FC2ブログ

彗星型恒星間天体発見

2019年8月30日、ウクライナのアマチュア天文学者ゲナディー・ボリゾフ氏によって新たな彗星が発見されました(次写真中央)。この彗星は命名規則に従って「ボリゾフ彗星(C/2019 Q4)」と名付けられましたが、この彗星は太陽系外から飛来した天体である可能性が非常に高いことが指摘されています。

彗星型恒星間天体発見

この予測が正しければ、ボリゾフ彗星は、2017年に発見された「オウムアムア」以来、他の恒星系から飛来した天体を確認した2例目となります。これまでの観測結果から、おそらく大きさは数キロで、コマ(太陽熱により放出された、彗星の核を取り巻く塵やガス)が存在することが判明したため、オウムアムアのような岩石天体ではなく、彗星であると判断されました。ボリゾフ彗星は今後さらに太陽に接近を続け、2019年12月7日に太陽に最接近、続いて12月29日に地球に最接近し、その距離は、2億9000万キロ以下になると計算されています。

天文学の専門家の間では、天体の軌道を示すパラメーターとして「離心率 」が重視されています。軌道の離心率が0ならば、その天体は完全な円を描いてある星の周りを回っていることになります。離心率が大きくなるほど軌道はより細長い楕円になります。離心率が1より大きい場合、太陽の引力に捕捉されることなく、飛び去りますが、ボリゾフ彗星の離心率は3を超えると見積もられています。


この記事は科学のポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」です。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな科学の話題をわかりやすいまとめて配信しています。
毎週1テーマを紹介する無料版は Apple Podcast で聴くことができます。
毎週5テーマを紹介してPDF資料も付く有料版はオーディオブックジェーピーで配信中です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます

スポンサーサイト



2019-10-15 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR