2017/11/25 阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ2017年冬 開催【ご来場ありがとうございました】

11月25日開催しました阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ2017年冬「アインシュタインの子らは神のサイコロの上に歌う」に多数のご来場を頂きましてありがとうございました。スタッフ一同御礼申し上げます。

当日の様子をスナップショットでご紹介します。次回(3月下旬~4月上旬、日曜日昼開催予定)も皆様のご来場お待ちしております。

2017/11/25 阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ2017年冬
開場の阿佐ヶ谷LoftAのある阿佐ヶ谷パールセンターでは歳末ビッグセール(今も)開催中!

2017/11/25 阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ2017年冬
こちらが会場入り口です、阿佐ヶ谷パールセンターに面したビルの地下にあります

2017/11/25 阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ2017年冬
開場から開演までの1時間は飲食やコミュニケーションなどのフリータイムです。ちなみに、毎回イベントをサポートしてくれる"いつものメイドさん"の人気も密かに上昇中だそうです。

2017/11/25 阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ2017年冬
今回のテーマ

2017/11/25 阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ2017年冬
フリータイムにはいつも科学に関するスライドショーを上映しています

2017/11/25 阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ2017年冬
超高速で飛行する宇宙船の中でビールを飲むとビンの大きさが進行方向に圧縮されるので量が減って損です!!! とコロナを手に力説

#実は自分の胃袋も含めて空間全体が圧縮されるので損とは感じない・・・

2017/11/25 阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ2017年冬
アインシュタインはいろいろな宇宙現象を予測しましたが、自分のメモが値上がりすることも予測していました。

2017/11/25 阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ2017年冬
本日の元ネタ、神のサイコロ

2017/11/25 阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ2017年冬
重力波観測などの最新の話題も交えます・・・

2017/11/25 阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ2017年冬
たくさんのご来場ありがとうございました~

《以下は開催概要です》

祝!阿佐ヶ谷ロフトA 開店10周年 → 阿佐ヶ谷ロフトA 10周年記念サイト
阿佐ヶ谷ロフトAさん、開店10周年おめでとうございます。(たぶん)2012年3月の「次世代医薬」が初回だったかと思います。あんまし記録を付けていないのでよくわかんないのですけど、毎年何度ものイベントを盛り上げて下さってありがとうございます。今回もこの先もいっしょに楽しい科学のイベントを作り上げていきましょう。
祝!阿佐ヶ谷ロフトA 開店10周年

ということで、せっかくの10周年のど真ん中(プレオープンが11月21日、本番オープンが12月1日だったそうです)なのに、何のひねりもないタイトルでアレですが、変わりながら変わらない阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ2017年冬、開催します。

2017/11/25 阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ2017年冬 開催【チケット発売中】

お待たせしました。サブカルの聖地阿佐ヶ谷から科学を発信する阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ2017年冬を下記の通り開催いたします。

タイトル:アインシュタインの子らは神のサイコロの上に歌う
 科学史ってとてもダイジだと思うのです。今回はある特定の科学者をクローズアップするシリーズ「南方熊楠」に次ぐ第二弾、アインシュタインの生涯を紹介し、それにまつわる科学について楽しくごはんを食べながら考えてみたいと思います。

開催日時:2017年11月25日(土)12時開場、13時開演、15時30分頃閉演予定
開  場:阿佐ヶ谷LoftA (東京:JR総武線阿佐ヶ谷駅近く、阿佐ヶ谷パールセンター内)

チケット情報は下記の Asagaya LoftA サイトをご覧下さい。前売り2100円、当日2600円。いずれも当日会場内の飲食は別途です。
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/76215

どんなイベントなん?という方は過去の開催情報をこちらから~ 《こちら

今回も物販あります、メイドさんいます、コロナビールもロングアイランドアイスティー(お酒)もあります。遊びに来て下さいね。

スポンサーサイト
2017-11-25 : お知らせ : コメント : 0 :

太陽系の外から飛来した天体

太陽系の外から飛来した天体

太陽系に太陽系外の天体が飛来したことを人類は初めて観測しました。「A/2017 U1」と名付けられたこ直径数百メートルの岩と氷のかたまりは地球に最接近した後の2017年10月19日に発見され、時速約15万キロですでに地球から観測できない距離まで遠ざかっています。  

太陽系の天体としては移動速度が速すぎ、これほどのスピードがあれば、太陽の引力を振り切ってはるか昔に太陽系を飛び出しているはずなので、A/2017U1は太陽系の外からやってきて、太陽系を通過して再び宇宙のどこかに飛び去ろうとしている天体であることが予想できます。  

これは人類が初めて観測できた恒星間を移動する恒星間天体だったものと思われます。こと座の方向から飛んできたこの天体がいったい何だったのか、どこの惑星系から飛来したのか、これからどこへ飛んでいくのか、それは誰にもわかりません。  次の図はNASAが明らかにしたA/2017U1の軌道です。NASAのサイトではアニメーションで見ることができます。
https://www.nasa.gov/feature/jpl/small-asteroid-or-comet-visits-from-beyond-the-solar-system

この天体ははるか遠くから太陽系に到達し、あり得ないほど偶然にも太陽のごく近くを通過することによって軌道がU字型に大きく変更され、再び太陽系の外に飛び去りました。


2017-11-23 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

ありえない小さい恒星を回る巨大惑星

ありえない小さい恒星を回る巨大惑星

すでに数千の惑星系が発見されていますが、その中には私たちの想像をはるかに超える変わった惑星も見つかっています。  

英ウォーリック大学がヨーロッパ南天天文台での観測で発見した太陽系から約600光年離れたところにある非常に古い惑星系の惑星NGTS-1bは、太陽の半分ほどの直径しかない薄暗い赤色矮星のすぐ近くを木星ほどの大きさの惑星がわずか2.6日周期で公転している惑星系です。  

極端に小さな星と木星ほどもある惑星は、科学者が予想していない構造の惑星系です。現在の惑星形成理論では、小さい恒星は小さい惑星を持ち、大きい恒星は大きい惑星を持つと考えられているためです。これまでの考え方を覆されるこの発見は惑星系の形成理論にも影響を及す可能性があります。


2017-11-23 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

2030年宇宙建築の夢 内閣府がビジョン、大林組の宇宙エレベーターなど

2030年宇宙建築の夢 内閣府がビジョン、大林組の宇宙エレベーターなど

日本政府は、2030年代の早い時期に国内宇宙産業の市場規模を現在の1兆2000億円から2倍に拡大する計画を発表しました。内閣府の「宇宙産業ビジョン2030」では宇宙ビジネスのアイデアを募集し、大林組などの企業が事業化を後押しします。

大林組にはすでに宇宙エレベーター要素技術実証研究開発チームという組織体制で宇宙エレベーターの建設に向けて研究を続けています。NASAから大林組に移った研究者によると総工費10兆円、着工は2030年ごろ、竣工は2050年過ぎとなる構想だそうです。

カーボンナノチューブでつくる10万キロメートルのワイヤーを6両編成のクライマーが時速200キロメートルで上ります。上空3万6000キロの静止軌道に到達するまで180時間、約1週間の長旅です。その先のワイヤーの末端、宇宙エレベーターの終着駅までは出発から3週間かかります。


2017-11-23 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

ヴォイニッチの科学書 第679回 脳をリバースエンジニアリング

生物の特徴的な行動や振る舞いを機械で再現することによって装置の性能を向上させることがよく行われます。この技術を生物模倣、バイオミメティクスと呼びます。たとえば人間の関節をまねた産業用ロボット、イルカの身体の形をまねた潜水艦、微生物のべん毛をメカに置き換えたマイクロマシンの研究などがそうです。  

米国では、脳を模倣することによってAIをさらに人間の知能に近づけようとする、究極のバイオミメティクス研究が1億ドルをかけたプロジェクト「大脳皮質ネットワークからのマシン・インテリジェンス(Machine Intelligence from Cortical Networks:MICrONS)構想」(略称は頭文字を取ってマイクロンズ構想)として取り組まれています。ハーバード大学、ライス大学、ベイラー医科大学、カーネギーメロン大学などの共同プロジェクトで2016年から進行しています。  

囲碁、将棋など、10年前は人間優位だった思考領域においても、近年はコンピューターが人間に勝つことは珍しくなくなりました。ですが、これに満足していない神経科学者、AI科学者は多くいます。その人たちは現在のAIがマシンパワーやアルゴリズムに依存した力任せであることに不満を感じています。

ヴォイニッチの科学書 第679回 脳をリバースエンジニアリング


たとえば、人に街中を散歩している犬の写真を見せたとします。写真にはもちろんたくさんのビルや、車、人、看板、ありとあらゆる雑多なものが写っています。ですが、その人に犬はどれでしょう、と問えばイヌがどんな模様でどっちを向いていても、身体の半分が街路樹で隠れていたとしても、一瞬で正しくイヌを指さすはずです。そんな人間であれば簡単にできることをコンピューターでも実現したいと思っています。

科学者がこれに取り組む大きな理由の一つが、すでに行われているAIによるビッグデータの解析が非常にもろいものだからです。たとえば、データの中にコンピューターの誤解、誤認を誘導するようなノイズを加えて、出力結果を希望する方向に誘導する新手のAIテロが起きる可能性も否定できないためです。

マイクロンズ構想は神経科学のアポロ計画ともいわれる野心的なプロジェクトで、ラットの大脳皮質 の一辺1ミリメートルの小さなサイコロ状の領域を対象に、すべての詳細な機能と構造を図式化しようとするものです。この中には、約10万の神経細胞とおよそ10億のシナプスが含まれています。  

マイクロンズ構想では蛍光色素遺伝子を神経細胞に組み込んだり、従来の電子顕微鏡の100倍以上の4ナノメートルの解像度を持つ電子顕微鏡でスキャンしてコンピューターの中で再構成したりして、すべての細胞とシナプスの再構成を行います。さらに、各々の細胞間がどのように接続されているかを表す「コネクトーム」という配線図のような立体地図の作成と情報が次々に伝達されるニューロンの発火ルートを解析することによる脳のアルゴリズムの解明を目指します。


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。


2017-11-23 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

CRISPR-Cas9がDNAを切断する瞬間が見えた!

金沢大学の研究者らが東京大学と共同で、CRISPR-Cas9 という遺伝子編集方法の過程において、編集の第一段階としてDNAの切断が行われるシーンを動画撮影することに成功しました。日本で開発された世界最速の原子間力顕微鏡を用いて初めて実現できた成果です。CRISPR-Cas9 では酵素を使ってDNAの狙った部位を切断し、別の遺伝子を組み込むなどして遺伝子の編集をおこなう技術です。この方法は基礎研究から臨床応用に至る多岐にわたる生命科学分野において広く利用されています。

下の動画において、28秒あたりのシーンで白い矢印が画面に出ますが、矢印の指した先でDNAが切断されていることがわかります。

CRISPR-Cas9がDNAを切断する瞬間が見えた!


2017-11-19 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

H7N9鳥インフルエンザの現状

人類が滅ぶとすれば原因は何でしょうか?

小天体の衝突? 地球温暖化による食糧危機? 某近くの国の核兵器????

多くの人に忘れられている可能性の一つに高病原性鳥インフルエンザがあります。その代表H7N9型は現状は中国でたまに流行する程度ですが、米国ウィスコンシン大学の研究者らは今後この高病原性ウイルスが世界へ拡散する可能性を報告しています。

H7N9鳥インフルエンザの人から人への感染について、これまではよくわかっていませんでしたが、最近新たに発見された亜種では哺乳類から哺乳類へくしゃみなどをきっかけとした飛沫感染することが明らかになりました。ニワトリから人への感染は2013年の発見以来すでに1,600人に及んでいます。このなかで約600人が死亡し、非常に致死率の高いウルスとして恐れられています。

ところが、2016年に中国で発見されたさらに致死率の高い高病原性H7N9鳥インフルエンザウイルスは、翌2017年に人へも感染することが確認されました。今のところ、この高病原性ウイルスの人から人への感染例は見つかっていませんが、ウイルスの遺伝子は容易に変異するため、いつ人から人への感染能力を獲得した変異種が出てきても不思議ではない状態に至っています。実際に、マウスを使った動物実験ではマウスの体内で急速に増殖する能力をすでに獲得しており、フェレットを使った動物実験ではフェレットからフェレットに飛沫感染した後に脳でウイルスが増殖しフェレットが死に至ることも確認されました。

また、このウイルスには現在使用されているオセルタミビル、ザナミビル、ラニナミビルなどのインフルエンザ治療薬の効果があまり出ず、人から人への感染が始まるとタイヘンなことになる可能性があります。


2017-11-15 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

病気で不安になる仕組み

仮に私達に免疫機能が無かったら、ちょっとした風邪などの感染症でもあっという間に全身は病原菌の巣になっていしまうはずです。弱い病原菌には日常的に感染していますが、それでも平気でいられるのは私たちの体を守る免疫細胞がいるからです。

理化学研究所の研究者らは遺伝子の変異で免疫系が活性化したまま止らないマウスの血液成分を分析したところ、いくつかのアミノ酸量が著しく減少していることがわかりました。これは免疫細胞が活性化して血液中のアミノ酸を大量に取り込んでしまうことが原因だと思われます。  

これら減少したアミノ酸はエネルギー生成に必要であると同時に、神経伝達物質の材料でもあります。そのため、免疫系が活性化したままの状態にあるマウスでは脳内の神経伝達物質も減少し、不安や攻撃性を制御する能力が低下している可能性があることがわかりました。実際にそのようなマウスでは、不安な時にとる行動が通常のマウスより多く見られ、恐怖に対する反応も過剰になっていました。

私達が病気になると普段以上に不安感を感じたり、ものごとを悪い方に考えたりしてしまいがちなのは、感染症の防御機構として活性化した免疫機能が脳に必要なアミノ酸を消費してしまうためであるものと思われます。


2017-11-12 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

太ると食欲が止まらないのは仕方が無い

基礎生物学研究所の研究者らが太ると食欲が止まらなくなる原因となる酵素を突き止めました。

肥満ではない人は脂肪細胞から分泌されるレプチンというホルモンが脳の摂食中枢に作用して食欲を抑えていますが、肥満になると脳の摂食中枢で「受容体様タンパク質チロシン脱リン酸化酵素(RPTP)」の一種RPTPJという酵素が増え、レプチンの作用を弱めていることがマウスを用いた実験で分かりました。 RPTPJの遺伝子が無いマウスは高脂肪食を12週間与え続けても食欲の増加はなかったため、RPTPJの働きを阻害する薬は肥満の新しい治療薬になる可能性があります。


2017-11-11 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

岩石惑星を飲み込んだ恒星クロノ

米国プリンストン大学の研究チームは、カシオペヤ座の方向約350光年彼方に位置する恒星HD240430が地球換算で15個分の惑星を飲み込んだらしい痕跡を発見しました。

岩石惑星を飲み込んだ恒星クロノ

この星はギリシア神話にちなんでクロノスと名付けられました 。クロノスは連星で、もう一方の星HD240429との間隔は2光年も離れていて連星の公転周期は約1万年と推定されています。どちらも太陽に似た星で年齢は太陽より少し若い40億歳程度です。 連星のうちクロノスにだけ、マグネシウムやアルミニウム、ケイ素などの岩石に含まれる元素が異常なほど大量に存在してることがわかりました。このことはクロノスが大量の岩石惑星を飲み込んだと考えれば説明できます。 これまで、恒星は水素からヘリウム、リチウムと年齢が高まるにつれて思い元素が現れるとだけ考えられていましたが、今回の研究は惑星を大量に飲み込むことによって恒星の化学組成が明らかに変化することを示した新たな発見です。

《クロノス》
ギリシア神話の神。ローマのサツルヌスと同一視された。ウラノスとガイアから生れたティタンたちの末弟だが、ガイアのすすめに従い、ウラノスを去勢して、父が保持していた天界の王位を簒奪した。姉妹のレアと結婚したが、彼も父と同様、自分の子に王位を奪われる運命にあると知らされ、レアの生む子供たちを次々に生きたまま腹の中に飲み込んだ。しかし末子のゼウスだけは、産着に包んだ石を赤子だと偽ってクロノスに飲ませたレアのおかげで救われ、成長後、まずクロノスに兄と姉たちを吐き出させ、これと協力してクロノスとティタンたちに挑戦して、予言どおりその王位を簒奪し、クロノスらを地下のタルタロスに閉じ込めた。クロノスが支配した時代の人類は黄金の種族で、楽園の生活をおくったとされる。
(ブリタニカ国際大百科事典 2016年版)


2017-11-11 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

ヴォイニッチの科学書 第678回 中性子星合体の重力波を初観測

2つの中性子星の衝突によって発生した重力波が初めて検出されました。今年のノーベル賞でもあった重力波ですが、これまで観測された4つの重力波はすべて2つのブラックホールが合体した際に起こったものでした。中性子星はブラックホールとはまったく「成分」が異なるため、中性子星の衝突からは放射線を帯びた金属性の破片が放出され、それらは望遠鏡でも観測可能です。

ヴォイニッチの科学書 第678回 中性子星合体の重力波を初観測

レーザー干渉計重力波天文台「LIGO」が検出したこの新たな重力波をNASAのフェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡も同時に捉えました。このガンマ線は、中性子星同士が衝突した際の特徴である短時間ガンマ線バーストだと考えられています。 発振源はカリフォルニア大学サンタクルーズ校の研究者によって楕円銀河「NGC4993」の端の方であることが突き止められました。(下写真) ヴォイニッチの科学書 第678回 中性子星合体の重力波を初観測

この爆発を世界各国の天体望遠鏡を動員して電波からガンマ線まで、あらゆる波長域で観測したところ、金、プラチナ、ネオジムなどの重金属を検出することができました。中性子は重い元素を多く含んでいるので、中性子星が破壊されれば今回のような金属原子が大量に宇宙空間に放出されるはずです。 今後は2つの中性子星が衝突した後には何が残されるのか、それがブラックホールなのか、あるいは異常に大きな中性子星なのか、そういったことを解明する計画です。


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。


2017-11-11 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

天才数学者 オイラー

天才数学者 オイラー

スイス出身のレオンハルト・オイラーは世界一美しい式、オイラーの等式を発見した18世紀の数学者であり天体物理学者です。数学マニアでオイラーというあだ名で呼ばれたかったのに、ハウマッチという残念なあだ名を付けられてしまった直江津市役所で会計士の老倉育さんとは実は関係ありません。

ベルヌーイの定理で有名なスイスの数学者ベルヌーイ の指導を受け、23歳でペテルブルクのアカデミーで物理学を講演を行い、26歳でベルヌーイの後任として数学の教授。その後、エカテリーナ1世 の突然の死で故郷のロシアは政情不安となり、ベルヌーイと共に東ドイツに移住し、25年間のベルリン在住でのアカデミー数学部長を務め59歳でペテルブルクに戻りました。

ベルリン滞在中に右目を失明、ペテルブルクに戻って64歳の頃両目を失明となりましたが、その後も数学の論文を口述筆記で書き続けました。

ペテルブルクに戻ってからは故郷のスイスに戻ることなく、そこで没しました。数学においては微積分学の発展に貢献したほか多方面にわたって大きな業績を残しました。29歳の時にオイラーの方程式を提出。その他、地球の自転のぶれや月や惑星の運動などについて数学的観点から天体力学の基礎をひらきました。

ベルリン滞在中のあだ名は「数学のサイクロプス(単眼の巨人)」 科学の入門書の執筆にも力を注ぎ、アルンハルト=デッサウ公女の教育のために書いた手紙を編纂した科学の入門書「Lettres à une Princesse d'Allemagne sur divers sujets de physique et de philosophie(自然科学の諸問題についてのドイツ王女へのオイラーの手紙) 」は欧米で今でも広く読まれているオイラーの最も有名な著書です。2017年10月14日に待望のハードカバーがフランス語版でForgotten Booksから出版されました。  また、オイラーの等式と呼ばれる オイラーの等式  という式を発見した人でもあります。これは、ネイピア数e、虚数i、円周率πがなぜか美しく組み合わさった神秘的な公式です。





2017-11-10 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

大人の脳もゲノム編集できる

ゲノム編集によって動物の性質を変化させる研究が非常に進展しています。ただし、これまではゲノム編集に効果があることの前提として、増殖力のある細胞が考えられていました。従って、神経細胞や心筋細胞など、細胞分裂を行わない細胞ではゲノム編集の効率が極めて低いと思われていたのです。  

ところが、マックス・プランク フロリダ神経科学研究所の研究グループは、特殊なウイルスを用いて、クリスパー-キャス9によるゲノム編集に必要な分子をマウスに導入することで、分裂を行わない成熟した神経細胞でも遺伝子配列の組み換えを起こすことに成功しました。 これによって何が起きるのかはまだ定かではありませんが、大人の神経細胞のゲノム情報を書き換えるということは、脳の機能を書き換えることができることを意味しているのかもしれません。


2017-11-09 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

雌マウスの社会的ストレスモデル

DVなどの暴力が原因で発症する女性のうつ病や不安障害を和らげる研究には社会的ストレスを再現した雌の実験動物が必要です。筑波大学の研究者らが始めて雌マウスで社会的ストレスの実験モデル動物を作製することに成功しました。

神経活動が遺伝子変異で異常になっている雄マウスで雌マウスにストレスを与えたところ、ほぼ半数が社会的ストレス状態になり、体重の大幅な減少、雄マウスの回避、不安状態などを示す行動を多くとるようになりました。

社会的ストレスは免疫系にも変化が生ずることが分かっています。特にインターロイキン6(IL-6)という炎症性サイトカインが、社会的ストレスの影響をよく受けるのですが、今回の研究においても、社会的ストレス雌マウスの血液中IL-6量の過剰な増加が認められました。このことから生理学的にもこのマウスは人間女性の社会的ストレスを再現していると判断できます。

興味深いことに、社会的ストレスモデル動物を作成する段階で雌の間でも個体差が著しいことがわかりました。ストレスを受けやすい雌と受けにくい雌の違いがどこにあるのかを明らかにすることによって女より適切な治療薬の開発の進展が期待されます。


2017-11-08 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

進撃のモウソウチク

日本の里山で見るモウソウチク(孟宗竹)は、中国原産ですが古くから日本に生育している一般的な竹です。

タケノコは日本人の重要な食糧でしたが、1970 年代から安価なタケノコが輸入されるようになり、産業としての竹林はすたれました。その結果、1ヶ月で20メートルも成長するモウソウチクの旺盛な繁殖力によって、周りの植物を日陰にして枯らしながら年に最大 3~4メートルの速さで拡大する脅威が明らかになりつつあります。 放棄された竹林は現在では主に西日本で問題となっていますが、気候変動・温暖化が進むと、東日本や北日本でも竹林が定着し、分布地域が拡大することで、地域の生態系・生物多様性や里山管理に悪影響を及ぼす可能性があります。

そこで、東北大学や気象庁気象研究所などの共同研究グループは、2012 年に東日本のアメダス周辺の竹の生育状況を調査し、今後の気候変動と竹の植生の変化の予想を行いました。

進撃のモウソウチク

温室効果ガス排出シナリオを組み合わせ解析した結果、東日本において20世紀末にモウソウチクの生育に適した土地の割合は3割程度であったのに対し、日本の平均気温が産業革命前に比べて 1.5℃上昇した場合には5割、4℃上昇した場合には8割の地域がモウソウチクの生育に適した地域に変化することが予想され、最悪、北限は稚内に到達すると予測されました。

パリ協定の目標は地球温暖化を 1.5℃に抑制することですが、人間にとってはわずかと思える気温の上昇でも、温暖な生育環境を好む外来種の分布拡大においては非常に影響が大きいことがわかります。


2017-11-07 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

ヴォイニッチの科学書 第677回 分子コンビナート

細胞の中には化学反応でいろいろな物質を作り出す、酵素というタンパク質分子が膨大な量含まれています。私達が生きていくために必要な栄養もエネルギーも細胞の材料もすべて酵素による化学反応で作られています。

ヴォイニッチの科学書 第677回 分子コンビナート

ビールも酵素でつくられます
ヴォイニッチの科学書 第677回 分子コンビナート

酵素の種類によってどのような材料を与えると、どのようなものが出来上がるか決まっています。その酵素とは関係ない材料を与えても何も作りません。 酵素の化学反応をモノ作りに活用する取り組みは古くから行われています。古代エジプトのピラミッド建設現場においては報酬としてのビールを、現在ではナタデココ、デニム染色も酵素反応です。多くの場合、そのような酵素の反応は細胞を使って行うのですが、酵素を取り出して、基盤の上にきちんとならべることができれば、それはあたかもナノスケールの化学コンビナートのように機能するはずです。

ですが、化学コンビナートがパイプやタンクを適当に並べただけでは成り立たず、きちんと部品を設計して配置するのと同様に、酵素を並べてもの作りをしようと思えば、必要な酵素を計画的に配置して、化学反応が連続して起きるようにする必要があります。これを実現するためには、酵素1分子ずつを決まった場所に並べるナノレベルの作業が必要となります。

2000年代以降のDNAナノテクノロジーの発展によって、DNAナノ構造体を連結器のように使用して酵素分子1個ずつを狙った位置に配置することが可能になりました。これは、DNAは決まった相手としか結合しない、という性質を利用して、高性能な糊として使用する技術です。

京都大学エネルギー理工学研究所の研究者らは酵素を自然状態と全く同じ生きた状態を維持して配置する糊「DNA結合性アダプター」を開発しました。 それが実際に機能するかどうかを試すために、次世代燃料として活用が進んでいるバイオエタノールの分子コンビナートを作ってみました。その結果、酵素同士を最も接近させて10ナノメートルの間隔で配置したところ、非常に速やかに化学反応が進むことが確認されました。  

多数の酵素を複雑に組み合わせれば、本来、自然界では作り出すことができないような特殊な分子も作り出すことができるようなることが期待されています。このような分子コンビナートは酵素反応を使った物質の生産や、細胞内部での酵素反応のメカニズムを解明することにも役立ちそうです。


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。


2017-11-07 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QR