バジャウ族の潜水能力

インドネシアに1000年以上にわたりハウスボートで暮らし、素潜りで食料を採集して水上生活するバジャウ族という漂海民族の人たちがいます。この人たちは長時間息を止める能力に長けていることで有名で、重りを付け、木のゴーグルだけで70メートルも潜れる人もいます。日本の海女さんはだいたい数メートル程度で、ごく一部の海女さんが数十メートル短時間潜ることができる程度ですので、この人たちの特殊性がよくわかります。

英国ケンブリッジ大学の研究によるとこの民族の人たちの遺伝子には長時間の潜水に適応する多くの変化が起きていることがわかりました。たとえば、PDE10Aと呼ばれる遺伝子の変異は特徴的で、それによって甲状腺ホルモンの分泌量が増加し、脾臓が平均1.5倍も大きくなっています。  

素潜りの得意なアザラシは全身のサイズには不釣り合いな大きな脾臓を持っていることがわかっていることから、この遺伝子変異は素潜りを得意にする原因の一つであることが推測されます。


この記事は科学のポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」です。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな科学の話題をわかりやすいまとめて配信しています。
無料版は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。
有料版はオーディオブックジェーピーで配信中です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます


スポンサーサイト
2018-07-01 : 未分類 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR