最近果物アレルギーの人が増えている

最近果物アレルギーの人が増えている

果物を食べると口の中のかゆみや、唇の腫れなどの症状が出る「果物アレルギー」が増えています。花粉症と関連がある新しいタイプのアレルギーと考えられています。子どもも大人も、それまで普通に食べていた果物で発症します。  

花粉症はスギなどがアレルギーの原因物質(アレルゲン)を花粉として放出し、それを体内に取り込んだ際に、体が過剰に反応する現象です。果物や野菜には、花粉症のアレルゲンと構造が似た物質を作り出しているものがあり、花粉症患者がそれを食べると症状が出る場合があります。  

つまり、私たちの体がスギも果物も区別が出ていないことが原因ですので、花粉症の原因植物の種類によって、アレルギー症状が出る果物が異なります。たとえば、シラカンバ花粉症はリンゴやモモで症状が発症し、スギ花粉症はトマトで症状が出ることが知られています。
関連記事
スポンサーサイト
2016-09-05 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR