ヴォイニッチの科学書(無料版)「水素を持ち運ぶためのプラスチックを開発」

ヴォイニッチの科学書



水素は次世代のエネルギー源として期待されていますが、水素は高圧ボンベなどでの保管・運搬や爆発の危険など課題が多く、そのまま持ち運ぶのは危険なので、アンモニアなどの水素キャリアの研究も活発に行われています。早稲田大学の研究者らは水素を貯めている状態でも手で触ることができる、安全な水素運搬プラスチックを開発しました。  

今回の研究では、ケトンと呼ばれる共通構造を持つプラスチックをシート状に成形できる高分子をキャリアにして水素の保管と放出を繰り返し行うことに成功しました。水素を保持させたポリマーはともに、通常の環境で取り扱うことができますので、電池に代わる新たなエネルギー保管デバイスになるかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト
2016-11-27 : ポッドキャスト : コメント : 1 :
コメントの投稿
非公開コメント

水素運搬の方法確立 嬉しい
ガソリン自動車の寿命も後わずか。
早いところ水素運搬の方法を確立しなければならない。
自動車製造会社の運命をになっている。
2018-03-31 22:37 : たけ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

QRコード

QR