FC2ブログ

採血して遠心分離するだけの分析装置

島津製作所が血液中に含まれる薬物などの微量成分の定量分析を全自動で行う、血清前処理装置付きLC-MS/MSを発売しました。

採血して遠心分離するだけの分析装置

医薬品の開発や生命現象の解明のための研究において、血液中の成分を分析することは非常に高頻度で行われますが、これまでは複数の装置を組み合わせたり、ある部分は人間が操作を行うなどしていましたが、新開発の全自動LCMS前処理装置SCLAM-2000は動物などから採血した血液を遠心分離した状態で血清を分離することなく装置にセットし、定量結果を得て不要試料を廃棄するまでのプロセスを全自動にしました。このような自動化装置は世界初とのことです。

研究者やってるときにこんな装置を操作してみたかったかも。左側のユニットに血液生化学検査装置のルーレットみたいなターンテーブルがあって、そこに遠心分離したサンプルや試薬をセットするようです。定量用検量線もすごく上手に引くみたいで、こういう装置があると研究者は頭を使う仕事に集中できますよね。
スポンサーサイト



2015-04-08 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

富士フイルムの英断

新聞ではそれほど大きく取り上げられることはありませんでしたが、富士フイルムが米国のバイオベンチャー企業セルラー・ダイナミクス・インターナショナル(CDI)をおよそ3億ドルで買収(最終的には連結子会社化)しました。

富士フイルムのプレスリリースには淡々と同社がこれまで取り組んできた再生医療用ペプチドを始めとする再生医療ビジネスの一環としてiPS細胞を使った創薬支援分野に参入すると書かれています。日本で発明されたiPS細胞ですが、ビジネスにおいては当初予想されたとおり、米国の圧倒的な政府の支援と資金力もあって、日本は米国の後塵を拝する状態となっていました。CDI社はその盟主とも言える存在で、日本企業を含め既に多くの顧客を持ち生産するiPS細胞の評価も非常に高いものです。

ある意味すでにデファクトスタンダードを構築した米国企業をiPS細胞発祥の地日本の企業が傘下に収めたことの意義は大きなものだと思います。
2015-04-08 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

IT農業

最近の製造現場ではプラントや製造装置に大量のセンサーが配置されています。
そこから得られる膨大なデータを集め、クラウドコンピューティングで解析することによって製品の品質を高めたり、規格ハズレの製品を作ってしまうことを回避したり、プラント事故を未然に防いだりすることが一般的になってきました。

ですが、農業については依然として経験に頼る部分が多く、工業製品同様に生産性を高めるためにはセンサーを使ったIT化が必須だと思われれていました。そんな中、東京大学はNTT西日本などと共同で環境や作物の生育、農作業の状況のデータを収集して栽培手法の改良やノウハウのデータ化を行うシステムを開発したと発表しました。

これまでも温室栽培や野菜工場では多くのセンサーが使用されるケースはありましたが、屋外の農地に4平方メートルあたりに1個という高密度でセンサーを設置し、5分間隔という高密度で20種類もの情報に関する情報を収集します。日照や二酸化炭素量、水分量と人間が行った農作業の内容を関連づけて解析を行います。その結果を農作業者のタブレット端末に情報をダウンロードすることによって、どのタイミングでどの場所の収穫を行えばその農地の収穫量が最適化されるか、今どの場所でどのような作業を行うことが必要か、などの情報を提供することが可能になりました。

農業における研究開発は今後も続きますが、さらには畜産、林業、漁業においてもIT化を推進することが期待されています。
2015-04-08 : 雑談 : コメント : 0 :

LHC再稼働

LHC再稼働

スイス・ジュネーブ郊外、欧州合同原子核研究所(CERN)の世界最大の加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」が2013年2月以来、2年以上を要した改造工事を終えて再稼働しました。

1周27kmの円形トンネル内に陽子ビームを周回させる試運転にも成功しました。ほぼ光速で周回する陽子同士を正面衝突させる衝突エネルギーはこれまでの記録である8兆電子ボルトを大幅に更新し、13兆電子ボルトに達しました。最高出力での実験開始予定は2015年6月の予定です。

これによって万物を構成する素粒子やこの世界で作用している力に対する理解がよりいっそう深まるものと期待されます。
2015-04-08 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QR