お前、バネだったのか!?

全身の細胞は体重を支えたり、拍動したり、伸縮したりして大きな力がかかっています。細胞が圧縮されたり変形されたりするとその影響は細胞内の核にも及んで核が変形するためDNAの機能を阻害すると考えられています。

DNAが正常に機能できないと細胞が死んでしまったり、がん細胞になったりしてしまいます。ですが実際にはそう簡単に細胞変形によるダメージは受けないように思えます。これまで細胞には核ラミナという構造があって細胞の形が維持され、結果として正常な生命現象が維持されると考えられてきました。

お前、バネだったのか!?


国立遺伝学研究所の研究者らは核ラミナだけではなくDNAが核の中でバネの役目をして外部からの力に耐えていることを明らかにしました。核の形が異常になると筋ジストロフィー症が引き起こされることが知られており、DNAのバネの力と疾患が関係している可能性もあります。また、DNAは遺伝情報を記録するだけではなく、細胞核の形を正常に保つ役目も併せ持っていると言うことです。

上の図は拙著「カラー図解でわかる細胞のしくみ」SBクリエイティブより

関連記事
スポンサーサイト
2017-04-29 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 1 :
コメントの投稿
非公開コメント

そうだったんです。
私たちの仕事をウェブで取り上げて頂き、どうもありがとうございました。
「お前、バネだったのか!? 」というタイトルがすばらしいです。深く感謝致します。
2017-05-12 09:49 : 前島一博 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR