Chapter-614 自由浮遊惑星誕生の瞬間

ケンタウルス座の方向に地球から340光年離れたところにある惑星HD 131399Abは大きさが木星の4倍ほどもある巨大惑星ですが、最近ちょっと注目を集めています。  

自由浮遊惑星誕生の瞬間

上の図はこの惑星の周辺の想像図ですが、画面の真ん中にあるのがこの惑星にとっての太陽。そして右上にあるのは第二、第三の太陽です。つまりこの惑星は3つの太陽を持つ惑星です。  

太陽が3つある惑星は他にも発見されていますが天文学者はこの惑星系に特に注目しています。その理由はHD 131399Abが誕生からまだ1600万年しかたっておらず、軌道が不安定である可能性が高いためです。そのような軌道不安定の惑星を観測することによって、惑星系誕生初期にどのようなことが起きるのかを知ることができますし、この惑星について言えば、近い将来無限の宇宙空間に惑星がはじき出されてしまう可能性があり、それもまた非常に興味深い天文現象です。

もともとこの惑星は恒星Aの近くで形成されたものの、恒星Aのまわりを公転している連星BとCに近いため、そちらに引っ張られて現在は恒星Aと連星BCの間の不安定領域を移動している真っ最中にあると考えられています。  このまま外側に向かって移動し続ければ、わずか数千年から1万年後には、銀河系の中をさまよう数十億個の自由浮遊惑星の1つとして終わる可能性もあります。


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。
関連記事
スポンサーサイト
2016-09-10 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR