涙もろくなったのは感受性が豊かになったのではない

歳を取ると涙もろくなるのは、感受性が豊かになったのではなく、中枢神経系の機能が低下していることが原因のようです。  

若い頃は大脳の中の背外側前頭前野が行動や感情を制御しています。ところが、歳を取ると背外側前頭前野の機能が低下してしまいます。駅で暴れる高齢者においても同様の中枢機能低下が起きている可能性が指摘されています。つまり、涙もろくなるのもキレやすくなるのもメカニズムは共通と言うことです。


関連記事
スポンサーサイト
2017-07-06 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR