デーモン・コア

デーモン・コアとは米国ロスアラモス研究所で放射性物質に関する研究に使用されたある一つの特定のプルトニウムでできた丸い塊につけられた名称です。1945年と1946年に防御壁のない実験室の中で核分裂が連鎖的に起きる臨界に達し、二人の科学者の命を奪ったその名の通り悪魔の塊です。

デーモン・コア

1945年8月21日
ロスアラモス研究所の物理学者のハリー・ダリアンはデーモン・コアを用いて中性子を反射する壁の働きに関する実験を行っていました。デーモン・コアの周囲に中性子を反射させる炭化タングステンのブロックを積み重ねる実験でしたが、ブロックによって反射された中性子がデーモン・コアに大量に衝突すると臨界に達します。それを防ぐため、様子を見ながら少しずつ反射体を置いていたところ、手が滑ってデーモン・コアの上にブロックを落としてしまいました。それがきっかけで強烈な中性子の反射を受けたデーモン・コアが一気に核分裂の連鎖反応を開始し、この研究者は致死量の中性子線を浴びて急性放射線障害で死亡しました。

1946年5月21日
ロスアラモス研究所の物理学者ルイス・スローティンは前年の臨界事故を起こした実験と同様の目的で今度はベリリウムを中性子反射体として使用して実験を行っていました。 前年の実験は中性子反射体のブロックを周辺に積み上げようとしていましたが、今回は中性子反射体として、中をくりぬいたボール状のベリリウムでデーモン・コアを覆おうとしました。ベリリウムの中空ボールは半分に割ってあり、これが完全にボール状になると中性子の反射が大量になって臨界に達してしまいます。そこで、反射体の隙間にドライバーを差し込み、隙間を作って中性子を逃がしながら臨界に達しないように実験をしていました。 ところが、再び科学者の手が滑ってベリリウムの反射体がデーモン・コアを覆ってしまい、大量の中性子が内部で反射されて臨界事故となりました。この時に科学者が浴びた放射線量はわずか1秒で致死量に達する強烈なもので、スローティンが放射線障害のために死亡し、共同研究者は重篤な放射線障害に至りました。

1946年7月1日
デーモン・コアは核爆弾の中にコアとして組み込まれ、ビキニ環礁において標的艦として使用された老朽戦艦ネバダに向けて投下されました。これは核爆弾の実験で、3発の核爆弾が用意され2発が実際に実験使用されました。米軍によるこの一連の核爆弾実験をクロスロード作戦と呼びます。 この時に標的とされたのは米軍の戦艦ネバダでしたが、同時に終戦によって日本から接収した戦艦長門と軽巡洋艦酒匂(さかわ)も原子爆弾の効果を確認するために実験海域に配置されました。大破状態で終戦を迎えた長門の最期の航海が横須賀からこの実験のためのビキニ環礁への自力航海でした(下写真は星条旗を掲げた標的艦長門)。

デーモン・コアの最期と長門、酒匂

デーモン・コアをコアにして作られた一発目の原子爆弾エイブルは長門から1.5km離れた上空でさく裂(下写真)し、ちょうど真下に配置されていた酒匂は大破炎上、翌日に沈没しました。この実験で二人の科学者の命を奪ったデーモン・コアは完全に消失しました。デーモン・コアは長門を沈めることはできませんでしたが、長門は2回目の水中核爆弾実験ベイカーの標的艦としてそのまま使用され、4日間持ちこたえた後に沈没しました。

デーモン・コア

関連記事
スポンサーサイト
2016-09-10 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR