FC2ブログ

カレイは海底を器用に「歩く」と判明

カレイは海底を器用に「歩く」と判明

地球上で最も非対称な生物と異名をとるカレイは小骨が少なくおいしい魚ですが、生物としてみるとその成長過程はとても不思議です。生まれた時のカレイは普通の魚っぽい外見ですが、間もなく頭の骨と軟骨がねじれて位置を変え、片方の目が頭頂部を越えて、反対側の目のそばへ移動します。それだけでも十分不思議ちゃんなのですが、米ニュージャージー工科大学とワシントン大学の共同研究でさらに不思議なことに、 

カレイは海底を素早く移動しますが、その移動方法はなんと、足を使って走っていた、ということが最近の研究でわかりました。  

カレイの平たい体の縁から伸びたたくさんの鰭条(きじょう、魚のヒレを支える線状の構造)は、ヤスデの脚のようです。カレイは鰭条のうち数本を束にして、波打たせるっように使って前に進んでいます(次写真)。 この方法は、ヤスデの歩き方に非常に似ています。また、その様子はカンブリア紀の生物も思い出させます。

カレイは海底を器用に「歩く」と判明 カレイは海底を器用に「歩く」と判明


この記事は科学のポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」です。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな科学の話題をわかりやすいまとめて配信しています。
無料版は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。
有料版はオーディオブックジェーピーで配信中です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。

スポンサーサイト
2018-11-13 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

テニスをする人は長生きだ

健康のためにスポーツをしているのであれば、競技によってその効果が違うようです。

スポーツには寿命を延ばす効果があります。デンマークの研究によると、座ってばかりいて運動不足になっている人よりも、スポーツを行っている人は平均余命が長く、特にテニスをしている人では10年近くも長いのだそうです。長寿の効果は水泳やランニングなど、一人でするスポーツよりも、テニスやサッカーなどの他の人と一緒に行うスポーツの方が高いようです。

この研究では、デンマークのおよそ9000人の人を対象に、1991年から2017年まで追跡調査を行い、死亡率を集計しました。 その結果、座っていることが多い人に比べ、平均余命の長さは、テニスで10年、バドミントンで6年、サッカーで5年、サイクリングで4年、水泳とジョギングと健康体操は3年、スポーツジムに通う人は1年半でした。

また、今回の調査から気づくのは、ラケットを使う競技の長寿効果が高いことです。アメリカのメイヨークリニックは、テニスやバドミントンなどのラケットスポーツはインターバルトレーニング、つまり、不完全な回復を挟んで運動を繰り返すトレーニングに当てはまるからではないかと考察しています。


2018-11-13 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :

母はネアンデルタール人、父はデニソワ人

ネアンデルタール人は2万年から4万年前、最後に絶滅したヒト属です。ネアンデルタール人が絶滅するまでは、地球上には複数のヒト属がいました(現在はホモサピエンス一種しか見つかっていません)。それらが種を超えて子孫を残せたかどうかについて、科学者は非常に大きな関心を寄せています。

デニソワ人は、2010年に、シベリアのアルタイ山脈のデニソワ洞窟で化石が発見された、ネアンデルタール人とほぼ同時期に地球にいたヒト属で、ネアンデルタール人と共通の祖先から枝分かれした種ですが、どのようなヒト属だったかまだほとんど何もわかっていません。デニソワ人は約39万年前に現れ、4万年前頃に絶滅しました。

ドイツ、マックス・プランク進化人類学研究所が、約9万年前に13歳前後で死亡した少女の骨の化石DNAを分析したところ、母はネアンデルタール人、父はデニソワ人であることがわかりました。異なる種を両親に持つ子供、しかも第一世代の子供の存在が実際に確認されたのは、今回が初めてのことでした。

ほとんどのヨーロッパ人とアジア人のDNAの約2パーセントはネアンデルタール人に由来するものですし、デニソワ人の痕跡も残っています。母がネアンデルタール人、父がデニソワ人である第一世代のこの少女が、人類の歴史にどのような影響を与えたのか、非常に興味深いです。 ちなみに、ヒト属はこれまでかならず複数の種が地球上におり、ある種が絶滅してもその他の種がヒト属を維持しましたが、現在の地球には、ヒト属は私たちホモ・サピエンスしか残っていない可能性が非常に高く、私たちが絶滅してしまうと、地球からヒト属が消滅することになり、ある意味、私たち自身も絶滅危惧種です。


2018-11-13 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR