FC2ブログ

3次元物体造形装置を開発

東京大学の研究者らが新しい仕組みの3D造形装置を開発しました。この装置は「ダイナミック3Dプリンティング」と呼ばれ、小さなブロック状の材料を縦横に組み立てることで、任意の3次元形状を瞬時に造形することができます。縦、横、高さがそれぞれ10センチメートル程度の大きさでれば数秒から数十秒で造形可能です。  
ダイナミック3Dプリンティングでは、平面状に並べられたリニアアクチュエーターアレイを使い装置内に積み重ねられたブロックを上向きに押し出します。個々のブロックには磁石が埋め込まれており、ブロック同士を自動結合させることで組み立てを実現します。

3次元物体造形装置を開発

今後は、個々のブロックの内部にセンサーやLED、ICチップなどを組み込むことで、周りの状況に応じて色や質感や形が動的に変わるような機能性を持つ物体の造形や、造形時間のさらなる高速化による、3次元実体ディスプレイへの応用を目指します。

3次元物体造形装置を開発



この記事は科学のポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」です。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな科学の話題をわかりやすいまとめて配信しています。
無料版は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。
有料版はオーディオブックジェーピーで配信中です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。

スポンサーサイト
2018-11-01 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR