世界初のセンサー搭載錠剤

大塚製薬が世界初のセンサー搭載錠剤を米国FDAに申請しました。
FDAは米国内で医薬品を販売して良いかどうかを判断する機関です。

センサーを新たに搭載したのは統合失調症治療薬「エビリファイ」です。薬を飲むと胃の中で錠剤が溶けてセンサーが露出し、センサーが発した電波を体に貼り付けた受信器でキャッチします。データはスマホなどに転送されます。

慢性疾患の治療薬は患者が定められたとおりに服用しないことが多く、医薬品の廃棄や治療期間の延長につながって医療費の無駄遣いとなっています。医師が錠剤から得た服薬情報を把握することによって、医薬品の有効活用と早期回復による医療費削減をはかります。
スポンサーサイト
2015-10-24 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

久々の超電導物質

超電導といえば非常に低い温度で電気抵抗がゼロになる現象です。
産業的にはリニアモーターカーや科学分析機器、医療機器などですでに実用化されています。研究領域では、超電導送電などのような実用研究の話題は散見されるものの、最近は超電導体としての性質を発揮する新たな画期的な物質の発見はありませんでした。超電導における画期的な物質は何かと言えば、より高い温度で電気抵抗がゼロになる物質の発見です。

超電導体も物質によって抵抗がなくなる温度が異なります。強烈な冷却をしなければ電気抵抗がゼロにならないような物質は実用性の点で問題があります。できれば、一般的な冷却装置で対応可能な程度の低温で抵抗がゼロになってほしいですし、欲を言えば気温程度で抵抗がゼロになれば世界は変わるかもしれません。

そのような研究領域において、22年ぶりのニューフェイスが登場しました。
ドイツのマックスプランク研究所の研究チームが水素と硫黄からなる硫化水素にある特殊な加工をすると、絶対温度203度(マイナス70度)で電気抵抗がなくなることを発見しました。これまで知られていた超電導物質と比較すると、60度以上も高い温度・・・といってもマイナス70度ですが・・・で超電導状態となりました。

ここで問題となるのが「ある特殊な加工」ですが、この硫化水素、地球中心部と同じくらいの超高圧を生み出すことができる世界中にもほとんど無い特殊な装置で、気体の硫化水を固体にすることによって作られました。つまり、そう簡単には作ることのできない物質です。

それでもこの研究をきっかけに、水素と超高圧がキーワードとなり、しばらく静かになっていた新物質探しが再び熱を帯びそうです。ただ、これよりももっとすごい超電導物質を作るには地球の中心部を越えた想像を絶する圧力を生み出す装置の開発もセットで必要ですし、仮に実現できたとしても、そのような特殊な加工方法では量産性の問題やコストの問題があるため、直ちに実用化・・・とはならないようです。

さて、超電導送電の実用化研究といえば、鉄道総合技術研究所が変電所から架線に電気送る際に超電導送電を利用することを検討し、営業路線での試験に成功しています。超伝導材料と絶縁体でできたケーブルの周りに液体窒素を循環させてマイナス200度付近まで冷却し、ケーブルの電気抵抗をゼロとして送電時の電気のロスをふせぐものです。ケーブルの冷却に必要な電力を差し引いても消費電力削減効果があるため、実用化を目指しています。
2015-10-24 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

世界最小のカタツムリ

世界最小のカタツムリ
DR. BARNA PALL-GERGELY AND NIKOLETT SZPISJAK

大きさ1ミリメートル弱の世界最小のカタツムリだそうです。
ただし、貝殻で生きた個体はまだ発見されていません。
ハンガリーのアマチュア貝収集家が中国南部で発見しました。
2015-10-24 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

藻から燃料を作る国内企業の取り組みのメモ書き

○デンソー
・シュードコリシスチス
  油含有率40%、酸性で培養
・2016年4月をめどに熊本県の廃校跡地で藻の培養施設を建設
・初年度に数キロリットルの燃料を生産
・2018年度に数十キロリットル
に増やす計画だ。

○IHI
・ボツリオコッカス
・2015年3月に鹿児島県に国内最大の培養施設が稼働

○ユーグレナ
・ミドリムシ
   食品用とは異なる、油を蓄える種
・2015年3月に石垣島でジェット燃料向けのミドリムシの試験培養を開始
・製油技術は米シェブロンラマスグローバルから技術導入
2015-10-24 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

2015年のイベントのお知らせ

あっという間に2015年も残り、2ヶ月半となってしまいました。
今年も例によって、山盛りのやり残しを抱えたまま年の瀬を迎えることはほぼ確実の状況です・・・。
今年のイベントはあと3つでおしまいです。

2015年10月31日(土)12時45分~ 【関係者のみ】
日本農芸化学会中四国支部 若手シンポジウム
「へんな細菌・すごい細菌の産業応用」
 会場:香川大学農学部

2015年11月14日(土)、15日(日) 両日10時~16時30分
サイエンスアゴラ2015
 会場:日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン コマ番号Aa-056
 入場無料です。
 話題は「光」と「科学史」について準備していますが、基本的にはコミュニケーションの場としています。
 物販は今年はありません。メイドさんはいます。おやつ配布はあります。来場者プレゼントはある予定です。

2015年12月23日(水:祝日) 12時~15時45分
阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ
 会場:阿佐ヶ谷 LoftA
 年忘れダイナーヴォイニッチ、テーマは「菌と真空は女の子じゃないと思った?」の予定ですが、未定です。
 こちらの方はいつも通りチケット制(会費制)となっています。会場代や運営費がかかりますので、ご協力をお願いいたします。
2015-10-18 : お知らせ : コメント : 0 :

Chapter-569 リチウムイオン電池

2015年10月3日 Chapter-569 リチウムイオン電池

 日本の素材産業が強い先端領域と言えば、炭素繊維やiPS細胞が思い出されますが、最近はリチウムイオン電池も電気自動車への搭載が広がりつつあり、新技術が次々に投入されている領域です。 使っては充電、使っては充電を繰り返すことができますので、リチウムイオン二次電池と正確には言います。これに対して一次電池は放電だけができる乾電池のような電池を指します。

リチウムイオン電池の中には電子が移動する電解質という成分があって、その中のリチウムイオンの移動が電気を生み出します。電解液、正極、負極、セパレーターの4つの部品からなり、現在では、正極にリチウム金属酸化物、負極にグラファイトなどの炭素材を用いるものが主流となっていますが、負極に空気を使うリチウム空気電池はリチウムイオン電池の数倍の容量を達成することが可能であるため、近年時に注目を集めています。  

バッテリーの進化はかつては携帯電話やノートPCのために求められる高性能な二次電池の開発が原動力でした。たとえば、1989年に登場したマッキントッシュポータブルは鉛蓄電池を作用していましたし、その他の当時のモバイル機器はニッケルカドミウムやニッケル水素などの電池を採用していましたが、重量や稼働時間の点では満足できるものではありませんでした。  

リチウムを使った電池の発想が登場したのは1960年代で、1970年代には実際に動作する金属リチウム二次電池が発表されました。1980年代には東京大学の水島公一らや米国テキサス大学のジョン・グッドイナフらによってそれぞれ実用的なリチウム電池が発表され、まもなく、モバイル機器用途に実用化され金属リチウムを負極活物質に用いた電池がNTTのショルダー型携帯電話に採用されました。ですがこの電池は、金属リチウムは反応性が高いため発火事故が後を絶たなかったということです。

リチウムイオン二次電池の原型はそんなさなか、旭化成の吉野彰、当時ソニーの西美緒(にしよしお)らが炭素材料を負極とし、二酸化コバルトリチウムを正極とした現在の技術の基本となるリチウムイオン二次電池の概念が確立しました。この方式の電池の発売は1991年のことでした。



この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。
ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。
無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。
有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。

2015-10-18 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

運動中突然死を起こす遺伝子変異

マラソン大会などの運動中に突然死する人の割合は1万人に1人とされています。

その原因については、もともと心筋症などの疾患を抱えていたことなどが考えられますが、そのような「持病」だけですべての死亡例を説明することはできず、心臓が健康な人においても、突然死が発生することは珍しくはありません。

東京医科歯科大学難治疾患研究所の研究者らは、心臓で電気信号を伝達し、心機能の強化に関わっている His-プルキンエ細胞の IRX3 という遺伝子が運動中の不整脈による突然死をもたらす遺伝子であることを確認しました。IRX3 の遺伝子に異常があると一見正常な心臓であっても致死的な不整脈が発生する可能性があることや、致死的不整脈は運動などの交感神経の緊張が高まったストレス下で生じることが明らかになりました。

今後は、マラソン大会の事前健康診断では、単なる問診や自主回答ではなく、IPX3 遺伝子を調べることによって、運動の負荷をかけてはいけない人を見つけ出すことが可能になるかもしれません。
2015-10-16 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

はじめまして、そして、さようなら、冥王星の衛星カロン

この写真は冥王星の衛星、カロンです。
先日、冥王星に最接近して飛び去った探査機ニュー・ホライズンズが撮影しました。

直径は1208キロメートル、表面は氷に覆われていて大気はありません。地表には全長1000キロメートルにも達する渓谷や深さ7000メートルもの亀裂もあります。このことから地殻変動が行われていると思われますが、そのメカニズムはわかりません。

非常に美しい画像ですが、もう二度と・・・少なくとも今現在生きている人が生存している程度の未来までは・・・冥王星に探査機を送り込むことはありませんので、カロンを観測できたのはこれが初めてで最後ということになります。

はじめまして、そして、さようなら、冥王星の衛星カロン
NASA/JHUAPL/SwRI)
2015-10-16 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

猛烈に星が生まれている Zw II 96 銀河

猛烈に星が生まれている Zw II 96 銀河
NASA, ESA, the Hubble Heritage Team (STScI/AURA)-ESA/Hubble Collaboration and A. Evans (University of Virginia, Charlottesville/NRAO/Stony Brook University)

この写真は2つの銀河が衝突し、銀河に含まれているガスやチリの衝突によって(星同士はほとんど衝突しないとされています)、猛烈に新しい星が形成されているスターバースト銀河の一つです。

国立天文台が南米チリのアタカマ高原にあるアルマ望遠鏡などを使って、多数のスターバースト銀河を観測し、近くにある(=最近スターバーストを起こした)スターバースト銀河と遠くにある(=はるか昔にスターバーストを起こした)スターバースト銀河を比較したところ、両者はよく似ていることを発見しました。

このことは昔の銀河も今の銀河も似たような仕組みで大量の星を生み出しているらしいことを示しています。

2015-10-15 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

NASAの金属小惑星探査機

下のイラストはNASAの2021年以降の惑星・衛星探査計画候補の一つ、Psyche探査機です。
非常に珍しい金属小惑星「プシケ」を探査するミッションです。この小惑星は少なくとも表面は金属でできていると考えられています。ですが、地殻が金属でできた小惑星なのか、惑星の外側がはぎ取られて金属コアだけになった天体なのかはわかっていません。いずれにしてもめったに見られない珍しい天体です。

NASAの金属小惑星探査機
2015-10-15 : 人工衛星 : コメント : 0 :

NASAの Veritas 探査機

下のイラストはNASAの2021年以降の惑星・衛星探査計画候補の一つ、Veritas探査機です。
金星の詳細な地図を作成することが目的です。

NASAの Veritas 探査機
NASA/JPL-Caltech
2015-10-15 : 人工衛星 : コメント : 0 :

Chapter-568 デニムの流行

2015年9月26日 Chapter-568 デニムの流行

デニム生地はタテ糸をインディゴで染色し、染色加工をしていない横糸と綾織りにした綿の厚地織布のことですが、インディゴってなんでしょうか?

インディゴは青色・藍色の染料のことですが、化学物質の名前でもあります。古くは紀元前から色素として知られていたようです。藍色に染められる天然色素は藍植物からとれるインディゴだけです。ですが、インディゴ物質を含む藍植物であるタデアイは藍色ではなく普通の緑色の植物です。

緑色のタデアイからなぜ、藍色の染料が作れるのでしょうか? タデエアイの葉のなかには,インジカンという物質が含まれています。インジカンは無色です。タデアイをすりつぶすと、細胞の中に含まれていた分解酵素で分解されてインドキシルになります。インドキシルもまだ無色の分子です。インドキシルは空気で酸化反応を起こして2つのインドキシルが結合したインディゴが形成されます。

インディゴは水に溶けないのでそのままでは染色に使いにくいので、ヨーロッパでは化学反応、日本では微生物による発酵反応で水に溶けるロイコインディゴという黄色い分子に変換します。ロイコインディゴは水に溶けますが、空気中ではインディゴに戻ります。水に溶かした状態で染料として布を染め、布地をタンクから引き上げると分子は水に溶けないインディゴに戻るので、染まっていないロイコインディゴは分離してしまいます。この時、繊維の中にしみこんだロイコインディゴは繊維の中で水に溶けないインディゴに戻り、藍色になると同時に水洗いしても溶け出しにくくなります。

ロイコインディゴは水に溶けるのですが、それには条件があってアルカリ性の時でなければ水に溶けません。酸性になると沈殿してしまいます。そこでヨーロッパでは、化学反応による工業生産が行われる前はインディゴを腐った尿に溶かしてアルカリ性にして溶かしていました。

一方で、日本では尿は使わずに、微生物を使っていました。藍染めの発酵法はアルカリ性の環境下で活発に活動できる菌を使用しています。食品が発酵すると(腐ると)酸っぱくなることは経験的に知っていますが、このことは菌は基本的に酸を作るものとして産業利用されていました。アルカリ性で活動する微生物の有用性が知られるようになったのは1960年代以降のことですが、藍染めの世界ではそれよりはるかに前から職人はアルカリ性を好む微生物を活用していたのです。






この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。
ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。
無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。
有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。
2015-10-13 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

化石に残されたタンパク質を解析する

化石となった動物がどんな生き物だったか、系統樹的にどこに属するのかを解析する際に化石に残ったDNAを分析する・・・という手法はよく知られています。ですが、DNAは不安定で量も少ないので、凍結保存されたマンモスのような「新鮮な」死体から出なければほとんど不可能で、恐竜の化石からDNAを採取して復活させるのはあり得ない状況です。

ですが、最近、1万年前の化石からタンパク質コラーゲンを採取し、そのアミノ酸配列を解析することによって系統樹状の位置づけに成功したという発表がなされました。1830年代にチャールズ・ダーウィンがビーグル号の航海の際に南米から持ち帰った大型哺乳類の化石の分析結果です。コラーゲンはDNAより分解されにくく、しかも骨の主成分ですので大量に存在するため、高品質な分析サンプルを入手できる可能性がDNAに比べて著しく高くなります。

コラーゲンから元の動物の全体像を復元することはできませんが、系統樹状の位置づけをかなり正確に行うことができますので、採取された化石の特徴と、進化上前後に存在する生物から当該動物がどのような行きモモのだったかを推測することができます。

DNAでは数十万年の生物の解析を行うのが限界ですが、コラーゲンであれば数百万年前の化石からも最首が可能だと思われますので、この手法によって過去の動物たちの生体が今後さらに明らかになるものと期待されます。

下のイラストはコラーゲンによって哺乳類の系統樹状どこに位置するのかがかなり明らかになった「トクソドン」です。
体長2メートル、1,100万年前から100万年前の南アメリカに生息した大型草食動物ですが、北米大陸からの天敵の進出や気候の変動が原因となって100万年前に絶滅しました。
トクソドン
ArthurWeasley.

2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

Chapter-567 アルツハイマー病予防の可能性

2015年9月19日 最新科学情報ポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」要旨
Chapter-567 アルツハイマー病予防の可能性

最近のアニメキャラクターはどれが誰だかわかんない、名前をネットで検索してもすぐ忘れてしまう、そういった感じで自分の記憶力に不安があるとわかっている人は、認知症ではありません。本当に認知症になる人は、本格的な発症の2~3年前から徐々に自身の記憶に障害が発生していることそのものを認識しなくなるようです。  

正直なところ、ひとたび認知症が発症してしまうと治療法は見つかっていません。ですが、症状を軽減したり進行を遅らせたりする薬剤はすでに処方されていますので早期発見は重要です。 

エーザイのアリセプト(E-2020)はアルツハイマー病を治癒することはできないものの、その進行を少し遅くすることができる画期的な新薬として1997年に発売されました。その後、膨大な物質数の特許がアルツハイマー病治療薬として出されましたが、明確な効果を持つ医薬品は登場していません。

この十数年はアルツハイマー病患者の脳に蓄積しているアミロイドβをターゲットにした特許も数多く出されましたが、どうやらこれもダメっぽいです。 アミロイドβは細胞外に蓄積すると老人斑などとよばれますが、これはアルツハイマー病患者でなくとも蓄積していることがわかっています。また、脳のどの部分がどのような認知機能に関わっているのかの詳細がわかった結果、老人斑の蓄積部位とアルツハイマー病で失われる認知機能の場所に関係が無いことがわかってしまいました。

日経サイエンス9月号に「アルツハイマー病予防への挑戦」という記事が掲載されていました。

米国コロンビア州でアルツハイマー病を必ず発症する遺伝子を持つ約5000人の家族集団が見つかりました。この1000人には共通の特徴的な遺伝子変異があり、その変異があると必ずアルツハイマー病を発症します。しかも、その多くは40歳代で認知機能のほとんどを失います。 そんな中で、一部の研究者らはアルツハイマー病発症予防薬の研究に取り組み始めています。その、研究対象として注目されているのがこの、アルツハイマー病を必ず発症する遺伝子変異を持った人々です。

現在行われているのはアミロイドβの除去を行う作用のあるモノクローナル抗体を若い頃から投与し続けると発症を防ぐことができるだろうか、そういった研究です。 現在、ラテンアメリカで行われているこのプロジェクトには米国NIHなどから百数十億円が投じられています。薬の投与が行われ始めたのが2013年のことでまだ3年しかたっていません。現在投与されているモノクローナル抗体の投与期間は5年間。本来であれば患者は着実にアルツハイマー病の発症に向かっているはずです。このモノクローナル抗体はアルツハイマー病が発症した患者の治療には失敗していますが、初期の軽度アルツハイマー病患者においてはわずかに回復の傾向が見いだされた唯一の薬、唯一の希望です。



この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。
ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。
無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。
有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

Chapter-566 次世代巨大望遠鏡は未完成で進行形

2015年9月12日 最新科学情報ポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」要旨
Chapter-566 次世代巨大望遠鏡は未完成で進行形

アレン・テレスコープ・アレイ

Chapter-566 次世代巨大望遠鏡は未完成で進行形 アレン・テレスコープ・アレイ
Colby Gutierrez-Kraybill

米国サンフランシスコから500キロほど北東に離れた場所に未完成で運用中のアレン・テレスコープ・アレイ(ATA)電波干渉計はあります。ATAは天体観測と地球外知的生命体探査(SETI)の両方を行う施設で、広い波長帯かつ宇宙の広い範囲の同時観測が可能です。ATAはもともとその集光面積から1ヘクタール望遠鏡(1hT)と呼ばれていました。 電波干渉計は電波望遠鏡を広大な面積に大量に展開して、コンピューター処理で大口径の望遠鏡として使用します。ATAの完成時には、口径6メートルのパラボラアンテナ350基で観測したデータをコンピューターで合成解析することになっています。2004年に建設が開始され、現在はすでに完成した42台のパラボラアンテナによる運用を行っています。 残りの望遠鏡を設置する資金の調達は難航していますが、この望遠鏡が完成すれば宇宙の大規模構造の観測やガンマ線バーストの観測、重力背景放射の検出、100万個の天体を対象にした知的生命の探査などが可能になります。

Chapter-566 次世代巨大望遠鏡は未完成で進行形 アレン・テレスコープ・アレイ
Jcolbyk at English Wikipedia

スクエア・キロメートル・アレイ

スクエア・キロメートル・アレイ(SKA)はこれまでに存在しなかったような高性能な望遠鏡を建設し、ダークエネルギーの発見を目指す野心的なプロジェクトです。2016年に建設を開始、2020年から観測を開始予定です(が、資金調達のめどはまだ立っていません)。  SKAは数千の望遠鏡を展開し、設置面積では無く、望遠鏡としての面積が1平方キロメートルに達し、実際の建設面積は3000キロメートル以上の範囲になります。建設地はまだ決まっていません。

Chapter-566 次世代巨大望遠鏡は未完成で進行形 スクエア・キロメートル・アレイ
SKA Organisation

OWL望遠鏡

OWL望遠鏡はESO(ヨーロッパ南天天文台)にて検討が行われた、理論的に計算して、複合鏡による単一望遠鏡として建設可能な最大口径とされた単一口径100m鏡相当を持つ次世代大型光赤外望遠鏡でした。この計画は費用の点からキャンセルされ、現在はより実現可能なサイズである口径39mのE-ELT計画(European Extremely Large Telescope)の準備が行われています。  E-ELTの建設場所はチリのアタカマ砂漠が想定されており、2024年頃の完成を目指します。天体望遠鏡に使える高い精度の鏡のサイズ限界は理論的には9メートル程度なので、E-ELTではさらに小さな鏡1050枚を組み合わせたハニカム構造で最大口径48メートルを目指します。

Chapter-566 次世代巨大望遠鏡は未完成で進行形 OWL望遠鏡
ESO Telescope Systems Division

巨大マゼラン望遠鏡

巨大マゼラン望遠鏡(Giant Magellan Telescope、GMT)は、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡との連携観測を主目的とした超大型地上望遠鏡です。主鏡は8.4メートルの円形の鏡を7枚組み合わせた合成鏡で、有効口径は24.5メートル、分解能はハッブル宇宙望遠鏡の10倍となる見込みです。中間赤外線でブラックホール、暗黒物質、原始惑星、初期の宇宙などの観測を行います。南米チリの山の上で2012年3月に建設が始まっており、2021年に観測開始の予定です。

Chapter-566 次世代巨大望遠鏡は未完成で進行形 巨大マゼラン望遠鏡
Giant Magellan Telescope - GMTO Corporation



この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。
ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。
無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。
有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

細胞内をダイニンが動いているのが見えた

細胞の内部では細胞核から細胞の外側へ、また外側から中心方向へミトコンドリア、RNA、タンパク質などたくさんの物資が輸送されています。この輸送システムはレールの上を走行する貨物列車にそっくりで生命現象の解明の観点とナノマシンとしての観点の両面から非常に注目を集めています。

中央大学、大阪大学、理化学研究所の研究グループはこの細胞内貨物列車タンパク質「ダイニン」が動いているところを電子顕微鏡で直接観察することに成功しました。

細胞の中心から外側へ向かって下り方向で物資を運ぶ貨物列車タンパク質をキネシン、逆に細胞の核から遠いところから中心方向へ物資を運ぶ・あるいは回送で空荷で戻ってくる貨物列車タンパク質をダイニンと呼びます。下の写真はダイニンがレールである微小管上を移動している様子です。矢印の先に見えるリングのような頭がくっついた分子がダイニンです。中央の幅の広い構造は微小管と呼ばれる、鉄道で言えばレールに相当する構造物で、微小管はあたかも鉄道ネットワークのように細胞内に張り巡らされていて、この上をキネシンとダイニンが行き来しています。

細胞内をダイニンが動いているのが見えた

ダイニンは2つのリングを持つ分子が結合した二量体と呼ばれる構造をしていますが、移動中はリングが重なったり離れたりを繰り返しているため、写真に撮ると上のようにリングが重なって1つだけに見えるダイニンと2つのリングが離れて見えるダイニンが写っていますが、どちらも同じものです。

また1個のダイニンについて連続写真を撮影し、それを重ね合わせたところ・・・

細胞内をダイニンが動いているのが見えた

ヒンジ部分を固定したような状態でリングの頭部分を大きく前後に振り動かしながら移動していることがわかりました。写真の上の方に見えているつぶつぶはレール(微小管)です。

このように大きな頭をブンブンと振り動かしながらレールの上を移動しているしくみが発見されたのは初めてのことです。細胞の中ではこのような分子がひっきりなしにワサワサと頭を振りながら絶えず行き来して細胞の中の物流を担っているようです。
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

火星に液体の水が流れている

火星探査機「マーズ・リコナサンス・オービター」の観測により、火星に水が存在する証拠が確認されました。火星の斜面のいたるところに見られる暗い筋模様は、塩を含んだ液体の水と推定されています。黒い筋の様子は季節と共に変化し、気温が高い時期に暗い筋が最も広くなります。

火星に液体の水が流れている
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

「だいち3号」(仮称)開発決定

地形の起伏の詳細計測や災害状況の観測に活躍している陸域観測技術衛星「だいち2号」の後継機について、2016年度から開発に着手し、2020年に打ち上げることを文部科学省が明らかにしました。

新型は同時に観測できる地表の範囲を東西100~200キロに広げ、広大な範囲の高低差を数センチの制度で一気に計測することが可能になります。南海トラフ巨大地震では東西方向に広い範囲で被害が発生することが予想されており、そのための対応ではないかと思われます。


2015-10-04 : 人工衛星 : コメント : 0 :

日立製作所がiPS細胞研究に協力

京都大学iPS細胞研究所は日立製作所が健康な人から採取した血液からiPS細胞を作り難病の再生医療に応用する研究を開始すると発表しました。

日立が運営する日立健康管理センターで採取した血液を匿名化してiPS細胞研究所へ提供し、「健常人iPS細胞パネル」と呼ぶ枠組みを構築して、健常人と患者の遺伝子発現の違いの研究や、新医薬品の研究に活用されます。


2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

蛍光色に光るウミガメ発見

蛍光色に光るウミガメ発見
David Gruber

上の写真は南太平洋のソロモン諸島で絶滅寸前になっているウミガメの一種です。初めて発見された蛍光で光るは虫類です。蛍光とは照射した光とは別の色で光を発する性質のことです。蛍光は光を吸収して活性化し別の波長の光を出す分子が存在していなければなりませんが、このカメは絶滅寸前のためどのような蛍光物質が、どのような代謝メカニズムで生み出されているのかはわかっていません。

上の写真はこのウミガメに青い光を照射して撮影した姿です。
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

アンモニアガスタービン発電

アンモニアは容積あたりの水素原子含有率が高いため、水素を大量に貯蔵・輸送するための材料(=水素キャリア)、特に発電用途において活用するための研究が積極的に進められています。

そんな中、東北大学が100%アンモニアガスによるガスタービン発電(41.8kW)に成功しました。100%アンモニアは燃料中に炭素原子を全く含まないため、二酸化炭素を全く放出しない発電が可能です。

アンモニアを燃料とした発電についてはこれまで、アンモニアが着火しにくいこと、アンモニアの燃焼が遅いことなどが理由で実用化されていませんでしたが、タービンの改良やガスタービンの起動時の20分間だけ灯油を燃焼させて発電機を立ち上げその後100%アンモニア燃焼に移行する技術の開発によってアンモニア専燃のガスタービン発電が可能になりました。

アンモニアは水素を直接扱うよりも船舶輸送や陸上のタンク貯蔵に有利です。瞬間的な大出力が必要な自動車用途には水素、発電所のように長時間動かし続ける用途にはアンモニア、など使い分けることによってより環境負荷の小さなエネルギー供給が可能になりそうです。
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

SAM de 長寿

カロリーを制限すると寿命が延びます。

これは酵母のような単細胞生物からショウジョウバエ、マウス、ヒトまで確認されている事実です。「カロリーを制限する」ことの実態はこれまでよくわかっていませんでしたが、最近の実験によると重要なのは総カロリーではなく、メチオニンというアミノ酸を制限することで寿命が延長することが示唆されています。

東京大学の研究グループは、メチオニンから合成されるSアデノシルメチオニン(SAM)という分子の代謝が寿命延長の決定要因であることをショウジョウバエを用いて明らかにしました。ショウジョウバエにはSAM量を一定にしようとする仕組みがあることが発見されましたが、詳しく見てみると老化したショウジョウバエの体内ではSAM量の調節機能が低下し、SAMが増加していました。
遺伝子操作でSAM量の調節能力を強化すると代謝が促進され加齢に伴うSAM量の増加が抑えられ、寿命が延長しました。一方で、SAM量を調節する能力を失わせたショウジョウバエでは、カロリー制限による寿命延長効果が無くなりました。

これらの実験結果から考えると、どうやらSAM量が増えすぎないように調節することが寿命延長の鍵のようです。同じ代謝経路はヒトにもありますので、人間においても寿命延長は同様のメカニズムに依存していることが考えられます。
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

大迫力の冥王星画像

大迫力の冥王星画像
NASA/JHUAPL/SwRI

上は冥王星探査を終えて太陽系外縁天体探査に向かっているNASAの探査機「ニューホライズンズ」が冥王星最接近時に撮影した画像です。

大気にはいくつかの層に分かれたもやが、地上には山々や氷河が写っています。これらの地形を覆っているのは水ではなく、窒素の氷です。冥王星には気象現象があり、天気もあり、地球の水循環に相当する凍った窒素の循環があるようです。
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

リンパ球(改)でがん治療

山口大学の研究者らががん患者の血液から取り出したリンパ球を遺伝子操作で改変し、強力ながん治療効果を付与した後に患者に戻す新たな治療方法を開発しました。

改造リンパ球の表面には特定の蛍光物質に結合する「キメラ抗原受容体」と呼ばれる分子が付与されています。がん患者に、がん細胞に結合する性質のある蛍光物質を投与したうえで、この改造リンパ球を投与すると、患者の体内でがん細胞と蛍光物質が結合し、さらにそこに改造リンパ球が結合して、リンパ球が元々持っている免疫作用によってがん細胞を選択的に攻撃します。

同様の治療方法はすでに米国で開発されていますが、米国法はリンパ球自身にがん細胞に結合する能力を付与しています。山口大学の方法の異なる点は、蛍光分子を結合用アタッチメントとしてがん細胞とリンパ球の間に挟み込んで結合する点で、アタッチメントのがん細胞側の構造を変化させることによって様々ながん細胞にリンパ球を結合させることができ、さらにがん細胞が耐性を持ちにくいと思われる点です。

また、がん細胞に結合しないニセアタッチメントを患者に投与することによって、免疫反応の効き過ぎを調整することも可能です。
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

汚泥発電

家庭や事業所から排出される汚泥には大量の有機物が含まれ、天候などの影響を受けず排出量が一定しているので、優良なエネルギー源になり得ることが数十年前から知られていました。ですが、これまではほとんどが焼却処分されその熱の回収などは行われていませんでした。

それが法整備と新技術の開発で汚泥のエネルギー源としての汚泥の利用が注目を集め始めています。汚泥をタンクに貯めて微生物の力で発酵させ、メタンを得ます。得られたメタンガスはガスエンジン発電の燃料になりますし、燃料電池に投入してメタンから水素を取り出して燃料として使用することも可能です。福岡市では汚泥から作った水素でトヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「ミライ」を走らせています。

国土交通省の試算によると汚泥をすべてエネルギー源に使用できたと仮定すると88万戸分の電気をまかなえるとされています。
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

男を父親らしくする脳の部位

マウスの場合・・・人間にもある程度は言えることですが・・・自分の子どもがいない雄マウスは子マウスに対して攻撃的ですが、自分の子どもを持ったことがある雄マウスは子どもを育てる行動をとるなど父親らしくなります。その変化を司っている脳の領域「cMPOA」と「BSTrh」を理化学研究所の研究者らが特定しました。

未婚雄マウスの子マウスに対する攻撃行動には「BSTrh」と名付けられた脳の特定領域が重要であり、また父親マウスの養育行動にはそことは異なる「cMPOA」という領域が重要であることがわかりました。

・cMPOA(養育部位)にはBSTrh(攻撃部位)の働きを抑える能力がある
・cMPOA(養育部位)を遺伝学的手法で活性化すると子どものいない雄マウスでも子マウスへの攻撃が減弱する
・メスとの交尾経験後はcMPOA(養育部位)が活性化する
・cMPOAとBSTrhの脳部位の活性化状態を測定するだけで、95%以上の高精度でその雄マウスが養育型か攻撃型かを推定できる

などの実験結果から父親になる時にはBSTrhに対しcMPOAの活動が優位になることで、子への攻撃をやめ養育する「父性の目覚め」が起こる可能性が示唆されました。

男を父親らしくする脳の部位
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

金属の記憶力

広島大学の研究者らが熊本大学、慶應義塾大学、理化学研究所と共同で液体の金属が固体になった時の結晶構造を記憶していることを発見しました。液体は原子同士の結合が無いと考えがちですが、実は固体状態と相関のある原子同士のつながりが保持されているようです。

今回の金属の記憶力はは大型放射光施設「Spring-8」を使ってビスマスを調べた結果、発見されたものです。
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

甘いトマト

私は最近の甘くなったトマトを食べるたびに、30年以上前のそれほどおいしくないトマトを懐かしく思います。昔、トマトは子どもの嫌いな食べ物の筆頭でしたが、最近はトマトの味が改善(というべきかどうか・・・)されて、トマトもとてもおいしい食べ物になりました。

甘いトマト
Kaz Vorpal

トマトは醤油をつけて食べることが一般的ですが、筑波大学の研究者らは1万種類を超えるトマトの遺伝子変異体の中からとても甘いトマトを実らせる株を発見し、さらに高糖度にする遺伝子変異を特定しました。

現在流通している甘いトマトは与える水を減らすなどの栽培上の工夫で甘くしていますが、生育が悪くなって収穫量が減るなどの問題がありましたのでこの遺伝子(非公開)を勝代言うすることによって、十分な収穫量を確保しつつ甘いトマトが開発される模様です。
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

PM2.5が原因で早死にする人

中国ではPM2.5(微小粒子状物質)などによる大気汚染が原因で、寿命を全うできずに死ぬ人が1年間で136万人もいるとドイツや米国の国際研究チームが発表しました。
「やっぱ中国ひどいな」
と思うのは早合点で、日本でも年間2万5000人が早死にしていると見積もられています。
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

世界初の心不全治療用の再生医療製品

テルモ株式会社が再生医療等製品として厚生労働省に申請していたヒト(自己)骨格筋由来細胞シート「ハートシート」が承認を取得しました。この製品は患者自身の細胞から作成されるため、拒絶反応の心配が無い点が特徴です。

重症心不全の患者の大腿部から筋肉組織を採取し、細胞(骨格筋芽細胞)を培養してシート状に育てます。このシートを患者の心臓表面に移植することで、重症心不全の病態改善を目指します。

世界初の心不全治療用の再生医療製品
テルモプレスリリースより引用

今回の承認は条件付きのため、今後患者における治療効果が確認できること、患者の生存率が高まることを検証することが厚生労働省から期限付きで求められており、さらなる治療研究が続きます。
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

QR