細胞の老化を防ぐ酵素「SETD8」を発見

「SETD8」は細胞増殖や数多くの遺伝子の働きを調節する酵素です。熊本大学の研究によると老化した細胞においてはSETD8の量が著しく減少しており、また、若い細胞のSETD8の機能を低下させると細胞が速やかに老化することが分かりました。

SETD8が減少することで細胞老化が促進されることから、SETD8の減少を抑制する事によって細胞の老化を防いだり、老化のしくみを解明したりする研究への展開が期待されます。


関連記事
スポンサーサイト
2017-03-16 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR