うつ病を回復させなくても自殺は防げる

厚生労働省「自殺者の推移」データによると(こちらをクリック)、日本の自殺者数は1998年に突然、年間1万人近く増加し、その後2011年まで毎年3万人以上、1日に100人近くが自殺している異常な事態が続いていました。近年は漸減傾向にあると言っても2万人を超える人が自ら命を絶っています。

自殺の直接的原因は過労、失恋、失業、お金がない、様々ですが、多くの場合においてその背後にある神経メカニズムとしてはモノアミンの枯渇などによる意欲低下、そこから発症するうつ病だと思われます。

スウェーデン・ルンド大学の研究者らがうつ病になって自殺企図をしながらも生き抜く力を回復した人たちに対して追跡調査を行いました。入院が必要なほど重度なうつ病を発症しながらも自殺を回避できた患者13例を対象にした調査で、患者本人からいろいろな回想(告白)を得ることが出来ました。それによると・・・・
・自殺を考えたときには自分では死ぬ以外に回避するすべがないと感じる状況に追い込まれた
・他社による心のケアが自殺回避に有効だった
・「この人のために生きよう」といった自分自身の強い意志による決断が重要だった
つまり、コントロール不能になった精神状態を外部の支援を得ながら、自分を取り戻す力を自ら回復した人が自殺を回避できたと言うことです。また、この調査でわかった注目すべきは、自殺の回避とうつ病の治癒は実は関係がない、自殺回避のためにはうつ病完治は必要がなかった、ということです。

研究者らはうつ病治療とは別の問題として、長い時間をかけて家族や医師などのプロが自殺回避を目的としたケアを根気よく続けることによって自殺を防げる可能性を指摘しています。

スポンサーサイト
2017-03-20 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

細菌同士のコミュニケーション

細菌同士がコミュニケーション(情報交換)している事は専門家の間ではすでによく知られています。通信媒体としては人間の脳と同様に化学物質をシグナル物質(コミュニケーション物質)として利用しています。ですが、そのようなコミュニケーション物質が実際に自然環境中でどのように伝達しているのかよくわかっていませんでした。

仮に、水の中に絵の具を垂らすように広がるのであれば適切なコミュニケーションが取れるとは思えませんので何かそこには何か仕掛けがあるはずです。

筑波大学の研究グループは細菌を包む細胞膜が分離するようにしてできた袋状のメンブランベシクル(MV)によってシグナル物質が運搬されるのではないかと予想を立てて実験を行いました。そこで、土壌に生息している細菌を使って検証したところ、この細菌から放出されるメンブランベシクルには非常に高濃度のシグナル物質が含まれており、それを他の細菌が受け取る事ができる事が示されました。

メンブランベシクルの中にシグナル物質を濃縮して封入しておけば、単純拡散の場合とは異なり、遠くまで運ばれても薄まる事はありません。そのため、遠く離れた細菌同士のコミュニケーションも行う事ができます。

細菌同士のコミュニケーション


2017-03-20 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR