FC2ブログ

CRISPR/Nickase(ニッカーゼ)システム

ノーベル生理学・医学賞の最有力候補として話題になっているゲノム編集技術、CRISPR/Cas9システムですが、このシステムの最大の問題点は正確にゲノムを編集できる領域はCas9が認識できるNGG配列とそれに続く20塩基のみで、ゲノム中の60%程度にしか相当しないことです。

遺伝病の多くはたった1個の塩基が異常になっていることが原因であることが多いため、その異常がゲノム上のどこで発生していても正確かつ自在に編集できるゲノム編集技術の発展が望まれていました。

京都大学の研究者らは一本鎖切断酵素Cas9 Nickaseを用いる方法を開発しました。このCRISPR/Nickaseシステムは理論上ほぼゲノム全域を編集できます。その結果、ゲノム上のほぼすべての場所で修復編集が可能になり、ゲノム医療は大きく発展するものと思われます。


スポンサーサイト
2017-07-06 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

涙もろくなったのは感受性が豊かになったのではない

歳を取ると涙もろくなるのは、感受性が豊かになったのではなく、中枢神経系の機能が低下していることが原因のようです。  

若い頃は大脳の中の背外側前頭前野が行動や感情を制御しています。ところが、歳を取ると背外側前頭前野の機能が低下してしまいます。駅で暴れる高齢者においても同様の中枢機能低下が起きている可能性が指摘されています。つまり、涙もろくなるのもキレやすくなるのもメカニズムは共通と言うことです。


2017-07-06 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

今週の人工衛星 CANON CE-SAT-I

キヤノン電子がインド南東部のシュリーハリコータにあるサティシュダワン宇宙センターから、同社初の超小型衛星CE-SAT-I の打上げに成功しました。

今週の人工衛星 CANON CE-SAT-I

カメラの技術を応用して、上空600キロメートルから6キロメートル×4キロメートルの範囲を分解能1メートルで撮影できる光学地球観測衛星です。レンズは3720mm超望遠。検出器にはEOS 5D mkⅢを使用しています。また、広域撮影用にPower Shot S110、焦点距離24mm~120mmも搭載しています。

サイズはレンズの開口部側が一辺50センチメートル、焦点距離方向に70センチメートルで重さは50キログラム、こんなに小さいのに三軸姿勢制御を搭載しています。一方で太陽電池パネルの翼は持っておらずサイコロのような衛星です。

打上げ2ヶ月後から撮影を開始し、運用期間は2年間です。価格は一基10億円以下で、同様の衛星を100基打ち上げることによって観測網を構築する計画です。


2017-07-06 : 人工衛星 : コメント : 0 :

ヴォイニッチの科学書 Chapter-659 ギャンブル依存症の神経メカニズム

ギャンブル依存症を治療するための神経科学的な研究が進んでいます。依存症は意志が弱いからだ、などといった性格の問題として解決することはできません。

人は状況によってリスクを取るか取らないかの判断をしばしば行っています。そこで、京都大学の研究者らはギャンブル依存症の人は状況に応じてリスクの取り方を切り替える能力に障害があるという仮説を立ててそれを検証する研究を行いました。

たとえば、ギャンブル依存症の人はサッカーの試合の前半のように比較的安全な戦略が必要な状況でも、試合終了間際で負けている場合と同じような過剰なリスクを取っていると考えました。

ギャンブル依存症の人とそうではない人に実験協力ボランティアとして参加してもらい、リスクのない簡単なギャンブルからハイリスク・ハイリターンを狙わなければ勝てないギャンブルまで、実験的に考え出された課題に取り組んでもらいました。

その結果多くの人は難易度が高いミッションほどハイリスク・ハイリターンを選択するというリスクの取り方の変化が生じます。ところが、ギャンブル依存症の人は全体的にハイリスク・ハイリターンのギャンブルを選択する傾向が強いことがわかりました。

特に、リスクを取らなくてもクリアできる可能性が高い条件で不必要にリスクを取っていることがわかりました。多くの人が柔軟にリスクの取り方を切り替えているのに対して、ギャンブル依存症を治療していない人はその切り替えが上手くできていないことを示しています。

これらの実験中の脳の活動をfMRIのデータを解析するとリスク選択の切り替えには前頭前野背外側部と前頭前野背内側部の結合が重要であり、ギャンブル依存症患者の場合は前頭前野背外側部の活動が低下していることがわかりました。

ギャンブル依存症の神経メカニズム

今後はこのデータを用いてニューロモデュレーションの開発を目指すとしています。ニューロモデュレーションとは電気刺激、磁気刺激などの物理的な方法で脳に直接、介入を加え、脳の機能を変容させ、精神神経疾患の治療に応用する方法のことです。


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。


2017-07-06 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR