FC2ブログ

パスワードは「脳波」で推測できる

米国アラバマ大学バーミンガム校の研究者はヘッドセットと脳波をモニタリングするソフトウェアによって、暗証番号やパスワードを推測できることを明らかにしました。今後は脳インターフェイスのセキュリティ確保が重要になってきそうです。

パスワードは「脳波」で推測できる
アラバマ大学バーミンガム校の医療施設

今後、ヘッドセット脳波計の性能が向上し、より正確な脳波を読み取れるようになれば、様々な情報が脳から勝手に読み取られる可能性があります。今のところ脳波から本人が考えていることの内容までは読み取れないようです。


スポンサーサイト
2017-06-13 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

スマホで細胞を制御する

上海市の華東師範大学の研究チームが、スマホと光遺伝学の手法で細胞の機能を意図的に制御し、糖尿病のマウスにインスリンを適切に作り出させることに成功しました。

スマホで細胞を制御する
華東師範大学図書館

今回の研究では光に反応して活性化する遺伝子を使い、人間の細胞を遺伝子操作して、赤色のLEDの光を細胞に照射すると細胞がインスリンを作るように改変し、LED照明と遺伝子操作細胞を埋め込んだ基盤を糖尿病マウスの背中に移植しました。

スマホアプリでLED照明を適切に点灯させることによって血液中の標準的なインスリン量を15日間維持させることに成功しました。このような実験手法を光遺伝学と言い、光を使って細胞のある特定の機能、今回であればインスリンを分泌する機能を活性化させる手法はパーキンソン病や統合失調症など、さまざまな病気の治療法として期待されています。今回の研究は細胞をスマホで遠隔操作する点が画期的で、完全に自動化された血糖値の監視と糖尿病治療システムの実現が期待できます。

今回の研究の治療ターゲットとなる1型糖尿病の患者は、インスリン、つまり糖またはグルコースをエネルギーに変換するのに必要なホルモンを膵臓が十分に作り出すことができません。現在、1型糖尿病患者は毎日数回インスリンを注射するか、皮膚下に入れたプラスチックチューブを通じてホルモンを注入するインスリンポンプを装着する必要があります。

今回開発された方法は光に反応するように遺伝子操作された細胞を患者の体内に注入する必要があり、その細胞が体内でどの程度の時間にわたって機能を維持し続けるかもまだわかっていません。また、今回の研究の発展系として、薬を細胞の中で作る遺伝子を組み込み、それを光で活性化するようにできれば、他の病気の治療に使える可能性があります。


2017-06-13 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

超臨界水地熱発電

東京大学、九州大学、東北大学が共同で超臨界水地熱発電技術の開発に取り組みます。超臨界水地熱発電とは火山の地下約4キロメートル以上の深さにある超高温高圧の水「超臨界水」の熱を利用する次世代の地熱発電技術です。採算性などを検討した上で2050年ごろの実用化を目指します。  

水は高い圧力を加えると100度でも沸騰しなくなります。超臨界水は地下深くの高い圧力の中でマグマによって加熱され、水温は400度から500度にも達しています。現在一般的な地熱発電は深さ約2キロメートルから3キロメートルにある200度程度の熱水をくみ上げて発電しますので、それよりも高温の超臨界水を使用することによって計算上は5倍の発電量が期待できます。  

まず、東北大学や九州大学が共同で地下の超臨界水を電磁波や地震波を使って探査する技術などを開発し、あわせて強い酸性の超臨界水に耐える新素材を東京大学が開発する計画です。  

日本は火山が多く、地熱発電には適した国ですが、地熱発電に適した地域と観光地が重なっていることが多いため、大規模開発は進んでおらず、日本全体の地熱発電量を合計しても大型の原子力発電所や火力発電所の半分にも満たない現状です。



2017-06-13 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

最も熱い惑星

東京大学と国立天文台などの観測チームが地球から650光年離れた恒星の周りで表面温度が4300度に達する惑星を発見しました。太陽の表面温度は5500度ですので、それに近い温度です。

最も熱い惑星
NASA/JPL-Caltech/R. Hurt (IPAC)

この惑星は国立天文台の岡山天体物理観測所の望遠鏡などで撮影した画像を解析して発見されました。この惑星は木星のようなガス惑星で、直径は木星の約2倍で重さは約3倍です。中心の恒星からわずか500万キロメートルしか離れていない場所を36時間で公転するホットジュピターです。500万キロメートルは地球と太陽の距離の100分の3に相当します。木星のような大気組成ではこのような高温の大気は成り立たないため、全く異なる組成の大気を持つ惑星であろうと考えられています。


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。


2017-06-13 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR