さよならきく8号 今まで萌えをありがとう

さよならきく8号 今まで萌えをありがとう


http://www.c-radio.net/link/voynich.html

10年にわたって最も美しい人工衛星の座に君臨し続けたJAXAがNTTなどと共同開発した技術試験衛星きく8号が2017年1月10日 午後3時25分(日本時間)に運用終了となりました。

きく8号は太陽電池パネルの全長が40メートル、通信用アンテナの全長が37メートルという超巨大衛星で鶴あるいはフェニックスが翼を広げたような優雅な姿で携帯型端末と人工衛星との直接通信の実験機として活躍しました。2011年に発生した東北地方太平洋沖地震の時にはすでにイオンエンジンが一機故障した状態にありましたが、それでも破壊された基地局の代替として被災地のインターネット回線を確保し、災害直後の緊急通信から復旧段階の一般回線確保まで現場を支え続けました。 きく8号は2006年12月18日に打ち上げられました。

試験衛星でしたので当初の運用期間は3年間の予定でしたが、その期間を大きく超えて10年間の運用を継続しました。すでに衛星バスの設計寿命もつきており、衛星の姿勢・軌道制御に使用する燃料が残り少なくなっていることから、適切に軌道離脱させるために必要な機能が正常に残っている今の段階で運用が終了となりました。すでに静止軌道からは離脱しており、電波も止められています。

関連記事
スポンサーサイト
2017-01-14 : ポッドキャスト : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR