NTT系研究所、人と議論できるAI開発

NTTコミュニケーション科学基礎研究所は人間に対し、賛成や反対などの意見を表明して議論できるAIシステムを開発しました。ロボットからの意見の表明はロボットと会話で信頼関係を築くために必要なプロセスだと考えられ、ロボットを人間の相談相手として活用できる可能性が出てきます。  

これまで、ロボットの性能を高めることによってより人間との親和性、人間が求めるロボットのあるべき姿を追い求める研究が中心でしたが、もともと不完全である人間のような曖昧で適当なロボットを作ることによって、人間とロボットのよりよい共存を目指そうとするものです。

関連記事
スポンサーサイト
2017-07-05 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR