相当明るい超新星 SN 2017eaw

米国の個人天文家がケフェウス座にあるNGC6946銀河に超新星を発見しました。超新星は星が一生の最後の段階で大爆発を起こして明るく輝いたものです。
下の写真はその周辺広域の写真で、赤い2本の棒線を延長した交点にあるのが超新星です。SN 2017eaw と名付けられました。

これでも割と近い超新星 SN 2017eaw
Image Credit & Copyright: Paolo Demaria

下の写真は超新星付近を拡大したものです。周りの明るい点は天の川銀河の中の星(あるいは遙か彼方の銀河も含むかも)ですが、SN 2017eaw は天の川銀河の星と同じくらい明るく輝いています。ですが、1800万光年離れた別の銀河で輝いている星です。

これでも割と近い超新星 SN 2017eaw

これくらい明るい超新星が発見されたのは2014年1月以来とのことです。
遠く離れた天の川銀河から観測する分には、とても明るく観測しやすくて良いのですが、地球の近くでこんな星が突然現れると一体どうなってしまうのでしょうね。この超新星爆発で滅びた文明もひょっとするとあるのかもしれません。

天の川銀河ではベテルギウスが超新星爆発を起こしそうで、もし爆発すれば地球では昼間でも明るく輝くのが見えると予想されています。他の銀河の生命体からもきっとこのように観測され、

「天の川銀河で超新星発見!

  この銀河で超新星が発見されたのは400年以上ぶりの珍しい出来事!!」


と記事になるのかもしれないですね。ちなみに、天の川銀河で超新星爆発が最後に起きたのは1604年のことで、一方で NGC6946 ではこの100年間に10個も超新星が発見されています。


関連記事
スポンサーサイト
2017-06-17 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR