宇宙のことを私たちはまだほとんど知らないのかも

2014年にNASAのX線観測衛星チャンドラ(下図)が観測した天文現象はこれまで知られていない謎の超激しい天文現象だった可能性があります。

NASAのX線観測衛星チャンドラ

この天文現象は地球から107億光年も離れた銀河で起きたものです。
地球時間で2014年10月1日、この銀河から突然莫大な量のエネルギーの放出が始まり、わずか数分間でその銀河に含まれるすべての星の数千倍ものエネルギーが放出され、翌日にはエネルギー放出は終わっていました。

このエネルギー放出源は CDF-S XT1 と名付けられています。下の写真の下段は当時の観測データです。左から右へ時間が経過していますが、一番左のほぼ何も見えない状況から突然強烈なX線が観測され、右側の写真に向かって徐々に消えていったことがわかります。

宇宙のことを私たちはまだほとんど知らないのかも

膨大なエネルギーが一瞬で放出される天文現象としては
・中性子やブラックホールなどが衝突
・ブラックホールが近隣の天体を破壊
などが知られていますが、そのようなすでに知られている天文現象ではないことが観測データからわかっています。この銀河に何が起きたのかは謎ですが、もし、何の前兆もなくこのような激しい天文現象が起きる可能性があるのであれば、天の川銀河でもし同様の現象が発生すれば、私達は強烈なX線に一瞬で晒され、自分たちが滅亡したことも知らずにこの宇宙から消え去ることがあるのかもしれませんね。


スポンサーサイト
2017-04-08 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

鳥のV 字編隊飛行

渡り鳥がV字型の編隊を組んで飛行する姿はよく知られています。

人工飼育されたホオアカトキの背中に位置と羽ばたきを詳細に記録する装置を取り付け、鳥のV字型編隊の空気力学的エネルギー効率を調べた研究があります。 理論的には編隊の形状や羽ばたきを精密に維持できればV字型編隊は空力学的に非常に優れることがわかっています。ですが野鳥の群れがそのような統制の取れた行動ができるのかどうかについては疑問が持たれていました。

V字型編隊の空気力学的効率を最大化するには、自分よりも前を飛んでいる鳥が作る空気の渦に自分の羽の動きを同調させる必要があります。これはとても不可能なことに思えますので、V字編隊飛行の主目的は捕食者から身を守るため、あるいは、先頭の鳥がツアーコンダクター役を担うため、と考えられていました。

ロンドン大学の研究者らは羽ばたきの回数とGPSデータが毎秒5 回記録されたデータを解析しました。その結果、ホオアカトキは空気力学的効率を最大化できる最適なタイミングで羽ばたいていることがわかりました。つまり、V字編隊を組んで飛行する鳥は他の鳥と自分の位置関係を正確に把握し、気流を感じてそれに反応してはばたく能力があるようなのです。

鳥のV 字編隊飛行


2017-04-08 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

ヴォイニッチの科学書 Chapter-647 脳のスピードメーター細胞

ラットには速く走れば走るほど活性化する脳の神経細胞があることが発見され、科学者はこの細胞のことをスピードメーター細胞と呼んでいます。一方で、脳の中には自分の現在地や過去に通った場所を認識するナビゲーション細胞があることが2005年に発見されています。

脳はナビゲーションシステムからの情報を統合して脳の中に地図を作製し自分の居場所を把握していますが、ここにスピードメーター細胞からの移動情報を加えて脳内地図をリアルタイムに更新しているようです。

ヴォイニッチの科学書 Chapter-647 脳のスピードメーター細胞

脳の活動を読み取るための電極を装着したラットを走らせる実験で2497個の細胞が走っている最中に活性化しており、そのうち15%がラットの走る速度に応じて活性化したり、落ち着いたりするスピードメーター細胞であることがわかりました。

スピードメーター細胞は速度にのみ反応し、移動の方向には関係がありませんでした。 逆の実験として、数個のスピードメーター細胞からの情報を読み出すことによって、そのときのラットの移動速度を算出することもできました。脳内ナビゲーションシステムは哺乳類全体で似ていると思われていますので、人間の脳にも同様のスピードメーター細胞があるものと思われます。


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。


2017-04-08 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR