東京湾のイワシの内臓 8割に微細プラごみ

東京農工大学の研究者らがごみとして海に浮遊する5ミリ以下の大きさの微細なプラスチック「マイクロプラスチック」を東京湾で捕れたカタクチイワシの8割近くの内臓から検出したとの調査結果を発表しました。

マイクロプラスチックはレジ袋などのプラスチックごみが紫外線や波で砕かれてできたものや、洗顔料などに入れられている「マイクロビーズ」です。東京湾だけではなく世界中の海で確認されています。  

人間が魚と共にそのプラスチックを食べたとしても、体内に吸収されませんので害はないはずなのですが、プラスチックは海の生態に悪影響を及ぼす懸念があります。
関連記事
スポンサーサイト
2016-11-26 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

QRコード

QR