FC2ブログ

はやぶさ2の現状

JAXAは小惑星サンプルリターン探査機、はやぶさ2についての進捗を発表しました。はやぶさ2はすでに調査対象の小惑星、リュウグウに到着し、岩石を採取するための着陸準備中です。

ところが、リュウグウは当初想定していたよりも表面に転がる岩石が多く、着陸が難しいことがわかったため、はやぶさ2はリュウグウの上空から着陸地点の検討を行っています。

11月8日、着陸候補地点の周辺を撮影した画像が公開されました。今回公表された、リュウグウ表面、着陸地点周辺の画像は、上空100メートルから撮影されたもので、着陸に理想的な砂漠のような地形はなく、直径5メートルもの岩石がごろごろと転がっていました。

はやぶさ2の本体の大きさは1.6メートルしかありませんので、転がる岩ははやぶさ2よりもはるかに大きく、着陸の大きな障害となります。着陸候補地の周辺ではやぶさ2が降りられそうな場所は、わずか直径20メートルの広場のような場所しか見つかっていません。はやぶさ2の太陽電池パネルを含めた横幅は6メートルもあるため、着陸地点の広さに余裕がなく、太陽電池パネルやアンテナが岩石に接触すると大事故になります。そのため、非常に高い精度で着陸姿勢を制御する必要があります。

はやぶさ2の現状

着陸後はリュウグウに向けて弾丸を発射し、反動で舞い上がった岩石を回収して地球へ持ち帰ります。これを地球で分析することによって、太陽系の起源や、生命の起源を探るヒントを得る計画です。 はやぶさ2は2019年末までリュウグウに滞在して観測を続けつつ、地球に帰還するタイミングを計り、2020年末に岩石を収めたカプセルを地球に透過する予定です。

はやぶさ2の現状


スポンサーサイト
2018-11-11 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

キリンの模様は謎だらけ

キリンの特徴的な模様にはどのような意味があるのでしょうか・・・模様の意味だけでなく、模様は親から遺伝するのかどうか、など、キリンの模様については学問的にはほとんどわかっていません。 最近の研究によると、キリンの模様のうち、模様の丸みと輪郭の滑らかさは母から子に遺伝しているようです。

なお、父親からの遺伝については、まだ、まったくわかっていません。というのも、キリンの母親は自分の子供以外には授乳しないので、親子関係を特定するのは簡単ですが、キリンの父親は子育てをしないので、生まれてきた子キリンの父親が誰であるかを特定するのは困難だからです。

キリンの模様は謎だらけ

また、模様と生存率にも相関があり、模様が大きく丸みがあるほど、幼いキリンが生き延びる確率も高くなることがわかりましたが、理由はよくわかりません。カモフラージュという説もありますが、色の濃い部分と薄い部分で、太陽エネルギーの反射率が違うので、代謝に関わっているのではないかという説もあります。

キリンの模様は謎だらけ


2018-11-11 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR