ちなみに、2014年は2、3回しか観測のチャンスは無かったのだとか。

ネットで検索すると月面Xの解説をしているサイトはたくさんありますが、このあたりが写真が豊富でわかりやすいかもしれません。
「月への招待」月面X  
スポンサーサイト
2014-11-30 : 雑談 : コメント : 0 :

アニメ 「SHIROBAKO」 第7話

アニメの感想をこのブログで書くことはほとんど無いんですけど・・・感想文はニガテなのです、すごくマメに更新する感想サイトはたくさんありますからね・・・ちょっと、これは書いておきます。

「SHIROBAKO」ってアニメ、今放送中です。
アニメの制作現場をおもしろおかしく、時にはシリアスに描くアニメなのですけど、第7話で自称、辞め時を見失ったロートル(老兵)こと、ベテランアニメーターの杉江おじいさんが良いこと言ってました。要約すると

  速く描けるようになるには 上手くならなければならない
  上手く描けるようになるためには いっぱい描かなければならない
  いっぱい描くためには 速く描かなければならない
  しかも 演出からOKがもらえる基準を常にクリアし続けなければならない

けっきょく話は出口を持たず、(良い意味で)ロートルに至るのだと思いますけど、絵だけで無く文章でも同じ事ですよね。

  それが出来れば食べられる。
  出来なければ、辞めていく。

これも杉江さんの言葉です。
まだまだ退場したくないのでがんばります。


土田香苗
「わかったらおびおもさっさと原稿書けよ」
2014-11-25 : 雑談 : コメント : 0 :

今週の人工衛星108 MMS

地球磁場の精密測量を行う四つ子衛星群
MMS
(打ち上げ年:2015年3月、開発:NASA)

NASAは2015年中に同一の小型衛星4基を使った地球磁気圏観測プログラム、MMSミッションを開始します。MMSでは磁気リコネクションという現象の解明に挑みます。磁気リコネクションは磁場から熱や運動エネルギーが発生する現象です。地球磁場の作用で地球の周辺でも磁気リコネクションは起きていますが、その実体はほとんど解明されていません。

MMS衛星は地球周辺で過去の観測衛星によって確認されている磁気リコネクションが発生している現場に直接飛び込みます。その場所は2カ所あり、そのうちの一つ、太陽側の現場では太陽の磁場と地球の磁場が接続する部分で磁気リコネクションが起きています。太陽から放出されたエネルギーや粒子はこの部分がロウとのような役目をして地球磁場領域に注ぎ込まれます。地球の夜の部分にも現場があり、ここでは地球磁場同士が磁気リコネクションを起こしていますが、これがオーロラなどの発光現象を生み出すと考えられています。

磁気リコネクション観測衛星MMS
http://www.nasa.gov/mission_pages/mms/index.html

機能 磁気リコネクションの観測
搭載機器 EPS(磁気粒子検出器)
EPI(高速飛行エネルギー粒子検出器)
FS(磁場観測装置)
大きさ 観測装置を搭載したブームの長さ12.5m
打ち上げ 2015年3月 日(号機)
分類 無翼式

MMS衛星は全く同じ4基の衛星を宇宙空間にピラミッドフォーメーションで三次元的に配置して磁気リコネクションを立体的に計測しますが、その打ち上げはユニークでまるでペッツのようにロケットのフェアリングに装填された4基の衛星を順番に切り離して宇宙空間に放出します。

磁気リコネクション観測衛星MMS
http://www.nasa.gov/mission_pages/mms/index.html


2014-11-24 : 人工衛星 : コメント : 0 :

今週の人工衛星107 プロキオン

はやぶさ2に相乗りした ミニはやぶさ2
小惑星探査機 プロキオン
(打ち上げ年:2014年11月、開発:東京大学)

まもなく打ち上げられる「はやぶさ2」に相乗りする小型衛星を紹介します。

東京大学が開発したのは超小型探査機「PROCYON(プロキオン)」です。小惑星に数十キロメートルまで接近して画像を撮影します。世界中で超小型衛星はトレンドですが、そのほとんどが地球周辺にとどまって観測や実験を行う人工衛星でした。ですがここのプロキオンは自力で宇宙空間を航行し小惑星を目指す探査機であるという珍しい存在です。

本体の大きさは縦横約55センチメートル、高さ約63センチメートルですが、太陽電池は展開が可能で、宇宙空間で翼を広げると1.5メートルほどになります。重量は65キログラムです。開発費は5億円。太陽電池で発電し、イオンエンジンで宇宙空間を飛行することがで、打ち上げ後地球の重力を利用したスイングバイで小惑星を目指す計画です。目的の小惑星はまだ決まっていませんが、最大で地球から2億キロメートルの距離まで到達が可能です。小惑星到着は2016年1月以降の予定です。搭載したカメラは小惑星から数十キロメートル離れた場所から数メートルの解像度で写真撮影が可能で、イオンエンジンで小惑星を追尾しながら撮影した画像は地球に伝送されます。

機能 小惑星探査機
搭載機器 イオンエンジン+冷却ガススラスター(I-COUPS)
小惑星自動追尾装置搭載口径5センチメートル小型望遠鏡
X-バンド通信装置(開発:JAXA)
大きさ 55cm×55cm×63cm、重さ65キログラム
打ち上げ 2014年11月 日(H2A 26号機)
分類 十字展開四翼型(三軸制御)
命名根拠 こいぬ座1等星

プロキオン
http://news.mynavi.jp/photo/articles/2014/11/13/procyon/images/001l.jpg


2014-11-24 : 人工衛星 : コメント : 0 :

今週の人工衛星106 しんえん2

超小型衛星初の月より遠い軌道からの通信
通信実験小型衛星しんえん2
(打ち上げ年:2014年11月、開発:鹿児島大学)

しんえん2は鹿児島大学が900万円で開発した通信実験を行う、直径50センチ、重さ17キログラムの超小型衛星です。「はやぶさ2」の打ち上げ時にH2Aに相乗りし、太陽を周回する軌道に投入される人工惑星です。この間に地球との通信実験を行いますが、地球と月の距離や、地球と太陽の距離に匹敵するほど離れた状態での通信実験を行いますが、これほど離れた距離から超小型衛星との通信を行うのは世界で初めてのことです。
 また、しんえん2の機体は強化プラスチック製ですが、この衛星の目的の一つが衛星の構造体にプラスチックを使用することの研究です。ここで採用されたのは熱で成形することができる強化プラスチックで、衛星の軽量化に大きく寄与し、国際宇宙ステーションなどでも衛星を製造することが可能となるため、衛星の表面構造に現在よく使われているアルミニウムに代わり強化プラスチックが宇宙環境に耐えることができるかどうかを研究します。

機能 超小型衛星による長距離宇宙空間通信実験
搭載機器
大きさ 直径50センチメートルの14面体、重さ17キログラム
打ち上げ 2014年11月 日(H2A 26号機)
分類 衛星表面太陽電池搭載型無翼式

しんえん2



2014-11-24 : 人工衛星 : コメント : 0 :

Chapter-521 植物が香りを感じるメカニズム

公園を散歩している最中に遠くの誰かが「ハチが来た」と騒ぎ始めると、自分に向かって言われたものではなくても「向こうには自分に危害を及ぼす生物がいるのだ」ということを認識して必要な対応をとると思います。これとまったく同じことを植物も行っていることが既に知られています。

たとえば、ある植物が虫にかじられると特殊な化学物質を放出し、危害を及ぼす生物に襲われていることを周りに知らせます。その化学物質を受け取った植物は危険を察知し、防護のための有害物質を分泌するなどの対応をとります。

人間の場合は他の人が叫ぶ「ハチが来た」という声を耳でキャッチして対応しますが、植物には一見そのような感覚器官はありません。では植物は、どのような方法で他の植物が発した警戒信号をキャッチしているのでしょうか。

山口大学と京都大学のトマトの葉を使った共同研究によると、虫にかじられたトマトは青葉アルコールと総称されるさまざまな化学物質を放出します。周辺のトマトの葉はそれをそのまま細胞内に取り込んで、化学反応を起こし、配糖体と呼ばれる構造に変化させ、それを害虫に対する防衛物質として使っているようなのです。

つまり、被害を受けた植物が放出する化学物質は別の植物の細胞の内部に入り、そこでその植物の武器に改造されて使用される、ということです。 私たちも臭いや味として化学物質を受け取りますが、それらの物質がそのまま体内に入ることはありません。通常は「受容体」と呼ばれる身体の表面のセンサーのようなタンパク質に結合して、その情報だけが体内に伝えられます。周辺の化学物質を何もかも体内に取り込んでいたら、死んでしまうかもしれません。

仲間が発する危険情報を受け取る、あるいはそれに反応して防御態勢を取る、という意味では人間も植物も同様の行動を示しますが、細胞レベルで見ると全く違う現象であることがわかります。もし、植物のように人間も、重大な感染症に感染した人が何か防御物質(抗体)を放出し、別の人がその物質を体内に取り込んで感染症に対する抵抗力を持つことが出来れば、エボラ出血熱のような感染症の拡大は防げたのかもしれません。なぜ人間は「病気に一度はかからないと抵抗力を持てない」植物から見れば、レベルの低い自己防衛メカニズムしか持たなかったのかは興味深いところです。



「ヴォイニッチの科学書」は2001年に配信を開始した世界初の日本語によるインターネット科学ラジオ番組です。毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。
無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。
有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。
2014-11-24 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

Chapter-520 エンドレスエイトのエングラム的考察

遠い過去の出来事であっても、何か強烈な印象を残した出来事については何年たっても明確に思い出すことができます。そのため、それらの記憶は印画紙に写真を焼き付けるように脳のどこかに固定的なものとして記録されていると考えがちです。ですが、記憶は自分に都合の良いように、あるいは後の強烈な体験によってリライトされるようなのです。

例えば、学校に行っても周りに自分の求める人や自分の楽しめる部活がなく「学校は面白くない」というマイナス感情の記憶を持った少女がいるとします。あるとき、その少女の前に宇宙人や未来人や異世界人や超能力者が現れ、その人たちと楽しい毎日を体験すると、将来自分の学生時代をこの少女が振り返ったときに、学校に行くことは「楽しい出来事の記憶」に書き換えられているはずです。

逆に「夏休みは楽しいもの」として形成された記憶があったとしても、納得いかないことがあると夏休みを15532回も繰り返してしまうという負の記憶に書き換わったりします。このような記憶のリライトが、脳のどの領域でどのように行われているか、その神経メカニズムは明らかではありませんでした。

記憶は、記憶痕跡(エングラム)と呼ばれる、たくさんの神経細胞が相互接続したユニットに蓄えられます。エングラムを構成する細胞には海馬や扁桃体など記憶に関連する細胞が含まれ、それらの細胞に出来事が起こった時の状況や、嫌い・楽しいなどの情緒面などの記憶の要素が分散して保存されています。そのようなエングラムがさらに脳内ネットワークで接続することによって、どのような状況でどのような体験をしたかという個々の記憶の関係が定義され、より上位のエングラムという情報統合思念体のような形で保存されていることが予想されていました。

つまり、あるエングラムは、楽しい経験によって「楽しい出来事の記憶」を保持する属性が与えられます。今回の問題はこのエングラム自身が、何らかの不愉快な出来事によって「嫌な出来事の記憶」のエングラムにリライトされうるのかどうかという点にあります。

そこで、小さなネズミを使った実験を行いました。 小さな箱マウスを入れ、足に電気ショックを与えると、マウスは「この箱の中は足が痛くなるところだ」という「嫌な出来事の記憶」のエングラムを形成します。そのエングラムに光に反応するタンパク質を組み込んでおくと、このエングラムに青い光を照射するとエングラムが発動し、マウスは恐怖します。「どういう仕組みなの!?」という点は省略します。現在の生命科学研究は既にそのレベルにあるということです。 嫌な記憶のエングラムを発動させた状態で今度は、メスのマウスと接触させると発動は発情に変わり、その時、エングラムは「楽しい出来事の記憶」のエングラムにリライトされることが確認されました。

足が痛かった負のエングラムと、メスと出会えた性のエングラムは複数の記憶エングラムの優先順位の決定ではなく、同一のエングラムのリライトによるものであることが明らかになりました。  負の記憶を持つことは、危険から身を守る点において重要ですが、リライトの機能は明確に存在していて、リライトされやすさの違いが「楽天的」「心配性」といった性格として表現されるのかもしれませんね。



「ヴォイニッチの科学書」は2001年に配信を開始した世界初の日本語によるインターネット科学ラジオ番組です。毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。
無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。
有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。
2014-11-23 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

今週の人工衛星105 ロゼッタ

ロゼッタは欧州宇宙機関の彗星探査機で、人類史上初めて探査機を水星に着陸させる計画です。ロゼッタが2014年の8月に到達して以来、観測を続けているのはにチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星です。

このたび着陸機フィラエを投下する地点が決定したとESAが発表しました。大きな岩のない平地で太陽電池に十分な太陽光が当たる場所として5つの地点が選ばれています。フィラエの着陸予定は2014年11月11日です。

彗星探査機ロゼッタ

フィラエは重さ100キロのカーボンファイバー製の六角形をしており各面は太陽電池で覆われています。彗星の地表の元素をエックス線で分析する装置やGC-TOFMS、光学カメラなど10種類の観測装置と自立航法装置を備えています。彗星は重力が小さいため、着陸と同時にアンカーを発射して自分自身を彗星に固定します。その後、1週間~1ヶ月程度の観測を行い、データは上空を併走するロゼッタを中継して地球に送られます。

彗星着陸機フィラエ


2014-11-01 : 人工衛星 : コメント : 0 :

今週の人工衛星104 ひさき

世界初の惑星観測専用宇宙望遠鏡
104 惑星分光観測衛星ひさき
(打ち上げ年:2013年9月、開発:JAXA)

かつてSPRINT-Aの名称で開発されていた世界初の惑星分光観測宇宙望遠鏡「ひさき」は2013年9月14日にイプシロンロケット試験機によって打ち上げられました。これまでも地球周辺の天文衛星で惑星の観測は行われていましたが、様々な観測対象を時間単位で区切っての観測でしたので惑星環境の変化については突発的な現象が主な観測対象でした。

ひさきは世界で初めて極端紫外線で惑星を長期間にわたって観測し続ける衛星です。目的を特化することによって惑星の気候変動などに新たな発見が期待されています。たとえば、地球、金星、火星は環境の良く似た地球型惑星で太陽系が誕生した直後にはどれも非常に似た姿をしていたことがわかっています。ところが、太陽系誕生からわずか10億年程度でそれぞれの惑星は全く違う姿に変化を始め現在に至っています。

火星は多くの水が流れた地形が今も残っていて、生物の存在が期待されていますが、何らかの理由によって大気中の温暖化ガスが逃げ出してしまい、現在のような冷たく乾いた惑星になってしまいました。逆に金星は大気が温暖化効果のある二酸化炭素で満たされてしまい、温室効果によって地表面の気温は400度にも達しています。このように現在の惑星環境が大きく異なることになってしまった原因は何なのか、惑星外大気と太陽風の観測を行うことによって太陽系の起源も明らかにすることができるものと思われます。

さらにイオなど大型惑星の衛星も観測計画に含まれており、衛星から放出されるイオンやプラズマの分析を行うことによって巨大惑星とその衛星の間で起きている相互作用についても明らかにします。

惑星分光観測衛星ひさき


2014-11-01 : 人工衛星 : コメント : 0 :

今週の人工衛星103 スピカ

生まれたての銀河や惑星を観測できる超高感度
103 次世代赤外線天文衛星スピカ
(打ち上げ年:2025年予定、開発:JAXA)

宇宙を構成する銀河や惑星がどのようにして誕生したのかはまだよくわかっていないことが多く、それらの誕生のメカニズムを明らかにすることは私たち生命体の誕生の起源にも迫ることを可能にするものと思われています。

誕生直後の天体は赤外線で輝くことがわかっていますが、観測したいはるか宇宙のかなたの赤外線よりも太陽の赤外線の方がはるかに強烈ですし、地球でさえかなり強力な赤外線を出しています。そのため、赤外線天文衛星の開発には高度な技術力が必要です。2025年の打ち上げを目指して研究が進められている次世代赤外線天文衛星「スピカ」はJAXAがESAと共に開発を進め、日本のロケットによって打ち上げる計画です。

スピカに搭載される望遠鏡は口径3メートルと赤外線望遠鏡としては史上最大で、その圧倒的な性能によって誕生直後の宇宙に存在する微弱な赤外線をとらえることが可能です。望遠鏡からのデータを処理する観測装置も赤外線写真を撮影する高感度カメラと、赤外線の種類(スペクトル)を解析する装置が搭載されます。

また赤外線天文衛星は天体に由来しない妨害赤外線を取り除くために望遠鏡をまるごと冷却しなければ成りませんが、これまでの赤外線望遠鏡は冷媒を使っていたために装置が大きく、衛星寿命も冷媒が尽きるまでの短い時間でした。スピカは冷媒を使わずに絶対零度付近(マイナス267度)までの冷却を可能にする機械式冷却装置を搭載し、衛星本体のコンパクト化と長寿命化も実現しています。

赤外線天文衛星スピカ


2014-11-01 : 人工衛星 : コメント : 0 :

今週の人工衛星102 マンガルヤーン

アジアで初の火星軌道への投入に成功した探査機
102 マンガルヤーン
(打ち上げ年:2013年、開発:インド宇宙機関)

2014年9月、インドの火星探査機「マンガルヤーン」が火星の軌道に入りました。アジア各国の中で火星周回軌道への探査機の投入に成功した始めての探査機となりました。

これまで、世界各国が火星探査機を打ち上げましたが、日本の「のぞみ」、中国の「蛍光1号」共に軌道投入に失敗してしまったため、旧ソ連を除けば火星へのアジア一番乗りはインドが達成しました。

マンガルヤーンの主な任務はインド宇宙機関の惑星探査技術の確立と習得ですが、科学観測装置も搭載しており、大気中メタンの測定や上空からリモートセンサーで地表の組成を観測します。

ESAの火星探査機「マーズ・エキスプレス」によって確認されたメタンは最も簡単な炭化水素で、生命の最小ユニットであると考えることもできます。そこで、マンガルヤーンは火星表面に着陸することなく上空から火星のメタンを観測し、生命の存在の可能性を検討します。その装置が火星メタン観測機(MSM)を搭載しています。また、火星表面の鉱物の様子も赤外線分光撮像機(TIS)を使用して上空から観測することができます。鉱物はその種類によって特定の波長の光を吸収することが知られていますので、上空から赤外線領域の波長を測定することによって着陸することなく岩石を分析することが可能です。

マンガルヤーン


2014-11-01 : 人工衛星 : コメント : 0 :

今週の人工衛星101 ひまわり8号

圧倒的な高性能、期待の最新型気象観測衛星
101 ひまわり8号
(打ち上げ年:2014年、開発:日本・三菱電機)

「ひまわり8号」は日本の気象観測静止衛星、ひまわりシリーズの一機ですが、7号までとは次元の異なる高性能を実現した世界最先端の気象衛星です。

気象衛星の役目はもはや雲の画像を撮影するだけではありません。観測機器を設置して水蒸気や気温を測定することができない太平洋のど真ん中や、砂漠、山岳地帯の気象状況を宇宙から観測するための高性能なリモートセンサーも搭載しています。

7号では可視光線と赤外線併せて、5種類の波長帯(バンド)での観測を行っていましたが、8号では一気に16バンドでの観測が可能になりました。最もわかりやすい衛星の進化は、これまでひまわりからとどけられる雲の映像は可視光域の波長が1バンドしかなかったために、白黒写真でしたが3バンド、つまり、可視光領域を3種類の光の色で撮影することが可能になったので、画像処理によって擬似的にカラー写真を作り出すことが可能になったことです。

赤外線領域の高性能化と併せて、雲と火山灰とチリを識別したり、地上の職制の様子まで気象現象とセットで観測することが可能になります。これまで30分ごとに撮影されていた画像も、日本上空に限定して観測を行えば、2分30秒ごとに観測することが可能になり、2倍に向上した解像度と併せて、近年増加している竜巻や集中豪雨などの突発的な気象現象をリアルタイムで観測することが可能成りました。

日本のみならず、東アジアや西太平洋地域も含めた多くの国の人々に情報を提供し、天才による被害を少しでも軽減することが使命です。

ひまわり8号
2014-11-01 : 人工衛星 : コメント : 0 :

Chapter-519 AGNエンジン

 宇宙に存在するほぼ全ての銀河の中心には、太陽の10万~10億倍もの質量を持つ巨大ブラックホールが1個ずつ存在します。現在の天の川銀河は非常に静かな銀河だと言われていますが、活発に周辺の物質を吸い込んでいる超巨大ブラックホールがある銀河の中心部分を活動銀河核(AGN)と呼びます。

 活動銀河核(AGN)は宇宙に存在する銀河の数%に存在していて、中心の非常に小さい領域から、その銀河に属する全ての星の総和を凌ぐというむちゃくちゃな量のエネルギーを放射したり、ジェットと呼ばれる細く絞られた高速のガス流を噴出したりするなど、やりたい放題の活動が確認されています。

 電波、赤外線、可視光、紫外線、X線およびガンマ線といったあらゆる波長で盛んに観測が行われ、天文学でホットな分野の1つとなっています。 中心の巨大ブラックホールに周りからガスが吸い込まれる際に、それらのガスが持つ重力エネルギーが効率よく放射へと変換されるためにこのような激しい活動が起きているのだと考えられています。この重力エネルギーをブラックホールの激しい活動に変換するメカニズムを漠然と「AGNエンジン」と呼んでいます。

 AGNエンジンの燃料的なものは大きく分けると2種類あり、ひとつは巨大ブラックホールに円盤を形成しながら落下するガス。もうひとつは巨大ブラックホールの近くで高温になった電子です。ガスからは主に可視光や紫外線が放出され、高温電子からはエックス線が放出されていると推測されています。
2014-11-01 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

火星で酸素を作ろう

NASAは2020年に打ち上げる火星無人探査車に酸素発生装置MOXIEを搭載すると発表しました。
NASAのサイト:英語)

将来の火星での酸素供給の可能性を探るのが目的です。

火星で酸素を作ろう
2014-11-01 : 雑談 : コメント : 0 :

さようならちりめんモンスター

食品に混入する異物は問題ですが、ちりめんじゃこに混入しているエビなどの小さな海の生き物はちりめんモンスターと呼ばれて子供たちの人気者です。ですが、小さなフグが混入すると食中毒の原因になることもあります。

日立造船は画像処理によって破片になったフグも含め、ちりめんじゃこに含まれるフグを検出する装置を開発したそうです。フグの特徴を光の透過度や形から読み取り、2ミリ角まで識別可能だとか。

さようならちりめんモンスター
2014-11-01 : 雑談 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR