ペットはなぜ人になつくのか

野生動物は人を見ると逃げるのが普通ですが、イヌのように自ら人に近づいてくる動物もいます。このような人間に対する振る舞いの違いはどのような遺伝的しくみで生じているのでしょうか。

野生のマウスも人にはなつきませんが、国立遺伝学研究所は世界8 か国から収集した野生マウスの中から少しでも人に近づく性質のあるもの同士を繰り返し交配させ、本来はいるはずのない人に好んで近づくマウスを作り出しました。

それらのマウスのゲノム解析をおこなったところ、脳の中の神経伝達物質セロトニンの量を調整している部分の遺伝情報が大きく変化していることがわかりました。この変化はイヌにおいても同様でした。セロトニンは感情をコントロールし、精神を安定させる働きがあります。


関連記事
スポンサーサイト
2017-07-22 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR