アザラシの時間感覚がスゴイ

これを読んでくださっている皆さんにコンピューターの静止画を5分間と10分間みてもらい
「最初の方に見たときと、あとから見たとき、10分間見たのはどっちでしょうか?」
と質問するとおそらくほとんどの人が2回のうちどちらが長かったかを判断できると思います。

では5分と3分だったらどうでしょうか? これも多くの方は区別できると思います。ところが、静止画を10秒と11秒見せられて

「どっちが11秒でしょうか?」
と問われると、これはかなりの難問なのではないでしょうか。

ドイツ、ロストック大学海洋科学センターの長年にわたるアザラシの研究の結果、アザラシも時間認識が可能らしいことを見いだしました。しかも、実験では3秒と3.42秒を容易に識別したというのですから驚きです。アザラシがこの技能を進化させたのは、魚を追っている際に素早い判断を下すためかもしれないと科学者らは想像しています。

アザラシの時間感覚がスゴイ


関連記事
スポンサーサイト
2017-04-22 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QR