土星探査機「カッシーニ」グランドフィナーレ 1回目、2回目

1997年に打ち上げられた NASA・ESAの土星探査機「カッシーニ」が探査機としての寿命も近いため、最後の大胆なミッションに取り組んでいます。
このミッションは「グランドフィナーレ」と名付けられ、土星本体と輪の間を22回周回することによって詳細な土星本体とその周辺環境、および輪の構造について観測を行おうとするものです。最後の周回を終えた後、探査機は土星大気に突入して消滅します。予定日は2017年9月15日です。

土星探査機「カッシーニ」グランドフィナーレ 1回目、2回目

1回目のミッションが2017年4月26日、2回目が5月3日に行われました。
このような空間を通ることによる微粒子の衝突については、理論的計算から土星本体と輪の間にはほとんど微粒子は存在しないと考えられていましたが、初回通過の観測により、この空間は非常にきれいな、計算値よりもさらに何も無い空間で、1マイクロメートル(1ミリの1000分の1)以上のチリは観測されませんでした。
地球の周辺が人工衛星やロケットの破片でゴミ屋敷状態になってしまったのとは対照的です。この観測結果を見ると私達は地球を取り巻く環境に対して取り返しのつかない環境破壊をしてしまったのだな、と感じます。


土星探査機「カッシーニ」グランドフィナーレ 1回目

土星に対する相対速度が時速12万キロを超える猛スピードで土星の本体と輪のわずか2000キロメートルのすき間を飛行するミッションは初回、2回目共に成功し、これまでで最も詳細な土星の大気の様子の撮影に成功しました。今後、科学者によってそれらのデータが解析され、土星の新たな事実が多数発見されるものと思われます。






関連記事
スポンサーサイト
2017-05-05 : 科学の小ネタ : コメント : 1 :
コメントの投稿
非公開コメント

ロザリンド?
ロザリンド フランクリンのカレンダーというのは、不遇な彼女を讃えたいというお気持ちですか?ワトソン、クリック、フランクリンの関係はとてもスリリングで、要するにフランクリンがワトソンを馬鹿にしていたことが、事態をこんがらかせたもののようです。DNAを二重らせんの構造として世に登場させた、ワトソン(クリックはさほどその偉業を理解していなかった?)は偉大です。フランクリンはクリックの協力も嫌っていたので、構造には到達できなかったでしょう。私はそのころ中学生でしたが、生物の先生が「遺伝子」というものがあるらしい、とボソッとつぶやくように話してくれたことを記憶しています。
電話の発明もベルではない、などという本が売れましたが、発明というものを理解しない愚かなイチャモンです。青色LEDについてもガラの悪い中村修二さんが発明者で、ほかの二人はノーベル賞には値しません。論文の勝ち負けと前後関係を追えば分かります。良く調べていたのは東洋経済です。
発明・発見の過程はロマンではありません。
2017-09-26 17:01 : j'ingoro URL : 編集
« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QR