相当明るい超新星 SN 2017eaw

米国の個人天文家がケフェウス座にあるNGC6946銀河に超新星を発見しました。超新星は星が一生の最後の段階で大爆発を起こして明るく輝いたものです。
下の写真はその周辺広域の写真で、赤い2本の棒線を延長した交点にあるのが超新星です。SN 2017eaw と名付けられました。

これでも割と近い超新星 SN 2017eaw
Image Credit & Copyright: Paolo Demaria

下の写真は超新星付近を拡大したものです。周りの明るい点は天の川銀河の中の星(あるいは遙か彼方の銀河も含むかも)ですが、SN 2017eaw は天の川銀河の星と同じくらい明るく輝いています。ですが、1800万光年離れた別の銀河で輝いている星です。

これでも割と近い超新星 SN 2017eaw

これくらい明るい超新星が発見されたのは2014年1月以来とのことです。
遠く離れた天の川銀河から観測する分には、とても明るく観測しやすくて良いのですが、地球の近くでこんな星が突然現れると一体どうなってしまうのでしょうね。この超新星爆発で滅びた文明もひょっとするとあるのかもしれません。

天の川銀河ではベテルギウスが超新星爆発を起こしそうで、もし爆発すれば地球では昼間でも明るく輝くのが見えると予想されています。他の銀河の生命体からもきっとこのように観測され、

「天の川銀河で超新星発見!

  この銀河で超新星が発見されたのは400年以上ぶりの珍しい出来事!!」


と記事になるのかもしれないですね。ちなみに、天の川銀河で超新星爆発が最後に起きたのは1604年のことで、一方で NGC6946 ではこの100年間に10個も超新星が発見されています。


スポンサーサイト
2017-06-17 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :

LIGO、3度目の重力波検出

アメリカに設置された双子のレーザー干渉計型重力波検出器「LIGO(ライゴ)」が2017年1月4日に重力波の検出に成功していたことが発表されました。

アインシュタインの一般相対性理論によると質量をもった物体はすべて周辺の時空をゆがませています。さらにその物体が動くとこの時空のゆがみが光速で伝わっていくとされています。これが重力波です。重力波は2015年9月に人類が初めて観測に成功し、2015年12月に2回目、今回はそれらそれに続く3度目の検出となります。

LIGO、3度目の重力波検出

今回LIGOがとらえた重力波は、過去2例と同様に2つのブラックホールが合体した現象で放出されたものです。30億光年も彼方にある太陽の19倍と32倍の質量を持つ恒星質量ブラックホールが合体して太陽の49倍のブラックホールができ、太陽2個分の質量のエネルギーが重力波として放出されたことがわかっています。

ブラックホール連星系のでき方は2通りあると考えられています。ひとつはもともと連星系だった2個の星がどちらも超新星爆発してブラックホールになった場合、もうひとつは、別々の場所で誕生したブラックホールが偶然であって連星系になった場合です。

ブラックホールは自転していますが、ブラックホール連星系の重力波を観測すると、2個のブラックホールのもともとの自転方向が予測できます。今回の観測結果から、このブラックホール連星系は別々の場所からやってきたブラックホールが出会って連星系を形成し、ついには衝突したものだと思われます。次の図は今回観測された重力波が放出される直前、2個のブラックホールが衝突する直前の想像図です。

LIGO、3度目の重力波検出

また、下の地図はLIGOの設置場所です。遠く離れた2カ所に設置して同時にデータを取ることによって観測精度を高めています。

LIGO、3度目の重力波検出


2017-06-14 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

日本でもES細胞を医療用に作製

厚生労働省がヒトの胚性幹細胞(ES細胞)を医療用に作製する京都大学の計画を了承しました2017年度中に大学などに臨床研究に使うES細胞の提供を開始します。ES細胞はiPS細胞と同様に体内の様々な臓器になる能力があり、再生医療での活用に期待が高まっています。  

ES細胞はそのまま子宮で育てれば胎児になれる受精卵の内部から内部細胞塊を取り出して作るため、生命倫理上の観点から国内では2014年まで基礎研究用の作製に限られていました。  

海外では、ES細胞から作った神経細胞を脊髄損傷の患者に移植する臨床試験が2010年に米国で実施。このほか英国や韓国なども含めると、50例以上の臨床試験の実施例があり、医療応用を目指す動きが本格化しています。


2017-06-14 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

ナビを使うと脳は方向感覚をオフにする

脳には自分の現在地の把握や進むべき方向を解析する能力がありますが、スマホなどのナビ機能を使用しているときにはそれらの能力がOFFになっていることがわかりました。

英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究者らが、実験ボランティアに進路を指示するアプリを入れたスマホを持たせ、さらに脳の活動をfMRIで計測しながら街歩きをしてもらいました。実験ボランティアには目的地を知らせ、ある時は自分で道順を見つけて歩いてもらい、またある時は曲がり角ごとに示されるスマホの画面の指示に従って歩いてもらいました。

ナビを使うと脳は方向感覚をオフにする

その結果、自分自身で道を探しながら歩いていて進む方向を判断しなければならない時には海馬と前頭前野が活発に活動していました。海馬は方向感覚に関係し、前頭前野は計画を立てる時に活性化する脳の部位です。また、複雑な形状の交差点など、分岐点の選択肢が多いほど神経活動量は顕著でした。一方、スマホの画面に従って歩くだけの場合はそのような脳の活性化は起きませんでした。

つまり、画面で道順が示されるとわかると脳は、位置情報に関する脳機能を停止させてしまうようです。また、海馬の活動が活発な最中は、道を探すと同時にどこをどう歩いてきたのかを覚えようとしていることも研究でわかりました。


2017-06-14 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

パスワードは「脳波」で推測できる

米国アラバマ大学バーミンガム校の研究者はヘッドセットと脳波をモニタリングするソフトウェアによって、暗証番号やパスワードを推測できることを明らかにしました。今後は脳インターフェイスのセキュリティ確保が重要になってきそうです。

パスワードは「脳波」で推測できる
アラバマ大学バーミンガム校の医療施設

今後、ヘッドセット脳波計の性能が向上し、より正確な脳波を読み取れるようになれば、様々な情報が脳から勝手に読み取られる可能性があります。今のところ脳波から本人が考えていることの内容までは読み取れないようです。


2017-06-13 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

スマホで細胞を制御する

上海市の華東師範大学の研究チームが、スマホと光遺伝学の手法で細胞の機能を意図的に制御し、糖尿病のマウスにインスリンを適切に作り出させることに成功しました。

スマホで細胞を制御する
華東師範大学図書館

今回の研究では光に反応して活性化する遺伝子を使い、人間の細胞を遺伝子操作して、赤色のLEDの光を細胞に照射すると細胞がインスリンを作るように改変し、LED照明と遺伝子操作細胞を埋め込んだ基盤を糖尿病マウスの背中に移植しました。

スマホアプリでLED照明を適切に点灯させることによって血液中の標準的なインスリン量を15日間維持させることに成功しました。このような実験手法を光遺伝学と言い、光を使って細胞のある特定の機能、今回であればインスリンを分泌する機能を活性化させる手法はパーキンソン病や統合失調症など、さまざまな病気の治療法として期待されています。今回の研究は細胞をスマホで遠隔操作する点が画期的で、完全に自動化された血糖値の監視と糖尿病治療システムの実現が期待できます。

今回の研究の治療ターゲットとなる1型糖尿病の患者は、インスリン、つまり糖またはグルコースをエネルギーに変換するのに必要なホルモンを膵臓が十分に作り出すことができません。現在、1型糖尿病患者は毎日数回インスリンを注射するか、皮膚下に入れたプラスチックチューブを通じてホルモンを注入するインスリンポンプを装着する必要があります。

今回開発された方法は光に反応するように遺伝子操作された細胞を患者の体内に注入する必要があり、その細胞が体内でどの程度の時間にわたって機能を維持し続けるかもまだわかっていません。また、今回の研究の発展系として、薬を細胞の中で作る遺伝子を組み込み、それを光で活性化するようにできれば、他の病気の治療に使える可能性があります。


2017-06-13 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

超臨界水地熱発電

東京大学、九州大学、東北大学が共同で超臨界水地熱発電技術の開発に取り組みます。超臨界水地熱発電とは火山の地下約4キロメートル以上の深さにある超高温高圧の水「超臨界水」の熱を利用する次世代の地熱発電技術です。採算性などを検討した上で2050年ごろの実用化を目指します。  

水は高い圧力を加えると100度でも沸騰しなくなります。超臨界水は地下深くの高い圧力の中でマグマによって加熱され、水温は400度から500度にも達しています。現在一般的な地熱発電は深さ約2キロメートルから3キロメートルにある200度程度の熱水をくみ上げて発電しますので、それよりも高温の超臨界水を使用することによって計算上は5倍の発電量が期待できます。  

まず、東北大学や九州大学が共同で地下の超臨界水を電磁波や地震波を使って探査する技術などを開発し、あわせて強い酸性の超臨界水に耐える新素材を東京大学が開発する計画です。  

日本は火山が多く、地熱発電には適した国ですが、地熱発電に適した地域と観光地が重なっていることが多いため、大規模開発は進んでおらず、日本全体の地熱発電量を合計しても大型の原子力発電所や火力発電所の半分にも満たない現状です。



2017-06-13 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

最も熱い惑星

東京大学と国立天文台などの観測チームが地球から650光年離れた恒星の周りで表面温度が4300度に達する惑星を発見しました。太陽の表面温度は5500度ですので、それに近い温度です。

最も熱い惑星
NASA/JPL-Caltech/R. Hurt (IPAC)

この惑星は国立天文台の岡山天体物理観測所の望遠鏡などで撮影した画像を解析して発見されました。この惑星は木星のようなガス惑星で、直径は木星の約2倍で重さは約3倍です。中心の恒星からわずか500万キロメートルしか離れていない場所を36時間で公転するホットジュピターです。500万キロメートルは地球と太陽の距離の100分の3に相当します。木星のような大気組成ではこのような高温の大気は成り立たないため、全く異なる組成の大気を持つ惑星であろうと考えられています。


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。


2017-06-13 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

化学に恋するアピシウス、第14回公開されてます

一ヶ月くらい過ぎてからの告知になりましたが、美味しい料理の科学と化学とちょっと文学「化学に恋するアピシウス」の第14回が公開されてます。サイトはこちらビジネスジャーナル

今回の記事は「アスパラガス」です。アスパラガスの効能については上のリンクから記事を読んで頂くとして、今回は銀座ライオン秋葉原ラジオ会館店でアスパラガスのトマトソースオーブン焼きを頂きました(季節メニューで今は多分ないと思います)。一人メシでさらにビールを飲むので、そうあれやこれや料理の注文はできないのですが、串カツが1本からOKでしたので、それもあわせて頂いています。

化学に恋するアピシウス、第14回公開されてます

文学パートは恩師の飴山實先生の全句集から紹介させて頂きました。
次回は「鹿」の予定です。6月中旬更新予定です。


2017-06-04 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR