FRPよりも強い繊維強化ゲル爆誕

新年早々にボーイング社の新型飛行機に大量の日本製素材が使用される、という新聞記事が日本経済新聞の一面を飾って盛り上がりました。日本の化学メーカーは環境や社会に優しい材料を作り出すことを得意としており、多種の素材を組み合わせて作り出す複合材料においては軽くて粘り強くて耐久性が高いなどの優れた特徴を持つ材料が多数登場しています。  

古くはFRPと呼ばれる強化プラスチック繊維が開発されましたし、近年はハイドロゲルと呼ばれる次世代材料が注目を集めています。ハイドロゲルは高分子をジャングルジムのような形に立体的につなぎ合わせ、その内部の空間に大量の水を含んだゼリーのような材料です。人間の身体はほとんど水だと言われるように、ハイドロゲルは人体との親和性が高いことから医療用途への応用が期待されています。  

ところが、ハイドロゲルは水を含むため、長期間の安定性に問題がありました。そこで北海道大学の研究者らはFRPに似た考え方のハイドロゲルの開発に取り組み、ゲルと繊維の複合材料「繊維強化ゲル」を開発することに成功しました。繊維強化ゲルは人間とほぼ同じ40パーセントが水でありながら、FRPを超える粘り強さを持ち、より医療用途に適した材料であると思われます。


関連記事
スポンサーサイト
2017-02-06 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR