ヴォイニッチの科学書(無料版)「脊椎動物最長齢はサメだった」

ヴォイニッチの科学書



北大西洋に生息する大型のサメであるニシオンデンザメの寿命は400年もあり、脊椎動物のなかで最も長生きらしいことがわかりました。多くの長寿の動物の例にもれず、このサメも遊泳の平均時速はわずか1キロメートルで非常にのんびり生きています。

今回の研究では眼の水晶体にあるクリスタリンというタンパク質の放射性炭素年代測定を行いました。クリスタリンは母親の胎内で合成され、誕生後はほとんど変化することはないため、外界から新たな炭素が供給されることなく、放射性崩壊によって炭素14の濃度は一定のペースで減少していきますので、現時点でどれくらい減少しているのかを測定することによって何年前に誕生したのかを計算することができます。

ちなみに、その他の長寿の生物としてはゾウガメ100年、ホッキョククジラ211年、アイスランドガイ(二枚貝の一種)の507年などがあります。
関連記事
スポンサーサイト
2016-11-26 : ポッドキャスト : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR