Chapter-609 ナノバブル

ナノバブルとは1ミリメートルの1000分の1、つまり1000ナノメートルよりも小さなナノメートルスケールの気泡のことです。  

ナノバブルの初期産業用途は泡洗浄などでしたが、酸素を使って泡を作ることによって水産物の養殖や植物の成長促進、水質浄化、医療などに幅広く役立つとの認識が広がっています。 たとえば、野菜や果物の栽培では、酸素が豊富に含まれたナノバブルを含む水を植物の根元に送る方法が確立されています。この水の中には直径100ナノメートル前後の泡が1ミリリットルに1億個以上入っています。これによって根の周りの微生物に酸素を供給して活動を活発化させ、養分の吸収促進や、根腐れ防止効果が現れます。温室内でのイチゴやトマトの栽培実験では収穫高が1~2割増したという報告もあります。  

養殖分野においては、酸素を多く含む水の中で魚を育てることで魚のストレスが減り、成長を促進する作用が確認されています。また、漁船のいけすの海水中に酸素のナノバブルを含ませることによって魚の鮮度保持に成功している例もあります。  

水質浄化の分野では横浜・八景島シーパラダイスにおいて、海底のヘドロを分解し、浄化する実験が実施されたことがあり、海底に設置したパイプからナノバブルをヘドロの中に供給し、有機物を分解する微生物を活性化。メタンガスなどの発生を防ぎ、海洋生物が生息しやすい環境になったということで、すでに廃水処理場での実用化もされています。


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。
関連記事
スポンサーサイト

tag : ナノバブル

2016-07-09 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR