超臨界水地熱発電

東京大学、九州大学、東北大学が共同で超臨界水地熱発電技術の開発に取り組みます。超臨界水地熱発電とは火山の地下約4キロメートル以上の深さにある超高温高圧の水「超臨界水」の熱を利用する次世代の地熱発電技術です。採算性などを検討した上で2050年ごろの実用化を目指します。  

水は高い圧力を加えると100度でも沸騰しなくなります。超臨界水は地下深くの高い圧力の中でマグマによって加熱され、水温は400度から500度にも達しています。現在一般的な地熱発電は深さ約2キロメートルから3キロメートルにある200度程度の熱水をくみ上げて発電しますので、それよりも高温の超臨界水を使用することによって計算上は5倍の発電量が期待できます。  

まず、東北大学や九州大学が共同で地下の超臨界水を電磁波や地震波を使って探査する技術などを開発し、あわせて強い酸性の超臨界水に耐える新素材を東京大学が開発する計画です。  

日本は火山が多く、地熱発電には適した国ですが、地熱発電に適した地域と観光地が重なっていることが多いため、大規模開発は進んでおらず、日本全体の地熱発電量を合計しても大型の原子力発電所や火力発電所の半分にも満たない現状です。



関連記事
スポンサーサイト
2017-06-13 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR