代謝経路の炭素をケイ素に置き換えられる生物の発見

ケイ素(14:Si)は地面の成分ですので地球に非常にたくさんあります。

周期表を見ると炭素(6:C)の真下にケイ素があります。周期表で縦に並んでいる原子は性質が似ているので生物の身体の炭素はケイ素に置き換えられていても良いはずですが、地球の生物はみな、わざわざ量の少ない炭素を使用しています。なぜ地球上の生物が生命現象にケイ素を組み込んでいないのかはわかっていません。

代謝経路の炭素をケイ素に置き換えられる生物の発見


ところが、カリフォルニア工科大学の研究者らがケイ素を身体の構成分子の中に取り込むことができる細菌をアイスランドの温泉で発見しました。どうやら地球上の生物がケイ素を使うことは不可能ではないようで、であれば太陽系外惑星系にはケイ素を基本とした生命体が一般的である天体もあるかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト
2017-04-22 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR