地球に3頭しかいないキタシロサイをiPS細胞で

2015年11月、地球上で最後の4頭となっていたキタシロサイのうち、メスの一頭が死亡し、残りはいずれも高齢のオス一頭とメス二頭のみとなりました。この三頭はいずれも自然に繁殖できる年齢を過ぎているため絶滅は必然で、すでに取り出してある精子と卵子の人工授精に望みを託すしか無い状態でした。

地球に3頭しかいないキタシロサイをiPS細胞で

キタシロサイを絶滅から救うため九州大学とドイツライプニッツ動物園の共同研究でキタシロサイから iPS細胞を作り出し、iPS細胞由来の卵子を作製して救済する研究が始まりました。精子は凍結保存の精子を使うか、卵子同様に iPS細胞から作り出すかの選択肢があります。

この研究は iPS細胞の新たな応用のきっかけになる研究ですし、場合によってはすでに絶滅した動物をよみがえらせることが出来るかもしれませんが、一方で大人の細胞だけから新たな個体を生み出すという倫理的な問題も含んでおり、どこで歯止めをかけるのか、もし絶滅した動物を現代に復活させることができたとしてそれは安全なのか、あるいは悪意を持って人間を作り出したらどうなるのか、今後解決すべき問題がたくさんあるのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
2017-01-13 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR