ヴォイニッチの科学書 Chapter-660 人間の影響を受けた細菌が自然界に拡散している

食中毒の原因になるサルモネラ菌、肺炎の原因になるブドウ球菌などは人間にとっては困った存在ですが、ある意味私達にとって身近な存在です。

サルモネラ菌
人間の影響を受けた細菌が自然界に拡散している

ブドウ球菌
人間の影響を受けた細菌が自然界に拡散している

米国西海岸でシャチが劇的に減少している原因を調査していた米海洋大気局(NOAA)が、シャチが呼吸で噴き出す水の中にこれらの細菌が存在していることを発見しました。本来はこれらの菌はシャチにはいないはずの菌です。しかも、このような一般的な菌ばかりではなく、抗生物質耐性病原菌も見つかりました。耐性菌は人間が使用す抗生物質によって生み出されますので、シャチの生態系に人間が影響を与えていることは明らかです。  

都市の生活排水などが河川から海へ流れ込むと海面を覆う膜のように広がっていきます。これを「海面ミクロ層(SML)」と呼びますが、SMLは人間環境で生息している菌が本来は苦手なはずの海水の中で生きていける環境を細菌に提供し、シャチが呼吸することによって、シャチに取り込まれます。  

今回の観察で発見された細菌はシャチを病気にするほどの量ではなかったものの、人間に対しては高い病原性を示す菌も含まれていました。シャチが激減している原因はこのような細菌の影響でシャチが病気にかかりやすくなった可能性もあり、そうであれば人間の活動が大きく関わっていていることになります。


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。


関連記事
スポンサーサイト
2017-07-07 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR