ウミトロン、人工衛星使いエサやり

2016年4月にシンガポールで日本人が設立したウミトロン株式会社は人工衛星とあらゆるモノがネットにつながる「IoT」を生かした魚の養殖技術を開発する会社です。このたび、衛星写真からプランクトンの分布を調べ、養殖場に設置したセンサーで魚がエサを食べる動きや水温などを測定。データ解析で給餌の量とタイミングを最適化する技術を開発しました。  

現在の養殖場の餌やりは従業員の勘や経験に頼り、例えば海の色でエサの量を変えていますが、ウミトロンは独自開発の魚群センサーと解析プログラムを活用し、リアルタイムでの魚の挙動検出、給餌のタイミングと量のコントロールを可能にします。


関連記事
スポンサーサイト
2017-03-09 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR