フンから個体を再生

絶滅の危機にある動物を増やすために iPS細胞を使用する試みはシロサイなどいくつかの動物で行われていますが、一方でiPS細胞に期待するだけではなく、体の細胞からDNAの入った核を抜き取り、あらかじめ核を取り除いた卵子に入れ、代理母の子宮に移すクローン技術も期待できます。

クローンは羊、マウス、ウサギ、猫などで成功しています。体細胞を採取するには絶滅寸前の動物を傷つけなければなりませんが、尿に含まれる尿管などの細胞からクローンマウスを誕生させることにも日本の研究チームは成功しており、体の細胞だけでなく、毛やフンからも子孫を作れる可能性があります。


関連記事
スポンサーサイト
2017-05-21 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR