FC2ブログ

忘れた記憶を復活させる薬

脳内のヒスタミン神経系を刺激する薬物を投与すると、忘れてしまった記憶をスムーズに思い出せるようになることが、マウスとヒトの試験から明らかになりました。脳内ヒスタミンは睡眠や食欲と共に記憶に関わると考えられています。神経伝達物質としてはヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬は、脳に移行すると記憶成績を低下させることがわかっています。

物事を覚えてから長時間経過すると、その記憶は思い出せなくなりますが、忘れた記憶も脳の中には残っていると考えられています。しかしながら忘れた記憶を自由に回復させる方法は存在しません。ヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬は、脳に移行すると記憶成績を低下させることがわかっていますので、逆にヒスタミン神経を適切に活性化させられれば、記憶が向上する可能性があります。

北海道大学、京都大学、東京大学の共同研究グループは、マウスとヒトに記憶実験を行い、ヒスタミン神経を活性化する薬が記憶を復活させる作用があることを明らかにしました。

38名の実験協力ボランティアにたくさんの写真をあらかじめ見せ、これら写真の記憶テストを1週間後に行いました。テストでは、トレーニングで見せた写真とトレーニングでは見せなかった写真、トレーニングで見せた写真と類似の写真を参加者に見せて、トレーニングで見たか、類似したものを見たかを質問しました。その結果、ヒスタミン神経活性化薬ベタヒスチンの投与によって、記憶テスト正解率が向上しました。詳細な解析を行った結果、もともと記憶成績が悪い参加者や難しい問題ほど、ヒスタミン神経活性化薬による記憶の改善効果が大きく認められることがわかりました。

ちなみに、実際にもともと成績が良い参加者にベタヒスチンを投与した場合は、脳の信号のS/Nが低下して成績が悪くなったということです。

忘れた記憶を復活させる薬
この記事は科学のポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」です。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな科学の話題をわかりやすいまとめて配信しています。
無料版は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。
有料版はオーディオブックジェーピーで配信中です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。

スポンサーサイト
2019-02-01 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

QRコード

QR