今日読んだ本「軍艦島の生活」

今日読んだ本
「軍艦島の生活」<1952/1970> 創元社

軍艦島の生活
軍艦島の生活

軍艦島の写真集はたくさん発行されていますが、これは廃墟写真ではなく、島が生きていて、その上で多くの人々の暮らしが動いていた頃の写真に限定した写真集です。最盛期の1952年(当時の4,931人)と閉山3年前の 1970年(当時の人口 2,732人) の風景を同じアングルで撮影した写真が比較できるように多く掲載されている点が新鮮です。

過酷だけれど裕福な暮らしが美しいカラー写真で紹介されています。また、、多数の間取り図が同じ縮尺で掲載されていて、当時の島の住居が炭鉱長社宅を頂点とする強烈な階層社会になっていたことがよくわかります。

軍艦島の写真集は何冊も買いましたが、そろそろ当時の写真は出尽くしたかな、、感がありますね。
スポンサーサイト
2016-01-31 : 今日読んだ・・・ : コメント : 0 :

音声チック症状をサルで再現することに成功

トゥレット障害(トゥーレット症候群)は、一般にチックと呼ばれる神経精神疾患のうち、咳払いや声などを発してしまう「音声チック」症状と、まばたきや顔しかめなどの動きを繰り返し行ってしまう「運動チック」症状が、共に1年以上にわたって継続する神経発達障害のことです。子供の頃に発症しますが、多くは18歳までに消失します。18歳未満の発症率は0.1~1%と比較的高いのですが、有効な治療法は現在も確立されていません。

病気の治療薬を開発するには、人間の病気を実験動物で再現し、治療薬候補物質の効果を実験で試すことが有効です。このたび、放射線医学研究所や韓国脳科学研究所などの共同研究チームが世界で初めて音声チック症状を持つ実験動物の開発に成功しました。サルの側坐核と呼ばれる脳部位の活動を興奮状態にすることにより、人間の音声チックが再現されたものです。

また、このサルの脳を解析することによって、音声チックのメカニズムもわかり始めました。
PETを使った脳活動の観察結果によると、このサルは音声の発声に関わることが知られている前部帯状皮質という部位で脳活動が過剰に活動しており、さらに、口や顔面などの発声運動と関係している筋肉を動かしている脳領域の神経活動が同期することによって音声チックの症状が発現するという脳のメカニズムも明らかになりました。

今回、音声チックを再現したサルで明らかになった病気のメカニズムをターゲットにした分子は音声チックの治療薬になる可能性があります。
2016-01-25 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

昨日買った本

昨日買った本

昨日買った本
「仕事ができる人の情報センス」 藤井孝一さん著 三笠書房 ・・・なんか、売れているらしいので
「民間薬の科学」 船山信次さん著 SBクリエイティブ ・・・おびおが書いていたら「マンガでわかる」シリーズになってかも
「狂気の科学」 レト・U・シュナイダーさん著 東京化学同人 ・・・科学史とか科学者史はやっぱりおもしろい
「化学 2月号」 化学同人 ・・・定期購読はやめたのです(スイマセン)
「伝わるデザインの基本」 技術評論社 ・・・どんなにトレンドな資料を作っても、それを見る側の感性が古いと役に立たないのですけどね
「世界最高のバイオテク企業」 ゴードン・バインダーさん著 日経BP ・・・こういう企業物は高校生の頃から好きでした
「軍艦島の生活」 創元社 ・・・未公開写真9割以上がウリの軍艦島写真集・・・だけど、被写体が同じだから・・・
2016-01-25 : 今日買った・・・ : コメント : 0 :

クロールを科学する

筑波大学、東京工業大学、シドニー大学などの研究グループが、クロールで泳ぐ際に最適な腕の動かし方について、科学的に研究を行いました。

普通の人はあまり意識したことが無く、わりとテキトーに腕を動かしているのでは無いかと思いますが、クロールの腕の動かし方には曲線的に水をかくS字型と、直線的に水をかくI字型の2通りの泳ぎ方があります。両者について流体力学的観点からデータの計測・解析を行ったところ・・・

・中長距離はS字型
・短距離ではI字型

が競泳の観点からは有利であることがわかったということです。

よりスピードが出るのはI字型なのですが、S字型はより少ない身体発揮パワーで推進力を得ることができるため長時間泳ぎ続けるには有利なようです。しかも、S字型とI字型では推進力を生み出す流体力学が異なることもわかりました。

クロールを科学する

2016-01-25 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

今日読んだ本「モモノフミ」

今日読んだ本「モモノフミ」

今日読んだ本「モモノフミ」

Twitterでつながっている詩人桃ノ原レイさんの詩集です。
私自身は文学的作品を創り出す側にはちょっと縁が無いのですが、言葉が巧みに練られて芸術に昇華した詩や俳句は好きです。
とは言いながら、純粋な詩集を手にするのは久しぶりです・・・。

私は高校時代、文系クラスにいましたが、ひょんなことから山口大学の農学部に飴山實先生(故人)なる、日本の文人100人のお一人である先生がおられることを知りました。しかも、科学の世界でも工業的発酵生産においては、超有名な神様のような先生だとか。

「俳句の世界でも有名で科学者でもスゴイとかなんかおもしろい人」

と思ったわたしは、その瞬間に理転して山口大学を目指したという経緯がありました。高校3年の途中で理転という無茶をしたせいで先生には疎まれ、クラスメイトが世界史をやっている間にせっせと数学の問題を解いていた私はカンペキにぼっちになっていました・・・。

話がそれました・・・

「モモノフミ」を漢字で書くと「百の書」なのだとか。あらゆることを書き記すことを意味しているそうで、まるで学天則みたいですが、世界のあらゆること、楽しいことも悲しいことも、戦争も平和も、科学も自然も、詩の世界で一つに昇華するとしたらすばらしいことですね。

足りないこと、足りてますか?
2016-01-24 : 今日読んだ・・・ : コメント : 0 :

読みたくもない記事を無理矢理読まされる紙媒体はすばらしい

読みたくもない記事を無理矢理読まされる紙媒体はすばらしい

「クーリエ・ジャポン」が2016年2月26日発売号を最後に10年間の雑誌の歴史に幕を閉じます。3月からは会員制デジタルサービスへ移行するとのこと。定価800円の月刊誌の「クーリエ・ジャポン」。私の身の回りで読んでいるという話を聞いたことがありませんし、比較的ビジネス雑誌の揃っている会社の1階のコンビニにでも売られていません。要するに紙雑誌としては売れなくなったのでコストもリスクも小さく、情報のアップデートも迅速な電子媒体へ・・・ということなのでしょう。

ただ、この雑誌が電子媒体になったら・・・たぶん読みません。だって、私にとっては電子媒体をわざわざ画面で読まなければならないほど重要な雑誌ではないから。

では、なんでそれを今まで毎月読んできたかと言えば、紙版にはキーワードで記事を集めてくれる機能もなければ、多くの人が読んでいる記事を推奨してくれる機能もないからです。雑誌として、あらゆる記事が雑多に、しかもある方針に従って編集されて完成した物が、毎月有無を言わさず送られてきて、無理矢理それを読まされる・・・そこにメリットを感じているからです。

今月号の記事で言えば「ISの矛盾する論理を知る答えは彼らが熱狂する詩にあった」とかいう「マクロスかよ!!!」ってつっこみたくなるような記事。これ、ネットでタイトルだけ見てクリックして読みますかね?<自分

あるいは、キーワードで自動収集した記事を読んでいる限りにおいては、タイトルさえ目にすることが無かろう記事です。でも、雑誌で届けば読むし、たとえ読まないとしても読む or 読まないの判断は少なくともタイトルを読んで記事を想像しなければできないことなので、「へぇ、そんなことがあるのね」くらいの記憶には残るはずです。

つまり、紙媒体で送り届けられることによって、自分の興味の無いジャンルの記事、それほど読みたいと思っていなかった記事に触れることができることが雑誌体の最大の価値だと思っているからです。

キーワードによる自動記事収集は便利なので私も活用しています。でもそれとは別に新聞もあえて紙版を(電車の中で画面で)読むし、雑誌も紙で読んでいます。むしろキーワードを設定できるということは、そのことについて何らかの知識や興味を持っているということなので、それらの記事こそ、収集だけしてフォルダに放り込んでいるだけのことが多いです。

ナショナルジオグラフィックも電子版をおもしろがって読んでいたのは最初の頃だけで、今は冊子体しか読んでいません。たしかに電子版は動画のインタビュー記事なども充実はしていますが、なんか欲しい情報はコレジャナイ感がぱないです。インタビューだって文字で読んだ方が頭に良く定着される気がしますし、クジラが泳いでいる映像をわざわざ時間をかけて見なくても良い気がします・・・。時間が有り余っていれば、そういう貴重な映像を堪能したい気持ちはありますが、動画のタイムパフォーマンスつまり、かけるコストに対する得られる情報はあまり良くないと感じています。紙媒体って、作るのに手間暇かかるだけの価値は内包しているのは間違いないのでダイジにしたいですね。
2016-01-24 : 雑談 : コメント : 0 :

Chapter-581 ヴォイニッチの科学書サイエンスアワード2015

Chapter-581 ヴォイニッチの科学書サイエンスアワード2015

2015年12月23日に阿佐ヶ谷LoftAで開催したトークライブイベント「阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ 2015冬 ご注文は人工衛星ですか??二期」のBパートで発表した「ヴォイニッチの科学書サイエンスアワード2015」です。

人生の全てを記憶する人々
人生の全てを記憶する人々
人生の全てを記憶する人々
人生の全てを記憶する人々
どうして人はエネルギーを使って顔を動かして横を見るのか
どうして人はエネルギーを使って顔を動かして横を見るのか
ネコはどこから来たのか?
ネコはどこから来たのか?
ネコはどこから来たのか?
全球凍結は生への飽くなき探求だった
全球凍結は生への飽くなき探求だった
全球凍結は生への飽くなき探求だった
完全な光学迷彩を実現するメタマテリアル
完全な光学迷彩を実現するメタマテリアル
飲む目薬の研究開発
飲む目薬の研究開発
熱音響現象発電
熱音響現象発電
熱音響現象発電
うんこネタ
暗黒物質の正体は強相互作用性暗黒重粒子なのか?
暗黒物質の正体は強相互作用性暗黒重粒子なのか?
暗黒物質の正体は強相互作用性暗黒重粒子なのか?
暗黒物質の正体は強相互作用性暗黒重粒子なのか?
暗黒物質の正体は強相互作用性暗黒重粒子なのか?
ダークマター探査衛星「悟空」
暗黒物質の正体は強相互作用性暗黒重粒子なのか?


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。
ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。
無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。
有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。
2016-01-24 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

Chapter-580 脳活動から予測したシーンを解読

私たちが日常生活を送る上で将来を予測することは非常に重要です。ライオンと遭遇したときに、逃げないと食べられるかも、という予測ができなければ死んでしまいます。また、ネットの記事で見たラーメン屋さんに行くときに、次の角を曲がればお店が見えるかな、店の前に列ができているかもしれないな、といろいろと想像するときには映像として予測をしながら歩いているはずです。「人が並んでいるかも」という文字を思い浮かべてその様子を予測する人はいないはずです。

脳活動から予測したシーンを解読

そういった心の中での予測について京都大学の研究者らが核磁気共鳴画像 (fMRI)で脳の活動を読み出すことによってコンピューター上に再現することに成功しました。実験参加者にまずこれから行う迷路ゲームに使用する地図を見てもらいます。その後に、fMRI 装置の中で迷路脱出ゲームに挑戦してもらいます。迷路を進みながら次に進むマス目が壁か通路かを予測してもらったところ、ゲームの前に迷路の地図をすでに見ていましたので正答率は9 割以上でした。おそらくこの時には実験参加者はその先が壁か通路か、つまり、まだ見えていない先のシーンを、記憶した地図を頼りに頭の中で映像として思い浮かべて予測しているものと思われます。

実験参加者が迷路を思い浮かべている最中の脳の活動をfMRIで読み取り、そのデータを統計解析方法の一つであるスパースロジスティック回帰法を用いて解析しました。その結果、脳の特定の領域(前頭葉内側部と頭頂葉)で次のシーンの予測に特化した活動があることが明らかになりました。

風景写真を地図上に配置すると、その地域の風景が想像できるのと同様の手法で、脳活動から読み取った予測を迷路上に配置して地図の復元を行いました。その結果、復元された地図は、実験に用いた地図と7 割以上の一致度となりました。また、脳活動から復元した地図は迷路予測ゲームの正答率が高い実験参加者ほど精度の高い地図が再現されました。

現在の脳活動の読み取り技術では迷路のような大まかなパターンしか再現することができませんが、このことは人が心の中で想像していることを画像化することが可能であることを示唆しています。たとえば、紙芝居式のゲームを開発するとき、現在はあらかじめ仕込まれた分岐条件によってルート分岐が行われますが、この時にプレーヤーは次のシーンがどのようなものであるか予測しながらゲームを楽しんでいると思われます。このようなケースに今回の技術を応用すれば、プレーヤーの想像に一致しているルート分岐をしてプレーヤーの満足度を高めたり、あるいは逆にプレーヤーの予想を裏切るルート分岐をあえて行って意外な展開を楽しんでもらったりできる新次元のゲームを開発できるかもしれません。



この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。
ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。
無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。
有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。
2016-01-24 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

原子の中のテトラ

東京大学の研究者らが部屋の明かりもつけずに研究に没頭した結果、4個の中性子だけで出来た原子核の共鳴状態「テトラ中性子共鳴」を発見しました。

原子核はプラスの電気を持つ陽子とプラスマイナスゼロの中性子がバランス良く凝集することで構成されていますが、4個の中性子だけでできた擬似的な原子核を作り出すことに初めて成功したものです。行ってみれば、中性子4個でできた中性子星の誕生です。

自然界における原子核の中の陽子と中性子の数のバランスは陽子や中性子を結びつけている核力の性質と深く関連しています。これまで、中性子だけで安定な原子核を作り出すことができるかどうかはよくわかっていませんでした。今回、中性子4個の原子核(のようなもの)ができたことから、この存在状態を数学的に解析することによって、原子核の仕組みや中性子星の構造解明が進展することが期待されます。

原子の中のテトラ
2016-01-19 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

今日買った本

今日買った本

今日買った本
「2040年の新世界」 ホッド・リプソン/メルバ・カーマン 東洋経済
「夢の扉プラス」 TBS NTT出版
「SFを実現する」 田中浩也 講談社現代新書
「エコノミスト」 バックナンバー 2015年12月15日号
あと、本じゃないけど本と同じ紙製品ということで、チノさん、リゼ先輩デッキセット
2016-01-17 : 今日買った・・・ : コメント : 0 :

今日読んだ本「がっこうぐらし!7巻」「極めるひとほどあきぽい」他

今日読んだ本

今日読んだ本

「極めるひとほどあきっぽい」窪田良先生著(日経BP)

タイトルと中身は(私が思うに)全然関係がなくて、むしろ逆に基地外な程に子供の頃から「眼」に執着し、世界中の人を失明から救うという決して揺るぎない信念で創薬を続けてきた著者の半生の物語です。研究者→医師→経営者としての変遷において何を考え、どう行動したかが非常に明快に語られています。

私自身がかつては眼に関する創薬の場にいましたのでサイエンスや実務の部分で書かれていることは良く理解できますが、本書でもっとも強烈だったのは最後の方にさらっと書かれている、経営者としてすでに大成功を収めている時代の筆者が優秀な科学者に対して 「2年で奇跡を起こしてくれて本当にありがとう。でも、明日からもう職がありません」 と告げて解雇するシーンでした。 「経営するってこういうことなんだな」と雷に打たれたような刺激を受けた瞬間でした。

「がっこうぐらじ!」7巻 千葉サドル/海法紀光 芳文社

例の4人(+妹的ななにか)もついに大学生に(みーくんは飛び級か・・・)。大学の先輩として大勢の登場人物が一気に登場し、ストーリーは新しいステージへ。今回はグロいシーンはほぼ無し進行です。新たな登場人物たちもみな魅力的で「みんな悪い人じゃないといいな」と思いながら読み進めました。

ちなみに、4人が「進学」した聖イシドロス大学工学部の喜来比嘉子(きらいひかこ:愛称ヒカ)さん。もう、反則レベルのキャラデザです。これはもう、応援せざるを得ないw

喜来比嘉子さん

ちなみに、知人に見せたところ
「なんか、昔のマンガから来た人みたい」
と言われました・・・いや、確かにその通り・・・

「メガミマガジン」 2016年2月号(学研プラス)

要するに表紙買いですが、付録のごちうさメモリアルブックがとても良かったです。本誌制作とアニメ進行のタイミングのせいで10羽以降がテキトーになってるのがちょっと残念ですが。

「週刊エコノミスト」 2015年12月15日号

フィンテックとか仮想通貨とかの勉強。会社でもこういうことを知っている人が周りにいないので、せめて自分だけでも理解しておこうか・・・と。仮想通貨は電力の投入の裏付けがあるので金やプラチナと同じ扱い、むしろ信用通貨(銀行券)の方がウンヌンカンヌンは勉強になりました。
2016-01-17 : 今日読んだ・・・ : コメント : 0 :

ホウ素中性子捕捉療法

がんの新たな治療方法が実用化間近です。

ホウ素中性子捕捉療法「BNCT」と呼ばれる新しい治療方法は
・がん細胞にホウ素入り薬剤を取り込まさせる・・・トロイの木馬的な感じ
・がん細胞に中性子線を照射する・・・中性子線がホウ素に当たると放射線が発生
・薬剤を取り込んだ細胞(=がん細胞)だけが破壊される
というものです。

発生する放射線はホウ素が中性子線のエネルギーを受けてリチウムに崩壊するときに放出されるアルファ線です。アルファ線はすぐに消滅し、隣の細胞にさえダメージを与えませんのでがん細胞だけを破壊することができる仕組みです。ホウ素を取り込んだ細胞だけがダメージを受けますので、正常な細胞の中にがん細胞が散らばっているような転移したがんの治療においても適用できます。

住友重機械工業とステラファーマが2016年度中に臨床試験に入り、2018年の承認申請を目指していますので患者さんに適用されるのはもう少し先のことになりますが。
2016-01-17 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

最も遠くの高エネルギーガンマ線天体

最も遠くの高エネルギーガンマ線天体

東京大学、京都大学、東海大学などによる国際共同研究において、高エネルギーガンマ線天体としてはこれまでの観測史上最も遠くにある「PKS1441+25」を発見しました。75億光年彼方で発見されたこの天体は活動銀河核と呼ばれる超巨大ブラックホールで、上はそこの天体を近くから見た時の想像図です。

観測にはスペイン領カナリア諸島にある双子のチェレンコフ望遠鏡「MAGIC」が使用され、この天体から放出されるエネルギーを調べることによって、この天体と地球との間の宇宙空間の性質や宇宙の進化のようすを調べることができます。
2016-01-17 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

カメレオンの舌を高機能素材の開発に利用できる?

時速100km/h まで加速するに要する時間

最近では新幹線よりも速く走れるスポーツカーも市販されていますが、時速300キロで走れる車でも、日常生活でそこまでスピードを出せる場所はないのですよね・・・。で、スポーツカーの性能のもう一つの楽しみ方は圧倒的な加速力。

たとえば、停車状態から時速100kmまで何秒で到達するか、といったことはわかりやすい指標かと思います。3秒を切るかどうかが世界の頂点かどうかの境目ですが、3秒未満で時速100キロに到達できるのは
ランボルギーニ アヴェンタドール
日産 GT-R
ポルシェ918 スパイダー
まだ数車種ありますが、車名からスタイルをイメージできるのはこんな感じでしょうか。あとはブガッティ・ヴェイロンとか。

一方で、米国ブラウン大学の研究によると、は虫類、鳥類、哺乳類の瞬間的な行動の速度を実測したところ、生物でもっとも加速の早い行動はラムフォレオン・スピノススという種類のカメレオンがエサの昆虫を捕まえるときに射出する舌の動きだったそうです。体長はしっぽを除くと5センチしかないにもかかわらず、舌の長さは12センチもあり、この舌を伸ばして虫を捕まえるのですが、静止状態から時速100キロに加速するまでの時間はなんと0.01秒だったそうです。

捕まえられる昆虫の側からすれば、ほとんどテレポーテーションで目の前に舌が現れるレベルですね。
急加速、急減速、巻き取り、伸長を繰り返してもボロボロにならない舌のしなやかかつ強靱な構造は高機能素材の開発にも生かせそうです。
2016-01-17 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

右の足には金の靴、左足にはガラスの靴

右の足には金の靴、左足にはガラスの靴

「二足の草鞋を履く」という言葉がありますが、広辞苑によると「同一人が、両立しないような2種の業を兼ねること。転じて、単に二つの職業を兼ねること。」と書かれています。元々はたとえばエロゲのシナリオライターが非実在青少年運動をするような、仕事が矛盾している状態、つまりネガティブな場合を言う表現としてしばしば用いられたそうですが、最近は良い意味や尊敬を込めた意味でも使われるようですね。

 名刺交換会とか、志の高い人の中に入っての懇親会とかはあまり行かないのですが 、主催者が自分の好きな人だったりなんかするとそういう場に顔を出すこともたまにあります。そういう場でよく言われるのが上述の「二足の草鞋(わらじ)ですね」的なフレーズです。

 実は私はこのフレーズがあまり好きでは無くて、「草鞋かぁ・・・」と心の中で思ってしまうわけです。「草鞋」は「草鞋銭(わらじせん) 」などのようにたいしたことの無いたとえのように使われる用法の方が多い気がします。まぁ、相手はそこまで深くは考えて発言していないかもしれないので、わたしが個人的な印象で嫌っているのだと思います。

 先日、電車を降りて会社までの数分間の道のりで「じゃぁ、なんだったらいいのかな」なんてことをぼんやりと考えながら歩いていました。思いついたのが「右の足には金の靴、左の足にはガラスの靴」でした。二足の草鞋と表現すれば、それは区別されうる一組の草鞋が二足あるっていうことですけど、私の場合はサラリーマンも物書きもそんな区別してる感覚が無いんですよね。思考が連続しているというか、会社の席に座っている状態と、自宅の仕事場に座っている状態がシームレスにつながっていて、思考は別々ではありません。やはり、左右の足に違う靴を履いて歩きにくいながらも一生懸命やっている感じ・・・自分で言うのも変ですが。

 履いているのも草鞋なんかじゃ無くて、右の足には100年以上続く歴史ある会社でこれまでの多くの先人たちが磨き上げたものを社会への貢献や次の世代への継承の重責を担っているという気持ちを込めて金の靴、左足に履いているのはその輝きは金にだって負けはしないけれど、自分で磨き続けなければあっという間に美しさが失われ、それどころか一瞬で壊れてしまうことだってあるかもしれないガラスの靴。

 そんなね「草鞋」の一言で済ますことの出来ないものだと自分では思っているのですけど、よくよく考えてみると草鞋には「旅 」の意味を重ねる使い方もあるので、それだったら「サラリーマンと物書きの二つの人生の旅をしている」という意味であれば草鞋もまんざら悪くないねって、そんなまとまりのないことを考えながら歩いた寒い朝でした。
2016-01-16 : 雑談 : コメント : 0 :

なぜメリケン粉は病気に効くのか?

薬には「プラセボ効果」というものがあります。

つまり、患者さんに「これは最新のとてもよく効く医薬品です」と言ってメリケン粉を飲んでもらうと病気の症状が軽減される・・・という現象です。「病は気から」という言葉もあるように、「あ、この薬を飲めば治るんだ」「この薬はとてもよく効くと先生が言っている」と思うことによって、症状の感じ方が軽減されるのは十分にあり得ることです。

ですが、このことについて生命科学的に何が起きているかを調べた例はあまり多くありません。

米国・ミシガン大学の研究者らがうつ病患者におけるプラセボ効果のメカニズムを調べました。この研究で用いられた医薬品は選択的セロトニン再取り込み阻害薬といううつ病治療薬で、その比較対象としてプラセボ(偽薬)を患者さんに適用しました。その結果、プラセボによりμ-オピオイドシステムの活性化がもたらされ、これが抗うつ薬の効果に関連している可能性があることがわかりました。

このメカニズムは複雑ですが、いずれにしても「これは最新のうつ病薬なので、治るかも」と患者さんが考えて偽薬を服用することにより、実際にうつ病に関連するパラメータが変化し、症状が軽減されていることがわかりました。
2016-01-16 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

新刊の原稿ができました

新刊の原稿ができました

年末年始、パタリとブログの更新が止まっていましたけど、実は原稿の締め切りでドタバタしてました。
サラリーマンをしていますので、執筆に時間をかけられるのは土日しか無い関係で、本の原稿は出版社にお願いしていつも長い休み・・・夏休みとか、冬休みとか、GWとか・・・の直後にしてもらっています。

というわけでこの年末年始も「1日のうちで最も遠いところまで歩いたのがトイレまで」とかいう引きこもり生活をしながら・・・いや、アキバの初売りは行ったけど・・・原稿や挿絵を書いて・描いていました。それがやっとできあがりまして、アゴラ→阿佐ヶ谷→原稿締め切り の黒い三連星攻撃をなんとかカワしたという次第です。

次の本の発売日は未定なのですが・・・イラストのリライトとか、校正とか、出版社の優先順位とかいろいろ・・・夏頃には出るんじゃね? とか思ってます。正直、自分の中では前作の出来は良くなかったと思っていますので、今回は粉骨砕身、楽しい本になるようにがんばりました。発売されたら買って下さいね。

5月7日開催のヴォイニッチの科学書600回記念イベントに間に合えば良いけど・・・・
2016-01-16 : 雑談 : コメント : 0 :

月の内部構造がだいぶわかってきた

これまで月の中心部分がどのようになっているのかはよくわかっていませんでした。
40年にわたり続けられている月の回転のレーザー観測や、月の重力分布を超精密に測定できるNASAの月探査機「グレイル」の観測結果から、月の内部構造がわかってきました。固いマントルの下には想像していたよりも厚い柔らかなマントル層があるようです。

月の内部構造がだいぶわかってきた

グレイルはNASAが2011年9月に打ち上げた双子探査機で、2012年3月から3ヶ月弱をかけて月を周回しながら重力の精密測定を行いました。双子探査機が並進する場合、月の重力が大きな部分・・・つまり、月の地下の密度が高い部分・・・上空では両探査機が月に引っ張られるために距離が近づきます。一方で、密度が小さい部分上空では、軌道がわずかに上昇するため二機の間隔が広がります。これを利用して両探査機間の距離を精密に測定することによってグレイルは月の重力マップを作成しました。

ちなみに、この双子探査機、「エッブ」と「フロー」と名付けられていますが、「チノ」と「ココア」だったら良かったのに、と心の中で思っている男性諸氏も多いことでしょうね。

NASAの月探査機「グレイル」
2016-01-16 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

金星に縦縞を発見

2015年12月に金星周回軌道への投入に成功した金星探査機「あかつき」が赤外線で撮影した金星の様子がJAXAから公開されました。波長 2000ナノメートル(人間が見える可視光線は600ナノメートル付近)で撮影された画像で初めて、金星の南北方向の模様が発見されました。

この波長で撮影すると雲の厚さを反映した画像を得ることができます。明るい部分は雲が厚いことを示していますので、自転に伴う東西方向の大気の動きの他に、南北方向にもダイナミックな雲の形成が行われているようです。

金星に縦縞を発見
2016-01-16 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

今日買った本

今日買った本

1冊目 雑誌「PRESIDENT」2016年 2/1号。

定期購読なので毎号読んでます。今回の特集は「人に好かれる見た目術」
周りを見回すと、私と同世代、、あるいは上の世代の方々はなんか見た目を気にしていない人が多い気がします。バブル時代を経験しているので高級衣料には慣れ親しんでいるはずなのにどうしてそうなっちゃったのか・・・。
時には「自分は優秀なので見た目など気にしないし、見た目を気にするヤツは能力の無いヤツだ」と言わんばかりの人もいますが、、そういう人に限って能力も大したことない気がします。
見た目をきちんとしなければ出られない場所、会えない人、そういうところに出た経験が無いので自分評価で「俺って優秀」ちゃんになってるみたいです。

2冊目 「新しい道徳」北野武著

なんかはやってるみたいなので買ってみました。
食堂に入って出てきた料理がおいしくなくても、きちんと頂かないと農家の方、命を捧げて下さった動物たちに申し訳ない気がしてがんばって食べます。一方で本はあまりそういう感謝心・・・樹木さん、切り取られて本になってくれてありがとう・・・ってのが無いので、途中で気軽に放棄できますので、とりあえず買ってます。

3冊目 「究極のラーメン」

コンビニで買いました。
麺類が大好きなのでこれを見てがんばります。

4冊目 「ニュートン別冊 脳と心」

自分の手元にある「脳と心」が十数年前のバージョンだったことに気づき、最新版を購入。
脳については毎週のように新たな大発見が報告されていますので、陳腐化も早いのですがニュートンはイラストがダイナミックで視点が新しいので楽しいです。

今日買った本
2016-01-16 : 今日買った・・・ : コメント : 0 :

新刊書籍の原稿ができあがりました

ブログの更新がしばらく滞っていましたが、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

会社勤めをしている関係で、本の執筆に割ける時間は普段はそれほど多くないということで、編集さんにお願いして毎回原稿の締め切りは長期休み明けに設定していただいています。つまり、今回の本はお正月休み明けが原稿の締め切りということで、年末年始は自室に引きこもってビールを飲んで原稿を書いていました。

おかげさまで、先日原稿が完成しまして、晴れて自由の身に・・・
今年もいろいろがんばりますのよろしくお願いします。

まずは5月7日(土)の夜、ヴォイニッチの科学書600回記念の阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチを阿佐ヶ谷LoftAで開催します。
こちらは詳細が決まりましたらまたお知らせします。
この勢いなら1000回も夢じゃ無いと思いつつ、還暦の10倍という節目でみなさんと科学の楽しい話題で一夜を過ごしたいと思っています。
2016-01-13 : 雑談 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

QRコード

QR