FC2ブログ

老化防止薬

臓器移植の拒絶反応を防ぐための免疫抑制剤「パラマイシン」が、老化に伴う免疫低下を改善することが動物実験で明らかになっています。また、酵母、線虫、マウスを用いた実験では、ラパマイシンが寿命を伸ばす効果を持つこともわかりました。同様の作用が人間に対しても見られるのであれば、この薬が老化防止薬となる可能性があります。

しかし、人間は様々な環境因子・遺伝的因子が寿命に影響を及ぼすため、パラマイシンを処方したとしても、その人の寿命が延長されたかどうかを確認することは不可能です。そこで、老化によって起きる身体的変化の中でも非常に重要な免疫機能の低下を抑制するかどうかを指標にして老化防止役の研究を行おうとする動きがあります。

製薬メーカーのノバルティスからスピンアウトしたバイオテクノロジー企業リストアバイオは、ラパマイシンと構造が類似した抗がん薬を用いて行う臨床試験結果を1年以内に公表すると発表しました。

今後、医薬品研究の分野において、老化をターゲットとした薬の研究は最も進んだ研究テーマになることは確実と思われます。


この記事は科学のポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」です。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな科学の話題をわかりやすいまとめて配信しています。
毎週1テーマを紹介する無料版は Apple Podcast で聴くことができます。
毎週5テーマを紹介してPDF資料も付く有料版はオーディオブックジェーピーで配信中です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます

スポンサーサイト



2019-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR