化学に恋するアピシウス「サクラエビ」

ビジネスジャーナルで連載中の「化学に恋するアピシウス」が更新されました。
今回のテーマはサクラエビです→ビジネスジャーナルのサイトに移動して読んでくださいね。 
サクラエビの化学についてはあっちのサイトで読んでいただくとして今回も取材裏話を。

今回の更新はサクラエビをテーマにすることはすぐに決まったのですが、例によってサクラエビの料理の写真が必要です。さぁ、何が良いかなぁ・・・ということで考えたのですが、サクラエビってちっちゃいじゃないですか。食感食材として料理に混ぜてしまうと見た目的に他の食材に負けてしまうので困ったときの銀座ライオンの季節メニュー。ありますねぇ、春の食材を豊富に使った料理の数々。

いろいろ注文して食べてみて、美味しくて見た目も良かったのが春野菜とのサラダでしたので今回の写真はこんな感じで。小さなサクラエビをはっきりくっきり表現したかったので今回使ったレンズは SONY Eマウントの 30mmマクロ F3.5、ボディはいつもの NEX-6 です。彩り鮮やかでサクラエビがカワイく表現できたと思います。

化学に恋するアピシウス「サクラエビ」

サクラエビで原稿が書けなかったときのバックアップは桜鯛。梅と桜鯛のカルパッチョもとても美味しかったです。

化学に恋するアピシウス「サクラエビ」

ピザになると「サクラエビどこおるん?」って感じになっちゃいますね。

化学に恋するアピシウス「サクラエビ」

ビジネスジャーナル連載「化学に恋するアピシウス」アピシウスは世界最古の料理レシピ本の名前です。撮影場所は銀座ライオン秋葉原ラジオ会館店



関連記事
スポンサーサイト
2017-03-31 : お知らせ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QR