FC2ブログ

世界初、ネコの宇宙葬

世界初、ネコの宇宙葬
https://www.celestispets.com/

ペット向け宇宙葬サービスを行う宇宙葬サービス専門企業セレスティス社が提供するサービス「セレスティス・ペッツ」で、いよいよネコの宇宙葬が行われる見通しとなりました。人間については、2018年12月3日、約100人の遺灰を乗せた追悼用人工衛星「エリジウム・スター2」が、スペースX社のファルコン9ロケットで打ち上げられ、宇宙葬の時代が始まりましたが、ペットについても本格的に商業運用が開始されます。ネコの宇宙葬の費用は4995ドル、55万円です。

 人類初のネコの宇宙葬を契約したのは米オレゴン州に在住するスティーブ・ムントさんです。ちなみに、亡くなった愛猫の名前は「ピカチュウ」だそうです。

セレスティス・ペッツのサービスには、このほか、ペットの遺灰を詰めた容器を宇宙空間に送って無重力状態を体験させたのち、地上で回収して家族のもとにかえすサービス「アース・ライズ」や、遺灰を月におくる「ルナ」、地球の大気圏外の宇宙空間におくる「ボイジャー」といったサービスがWebサイトで紹介されています。


この記事は科学のポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」です。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな科学の話題をわかりやすいまとめて配信しています。
毎週1テーマを紹介する無料版は Apple Podcast で聴くことができます。
毎週5テーマを紹介してPDF資料も付く有料版はオーディオブックジェーピーで配信中です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます
スポンサーサイト
2019-06-14 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR