FC2ブログ

日本人の好きな食べ物と病気と遺伝子の関係

理化学研究所と東京大学の共同研究グループは、日本人約16万人の遺伝情報を用いた大規模なゲノム解析により、食習慣に関連する遺伝子が存在すること、そして、それらがさまざまな病気とも多面的に関連することを明らかにしました。

これまでに、アルコールやコーヒーなどいくつかの食習慣に、遺伝子の個人差が影響していることが明らかになっていますが、日本人においては、その全容は明らかになっていませんでした。

日本人の好きな食べ物と病気と遺伝子の関係

今回、共同研究グループは、飲酒(飲酒量・飲酒歴)、飲料(コーヒー、緑茶、牛乳)の摂取頻度、食品(ヨーグルト、チーズ、納豆、豆腐、魚、小魚、野菜、肉)の摂取頻度の13品目について、遺伝子の個人差との相関を解析しました。その結果、10品目について、その食品を好む遺伝子的特徴が明らかになりました。さらに、そのうちの5カ所は、病気や臨床検査結果とも関連があることが分かりました。最も影響の大きかった遺伝子変異はアルデヒドデヒドロゲナーゼ2酵素の遺伝子で、9品目(飲酒歴・飲酒量・コーヒー・緑茶・牛乳・ヨーグルト・納豆・豆腐・魚)の食習慣に影響することがわかりました。同時にこの遺伝子変異は心筋梗塞や2型糖尿病などの12種類の病気、HDLコレステロールや白血球数などの29種類の臨床検査値に対しても関連を持っていました。

たとえば、飲酒量とヨーグルト摂取頻度は、負の遺伝的相関を示しました。これは、飲酒量の多い人(少ない人)とヨーグルトをあまり食べない人(よく食べる人)は、遺伝的背景を共有しているということを表しています。同じ成分(大豆から作った豆腐と納豆、牛乳から作ったチーズとヨーグルト)から作られた食品の摂取頻度間に、強い正の遺伝的相関が観察されること。つまり、豆腐をよく食べる人と納豆をよく食べる人およびチーズをよく食べる人とヨーグルトをよく食べる人は、それぞれ遺伝的背景を共有していることなどが分かりました。

今まで、遺伝子の個人差は病気の原因と紐付けて解析されることがもっぱらでしたが、個人の食習慣に影響する遺伝子が判明しつつあることで、遺伝的背景が、従来の予想よりもはるかに多くの食習慣に寄与していることを示しています。

遺伝子変異は人種ごとに、あるいは国ごとに偏りがありますので、どのような国や地方でどのような食べ物が好まれるかは、かなりの部分を遺伝子が決定しているといえます。


この記事は科学のポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」です。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな科学の話題をわかりやすいまとめて配信しています。
毎週1テーマを紹介する無料版は Apple Podcast で聴くことができます。
毎週5テーマを紹介してPDF資料も付く有料版はオーディオブックジェーピーで配信中です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます

スポンサーサイト



2020-02-26 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
ホーム

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

QR