FC2ブログ

NASA、太陽探査機を開発

意外なことにこれまで地球から最も近い恒星である太陽へ探査機を直接送り出したことはありませんでした。太陽は強力な熱やエネルギーを放出しているために探査機がそれらに耐えられないからです。太陽自体の表面温度は5500度ですがコロナと呼ばれる一番外側の大気層の温度はさらに加熱されて約200万度にもなっています。ところが、この太陽にNASAが探査機を送り込む計画を進めています。  

このNASAの太陽探査ミッションは「パーカー・ソーラー・プローブ」プロジェクトと名付けられました。たとえば、太陽の最大の謎の一つである太陽の表面よりも外層大気の方が温度が高いという温度逆転現象などの解明に挑みます。


スポンサーサイト
2017-07-05 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

センサーを使わない技術

IoTの進展であらゆるものにセンサーがつけられて情報を取得していますが、住友ゴム工業は自動車の路面の状態を調べるにあたって、センサーを使わずにタイヤの回転のわずかな回転速度のムラや振動、タイヤと路面の摩擦、ABSに伝わるブレーキのききやすさ等から解析するソフトウエアを開発しました。2020年頃までの実用化を目指すということです。  

この方法はセンサーなどの新たな電子部材を搭載する必要がなく、車両の重量増を伴わないメリットがあります。  

ソフトウエアが滑りやすい路面などを感知すると自動車内のモニター画面などに表示するなどして運転手に注意を促すことができます。また、それらのデータをネットにアップロードして滑りやすい道路がある場所を、カーナビゲーションの画面などに表示するような仕組みも作ることができます。また、自動運転自動車におけるブレーキのかけ方の制御などにも使えそうです。


2017-07-05 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

腎臓チップ

群馬大学の研究者らが腎臓を樹脂のチップの上で再現することに成功しました。腎臓は握りこぶしくらいの大きさで、形はソラマメに似ていて腰のあたりに左右一組あります。その主な機能は血液を濾過して老廃物を尿として排出することです。腎臓の機能が損なわれると体内から老廃物を排出することができなくなり、尿毒症になります。

腎臓チップは医薬品の研究をするために開発されました。医薬品が腎臓から血液中に出て行く様子を2.5センチ×3.5センチの樹脂チップ上で再現し、体内にどのくらい長く留まる性質があるかを調べることができます。もちろん、チップ上で尿に出て行かない薬の方が長時間作用が続きます。  

人体の臓器をチップ上に再現して医薬品の研究を効率化する取り組みは広く行われており、すでに胃、小腸、肝臓、血液脳関門などが同様の小さなチップで再現されています。将来的にはそれらのチップを配管で接続することにより、薬を飲んでから分解されて排出されるまでをチップ上で再現できるようになるものと思われます。


2017-07-05 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

カエルは暗いところでも色がわかる

人間は暗いところでは色が判別できません。人間の目には網膜に赤、緑、青色の光を感じとる3種類の細胞があって、それらの細胞の反応を合成することによって様々な色を認識します。これらの細胞は錐体(すいたい)細胞と呼ばれますが、色を識別できる一方で感度が低いので明るい場所でしか機能しません。

人の目にはこれとは別に桿体(かんたい)細胞という光に反応する細胞があります。桿体細胞は1種類しかなく、感度は高いものの色を識別できません。そのため、私達は暗がりでは明暗はわかるものの色を識別できません。

ですが、カエルは暗がりでも色覚を持つと言われていました。人間は一種類しか持っていない高感度の桿体細胞を、カエルは緑色を吸収する桿体細胞と青色を吸収する桿体細胞の2種類持っているからです。ですが、2種類の桿体細胞のうちのひとつには本来は明るい場所でしか役に立たない青色感受性の錐体視物質が含まれていることは矛盾しており、この桿体細胞が暗い場所での視覚を担っているメカニズムはナゾでした。

試行錯誤の過程で研究者らがカエルの青色感受性の錐体視物質のノイズを測定したところ、カエルの青色感受性の錐体視物質は、通常の桿体細胞物質と同様にノイズが著しく低いことがわかりました。つまり、カエルは本来は昼用の錐体視物質の感度を高めるのでは無く、ノイズを下げることによって相対的に感度を高め、暗い場所でも色が見えるようになっているようです。カエルの多くは夜行性ですので、このような暗がりでの色覚の獲得は生存にとって有利になったはずです。


2017-07-05 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

NTT系研究所、人と議論できるAI開発

NTTコミュニケーション科学基礎研究所は人間に対し、賛成や反対などの意見を表明して議論できるAIシステムを開発しました。ロボットからの意見の表明はロボットと会話で信頼関係を築くために必要なプロセスだと考えられ、ロボットを人間の相談相手として活用できる可能性が出てきます。  

これまで、ロボットの性能を高めることによってより人間との親和性、人間が求めるロボットのあるべき姿を追い求める研究が中心でしたが、もともと不完全である人間のような曖昧で適当なロボットを作ることによって、人間とロボットのよりよい共存を目指そうとするものです。

2017-07-05 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

ヴォイニッチの科学書 Chapter-658 ロボットにとって「今言ったことがわかりません」ということは難しい

米国ロードアイランド州のブラウン大学の研究者らは、人間の指示が理解できないとき「わからない」ことを認識し、聞き直すロボットを研究しています。人間の指示が曖昧でロボットが混乱したような場面では人間に助けを求めることによって指示者の意図を理解することが必要です。人間同士が共同作業をするときには声を掛け合うことによって意思の統一を図りますが、それと同じことができるロボットの開発を目指します。

ヴォイニッチの科学書 Chapter-658 ロボットにとって「今言ったことがわかりません」ということは難しい

人間の生活環境や仕事場にロボットを持ち込んだ時、ロボットが自分の期待と異なる行動を取った時に人間は苛立ちを感じ、それがロボット導入の障害になるケースもありました。ロボットに助けを求めさせることによって、ロボットの行動がより人間的になり、協調作業の効率を高めるのに役立ちます。

下の写真は記事とは関係ないですが日本の産総研が人間との共同作業を想定して2003年に開発したヒューマノイドHRP-2です。

ヴォイニッチの科学書 Chapter-658 ロボットにとって「今言ったことがわかりません」ということは難しい


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。

2017-07-05 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR