Chapter-612 チョウの複眼はすごい

2016年7月30日 
Chapter-612  チョウの複眼はすごい

チョウはおいしい蜜のある花を見つけ出すために昆虫の中ではトップクラスの色を識別する能力を持っています。ですが、目の構造はその他の昆虫の複眼と大差ないように見えます。

Chapter-612 チョウの複眼はすごい

複眼はその名前の通り、小さな目(個眼)がたくさんあつまって、一つの大きな目を形成しています。人間は一枚の網膜に1億個くらいの視細胞が並んでいますが、チョウの場合、ひとつの個眼に並んでいる視細胞はわずか9個です。視細胞は感じ取る光の色によって何種類かに分けることができます。

人間は4種類ですが、アゲハでは6種類だと考えられています。つまり、6種類の視細胞から9個が選び出されて1個の個眼にセットされ、色に対する感度のことなる3タイプ個眼が出来上がることになります。これらがランダムに分布して配置され、大きな複眼を形成しています。

下の写真はアゲハの複眼を取り出し、内側から照明を当てて撮影した顕微鏡写真です。六角形の一つずつが個眼で、赤、ピンク、黄色に見える3タイプに分類でき、それらがランダムな配置になっていることがわかります。

Chapter-612 チョウの複眼はすごい

このようにチョウの複眼は非常に色を見分けることに特化した構造をしており、これはほかの種類の昆虫ではいまだ発見されていないチョウだけの優れた能力です。しかも遺伝子レベルでは人間も持っていない紫外線を見ることができる視細胞を形成する遺伝子も発見されていますので、チョウは美しい花を人間と同じように見分けられるだけではなく、より波長の短い青い光の世界・・・人間には見えない世界も見ている可能性があります。


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。
関連記事
スポンサーサイト
2016-08-29 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR