FC2ブログ

地球最古の生命

地球上に生命が存在した証拠をどこまで古い年代に遡ることができるかという試みは、生命の起源を明らかにすることであり、科学者のみならず多くの人の興味をひく問題です。

東京大学の研究者らは、39億5千万年前の堆積岩中に有機物の残骸微粒子を発見しました。グラファイトと呼ばれるこの微粒子は当時の海底に降り積もった生物由来物質だと考えられます。

質量分析計で放射性同位体を測定したところ、発見されたグラファイトは鉱物のような無生物的なものではなく、TCAサイクルやカルビンサイクルといった細胞内生命反応を経て形成されたことが明らかになりました。 今回の発見により、世界最古の生命の痕跡は従来の記録より1億5千万年以上遡ることになります。


スポンサーサイト



2017-10-24 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

漆黒の惑星

漆黒の惑星

カナダ、マギル大学の天文学者らが、ハッブル宇宙望遠鏡を使ってぎょしゃ座の方向約1400光年の距離にある系外惑星「WASP-12 b」を観測しました。この惑星は木星の1.7倍の巨大惑星ですが、太陽に似ている主星からの距離が太陽~地球の約45分の1しかないため、昼側の気温は2500度、夜側でも1400度もあるホットジュピター(熱い木星)と呼ばれる種類の惑星です。  

観測結果によると、この惑星は光をほとんど反射しない漆黒の惑星であるらしく、惑星へ降り注ぐ光は惑星大気の奥深くまで届き、水素原子に吸収されて熱エネルギーに変換されていると思われます。


2017-10-24 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR