FC2ブログ

NASA、太陽探査機を開発

意外なことにこれまで地球から最も近い恒星である太陽へ探査機を直接送り出したことはありませんでした。太陽は強力な熱やエネルギーを放出しているために探査機がそれらに耐えられないからです。太陽自体の表面温度は5500度ですがコロナと呼ばれる一番外側の大気層の温度はさらに加熱されて約200万度にもなっています。ところが、この太陽にNASAが探査機を送り込む計画を進めています。  

このNASAの太陽探査ミッションは「パーカー・ソーラー・プローブ」プロジェクトと名付けられました。たとえば、太陽の最大の謎の一つである太陽の表面よりも外層大気の方が温度が高いという温度逆転現象などの解明に挑みます。


関連記事
スポンサーサイト



2017-07-05 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

QR